• TOP
  • WATCHES
  • 翼のマークが消えた! “新生”ブライトリングの真の狙いとは!?

2018.03.10

翼のマークが消えた! “新生”ブライトリングの真の狙いとは!?

あのブライトリングから翼のマークが消えた! 2017年夏にCEOに就任したジョージ・カーン氏率いる新生ブライトリングとして初となる、上海での大型プレゼンテーションを取材した。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/前田陽一郎(Adelaideclassifieds.JP)

ブライトリング ナビタイマー 8 クロノグラフ ナビタイマー 8 オートマチック
今回発表されたブライトリングの新作「ナビタイマー 8 クロノグラフ」(手前)と「ナビタイマー 8 オートマチック」。新作の大きな異変にお気づきか?
昨年の時計業界の最大のニュースのひとつといえば、夏に発表されたジョージ・カーン氏のブライトリングCEO就任だろう。

一般のユーザーにとってはあまり関心のないことかもしれないが、ジョージ・カーン氏が歴任してきた時計ブランドの躍進ぶりを知る時計好きからすると、氏が率いるブライトリングがどうなるのか、というのは相当の関心事だった。
ブライトリング ジョージ・カーン
“新生”ブライトリングのCEO、ジョージ・カーン氏のプレゼンテーション

NEXT PAGE2/ 6

時計ブランドとして異色のプレゼンテーション

時計ブランドとして異色のプレゼンテーション

新作時計のプレゼンテーションというのは、腕時計(ムーヴメント)好きにとっては心踊るものであっても、ファッションという視点で腕時計を愛好する向きからするとなかなか辛いものがある。

いかんせん、プレゼンテーションに割かれる時間の大半はムーヴメント解説に偏っていて、新しい機構や精度、ときには既存モデルの微差(技術的には革新でも一般ユーザーからは難解なアップデイトという意味で)の解説に終始するのが一般的だからだ。

ところが“新生”ブライトリングとしてはじめてとなる1月末に開催された「上海ロードショー」と名付けられたアジア向け新作発表の場ではほぼその時間をコンセプチュアルなプレゼンテーションに終始した。

もちろん、2017年夏にCEOに就任したばかりのジョージ・カーンにとって、この短期間でまったく新しいチームで新しいムーヴメントや機構を作り上げることはほぼ不可能だったはずだから、こうした発表に終始せざるを得ないところはあっただろう。それでもその徹底ぶりから見るに、彼が本気でブライトリングを変えようとしていることは確かだ。

「クラシック」「ヘリテイジ」「ライフスタイル」

「上海ロードショー」で印象に残ったキーワードは「クラシック」「ヘリテイジ」「ライフスタイル」の3つ。いや正確にいえば、これ以外の言葉は記憶に残っていない。
とりわけ世界的に有名なブライトリングのヴィンテージモデル収集家、フレッド・マンデルバウム氏をプレゼンテーションメンバーに招聘し、そのコレクションの披露と、ジョージ・カーン氏とのトークセッションまで開かれたことは、象徴的だった。
ブライトリング ナビタイマー 8
トークセッションでブライトリングの魅力について語るフレッド・マンデルバウム氏(左端)
また、新作モデルの発表を前にして、今後のブライトリング製品のデザインの方向性にも言及。これらもまた、過去のアーカイブからどのように引用されたかの解説に時間を割いた。
今後のブライトリングのデザインソースとして紹介された1941年のカタログ。当時の飛行機に搭載されたオンボードクロック。
こちらは1931年の広告。飛行機、もしくはクルマに搭載するためのクロノグラフのもの。
さらに、驚かされたのはブライトリングのブランドアイデンティでもある「空」を重要な舞台と設定しながらも、「しかし、ブライトリングの歴史はそれだけではない」ことを声高にアピールしていたところだ。

