• TOP
  • WATCHES
  • ついにウォッチランドが完成予定! W.P.H.H.はさらに個性も魅力もアップの予感

2018.06.20

● ジュネーブ速報2018 W.P.H.H.編

ついにウォッチランドが完成予定! W.P.H.H.はさらに個性も魅力もアップの予感

フランク ミュラーのグループは1998年以来、毎年、本拠地のウォッチランドで独自の時計フェアであるW.P.H.H.を開催。そのウォッチランドが今年の夏頃についに完成予定。W.P.H.H.はさらに個性も魅力もアップしそうです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/小林 孝至(イタルスタジオ) 取材・文/福田 豊

2018年5月号より
S.I.H.H.の期間中にはジュネーブの街のアチラコチラで、S.I.H.H.に属していないブランドが独自のフェアを開催するのが恒例。そのなかでも、もっとも華やかで、広く知られているのが、フランク ミュラーのグループによるW.P.H.H.です。W.P.H.H.は1998年に、ジュネーブの市街地にほど近い閑静な村、ジャントゥにあるフランク ミュラーの本拠地「ウォッチランド」で開催されたのが、その始まりです。
フランク・ミュラー氏の時計づくりの桃源郷である「ウォッチランド」。ウォッチランドの全景は、このように古きよきスイスの村の風景を思わせる美しく牧歌的な雰囲気。しかし各所に研究施設や工房を設置したり、地下には駐車場を設けたり、実は最新鋭でもあるのです。
そして20年間ほど建設を続けてきたウォッチランドが今年の夏頃に、ついに完成予定。天才時計師と称されるグループの総帥・フランク・ミュラー氏が思い描く「敷地を一周すれば時計がどうやって作られているのかがわかるテーマパーク」が実現するほか、スイスの各地に点在していた工房が集約されるなど、クリエイティビティも生産性もさらに向上することがほぼ確実。フランク ミュラーグループの各ブランドの魅力と人気が、ますますパワーアップする予感大です。

さてそんなW.P.H.H.では、フランク ミュラーがグランドコンプリケーションの新作を発表するなど、例年どおりに「複雑機構の名手」の実力を遺憾なく発揮しました。また近年、フランク ミュラーと並ぶW.P.H.H.の盟主となりつつあるクストスが、ムーブメントに磁石を使った革新的な新作を発表し、相変わらず、見応えたっぷり。来場者を魅了したのです。
PAGE 2

◆ フランク ミュラー 

アイコン時計の初のスケルトン

「ヴァンガード マスターバンカー スケルトン」自動巻き、18KPGケース(53.7×44㎜)、クロコダイル×ラバーストラップ、価格未定、発売時期未定/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
3カ所の異なる時間帯を表示可能な「マスターバンカー」は1996年に誕生したフランク ミュラーのアイコンウォッチのひとつ。それを初めて「ヴァンガード」に搭載したのがこちらのモデル。「マスターバンカー」のスケルトンも初で、特許取得の精緻な複雑機構を目でも楽しめるのが魅力です。
「ヴァンガード トゥールビヨン ミニッツ リピーター スケルトン」手巻き、18KPGケース(55.9×46㎜)、クロコダイルストラップ、発売時期未定、価格未定/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
「ヴァンガード」初のグランドコンプリケーションで、トゥールビヨンとミニッツリピーター搭載モデル。さらにスケルトンにしているのが特徴で、精巧な超複雑機構の隅々までをじっくりと眺め楽しむことができます。

ダイバーテイストの新作も登場しました

「スカファンダー」自動巻き、SSケース、ラバーストラップ、発売時期未定、170万円(予価)/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
潜水服をモチーフにした、まったく新しいダイバーズテイストのコレクション。ケースの左側にふたつのプッシュボタンがあり、上を押すと5分、下を押すと1分、インナーベゼルが進む機構で、誤操作を防ぐロック機構も装備。ほかにレッド、ブラックの3モデルの展開予定です。
PAGE 3

◆ クストス 

ムーブメントに磁石を使用した革新的新機構搭載の新モデル

自動巻き、SS×Tiケース(53.7×41㎜)、ラバーストラップ。今夏発売予定。チャレンジ ジェットライナー プティ セコンド118万円(予価)/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
クストス初のスモールセコンドモデル。スモールセコンドを押さえるためのバネの代わりに、本来は機械式時計の大敵である磁石の磁気を用いたのが大きな特徴。同機構により高精度な運針ができるという、革新的モデルです。

精緻な彫刻やエナメルをあしらったアートのような新作も多数

「チャレンジ インクベイダース パイレーツ」135万円(予価)、年内発売予定/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
「チャレンジ コイ トゥールビヨン」2300万円、発売中/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
海賊をイメージしたモデル(写真上)や、日本をイメージした錦鯉がモチーフの超絶モデル(写真下)など、機能はもちろんのこと、デザインの面でも楽しませてくれる新作も多数登場しました。

■ お問い合わせ

フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

2018年S.I.H.H.は、周年記念モデルで華やかに開幕!
今年のS.I.H.H.は、ブランド創業何周年や、モデル誕生何周年などを記念するいわゆる周年記念モデルの当たり年。そんな特別なモデルで、時計の歴史を愛でるのも時計の楽しみ方のひとつです。

自由な色彩で腕元を遊ぶ
ケースやダイヤル、ストラップなどに多彩な色使いを施すのはここ数年の時計界で一大トレンドですが、今年のS.I.H.H.ではそれがさらに加速。ブルーやグリーンがトレンドカラーです。

日常では無駄?なほどのオーバースペック時計が面白い
時計は進化は日進月歩ですから、超複雑機構や驚異的性能のオーバースペックのモデルが次々と生まれています。無駄ともいえるような機能に対価を払えることこそラグジュアリーなのですね。

薄型・小振りの充実でふたりでも、どんなシーンでも楽しめます
ここ数年の潮流である超薄型や小型ケースのモデルが今年も一層の大充実を見せました。小振りモデルのほとんどがユニセックスとしてリリースされており、シェアウォッチに最適です。

本誌8月号(6/24発売)では、時計特集をお送りします。そちらもお楽しみに!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL