• TOP
  • WATCHES
  • 名門マニュファクチュールのゼニスが展開する新戦略

2018.04.11

【バーゼル速報10】

名門マニュファクチュールのゼニスが展開する新戦略

世界最大規模の時計見本市が、スイスのバーゼルで行われる「バーゼルワールド」。著名な時計ブランドが多数出店するなかで、静かで熱い地殻変動がおこっている模様。そんななかから、Adelaideclassifieds.JPが注目する時計ブランドの最新作と、目が離せないブランドの動向をご紹介します。新作、新機構などの開発が目白押しの、ゼニスです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/小林孝至 取材・文/福田 豊

新作、新機構を続々と発表するゼニスのブース。
新作、新機構を続々と発表するゼニスのブース。
「デファイ クラシック」自動巻き、チタンケース(41mm)、アリゲーターストラップ、10気圧防水。78万円/ゼニス
「デファイ クラシック」自動巻き、チタンケース(41mm)、アリゲーターストラップ、10気圧防水。70万円/ゼニス

◆ ゼニス 

新製品の開発が目覚ましいゼニス

昨年のバーゼルワールドでは、1/100秒計測可能の「デファイ エル・プリメロ21」を発表し、9月には“1675年に発明されたテンプ用のヒゲゼンマイ以来の大発明”という新型オシレーター搭載の「デファイ ラボ」を世界各地でお披露目。そして先の1月に開催された今年のプレ・バーゼルでは“今回、発表した新作はすべて今春入荷とする”と宣言するなど、このところ以前にも増して元気のあるゼニス。

そして迎えた3月のバーゼルワールドでは、予定されていた「デファイ ラボ」の新作が残念ながら間に合わず、関係者はなんだか申し訳なさそうにしていました。ですが、そんなことはまったくなく、そういうことも起きるほうが、好ましい気がするのです。

というのも、以前、某高級時計店の社長がこんなことを言っていたことを時々思い出すからです。「時計の開発には時間がかかるのだから、毎年、驚くような新作が発表されるというのは、とても不自然。毎年見せられると丁寧に作っていないように思えてしまう」と。

そのとおりだと思うのです。2000年代の中頃、誰も彼もがトゥールビヨンなどの超複雑機構の開発で競い合っていたころは、急ごしらえの荒っぽい仕上げのプロトタイプの新作が少なくなかったですから。なので、たまに予定通りにいかなくても、それはむしろ安心します。一生懸命作っているんだな、と思えるのです。
「パイロットタイプ 20クロノグラフ コヒーバマデュロ 5 エディション」自動巻き、ブロンズケース(45㎜)、ブラウン オイリーナバックストラップ、10気圧防水。150本限定。/ゼニス
「パイロットタイプ 20 クロノグラフ コヒーバ マデュロ 5 エディション」自動巻き、ブロンズケース(45㎜)、ブラウン オイリーヌバックストラップ、10気圧防水。世界限定150本。91万円/ゼニス

NEXT PAGE2/ 2

 進化した新機構、新モデルを続々展開

進化した新機構、新モデルを続々展開

さて、話を戻すと。それでも名門マニュファクチュールであるゼニスの実力は、やはり素晴らしかったです。

「デファイ エル・プリメロ21」、「デファイ ラボ」に続く「デファイ」シリーズの第3作としてシンプルな中3針コレクション「デファイ クラシック」を発表。搭載されるのは「エル・プリメロ」と並ぶ名ムーブメント「エリート」で、脱進機にシリコンを使用し、初のオープンワーク化がなされるなど、随所に進化を見ることができるモデルです。

大作「クリストファー コロンブス」で開発された、調速脱進機構を常に水平に保つ「グラビティコントロール」を小型化した「デファイ ゼロ」も見応えたっぷり。

また、パイロットウォッチはゼニスが時計界で唯一、ダイヤルに「PILOT」と表記することのできる、ゼニスにとって特別なカテゴリー。その新作も、ステンレススティールケースのエイジド仕上げや、ブロンズケースなど、魅力的なモデルが多数揃いました。

そして来年は、歴史的名作クロノグラフムーブメント「エル・プリメロ」の誕生50周年。となれば、それを祝したスペシャルモデルが登場することは必至。かなり気が早いですが、いまから楽しみでしかたがありません。

バーゼルワールドとは?

「BASELWORLD」=「バーゼルワールド」は、毎春先にスイスのバーゼルで開催される、世界最大級の時計宝飾見本市。そもそもはスイスの主要産業である工業製品を国内外に披露する「スイス工業展」が起源で、昨年100周年を迎えました。

そんな長い歴史と伝統から、市民にとっては“年に一度の祭事”のようになっており、チケットを買えば誰でも入場できる、まさにお祭りのような明るくオープンな雰囲気が特徴。週末には、友だち同士や、カップル、ベビーカーを押した家族、老夫婦、犬連れの方など、さまざまな来場者が皆うれしそうに時計を眺めている姿を見ることができます。

■ お問い合わせ

ゼニス 03-5524-6420

こちらの記事が気になったからはコチラもどうぞ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事