NEXT PAGE3/ 6

モテるオトコは決まってブライトリングだった

モテるオトコは決まってブライトリングだった

もちろん現在も「スーパーオーシャン」などマリンスポーツへの取り組みがないわけではないながらも、おおよそ現在のブライトリングの骨格をなすのは空のイメージ。
ブライトリング スーパーオーシャン
1958年製の「スーパーオーシャン」は今見てもスタイリッシュ
ところが80年代までのブライトリングのイメージは特定のフィールドに限定されない「クールな男性そのもののイメージだった」とジョージ・カーン氏自らが語ったように、会場では愛用者としても知られるマイルス・デイビスやセルジュ・ゲンズブールを引き合いに出し、さらに「ジェームス・ボンドも愛用者でした」と付け加えた。

これは空、飛行機、パイロット、という既存のイメージが少々ハードに寄り過ぎているという事実を認めたうえで、あらためてファッション性や時代性を加味したソフトへのイメージ戦略も重要視することへの宣言だと思われる。

「80年代後半、僕が大学生になった頃、お洒落でモテるヤツはみんなブライトリングをしていたのをよく覚えている」と話してくれたのは、新しくチーフマーケティングオフィサー(CMO)に就任したティム・セイラー氏だ。
チーフマーケティングオフィサー(CMO)に就任したティム・セイラー氏。1972年生まれの彼のリアルな体験がどう生きるか。

NEXT PAGE4/ 6

時代のキーワードは、ネオクラシック

時代のキーワードは、ネオクラシック

またブランドプレゼンテーションの際に使用されたイメージボードに、彼らがイメージする現代の“クール”が集約されていたのも見逃せない。

およそ30枚ほどの写真で構成されたイメージには過去の大戦中のパイロット、戦闘機、ダイバーなどの写真に混ざり、現代のカフェレーサースタイルにカスタムされたBMWやトライアンフ、クラシックなルックスにハイパワーエンジンを搭載したシンガー社が手がけるポルシェ、そして海のロールスロイスとも言われるリーヴァ社のボートが採用されていた。日本ではあまり知られていないが、それらはいま、ヨーロッパのアクティブな新富裕層を象徴するギヤとブランドばかりだ。

ここからはCMOのティム・セイラー氏とのやりとりを。

——イメージボードの一枚一枚をどこまで意識して作成しましたか。

「もちろん詳細に調べた上でのイメージボードです。ビジネス上の関係うんぬんではなく、あくまでユーザーのライフスタイルや価値観を想起させるものとしてですが」

——モダン建築にカフェレーサー、リーヴァにシンガー。すべてわかったうえでのチョイスですよね。

「そうです、わかりましたか!我々が考えるライフスタイルはただ豪奢なだけではない、趣味に彩られた豊かなもの、現代の“クール”です」

——まさにクラシックとライフスタイルの融合という?

「いわばネオクラシック、ですね。ただの懐古趣味ではない、現代のスペックと過去の素晴らしいデザインとの再解釈です」

NEXT PAGE5/ 6

「ナビタイマー8」に見る新生ブライトリング

「ナビタイマー8」に見る新生ブライトリング

今回発表されたのは「ナビタイマー 8」と名付けられた新しいシリーズ。

気になる“8”という数字は、ウィリー・ブライトリングが1938年に設立したユイット・アビエーション(ユイットはフランス語で8を意味する)部門に由来している。これは軍事航空で使用するオンボードクロックなどに求められるパワーリザーブが8日間であったことから、その実現を目指した開発部署名として掲げられ、第二次大戦前には英国王立空軍から大量発注を得た歴史的名前でもあるそうだ。
1941年のユイット・アビエーションとそのオンボードクロックの広告
同じくユイット・アビエーションによるオンボードクロックの現物)
その「ナビタイマー 8」シリーズだが、今回発表されたのはぜんぶで5モデル。

実際に手にとることができたのは、完全自社開発製造ムーヴメントであり、COSC公認の精度と70時間のパワーリザーブを誇るキャリバー01を搭載し、横方向に積算計が並ぶ「ナビタイマー 8 B01」、COSC公認クロノメーターのブライトリングキャリバー13をムーヴメントにもち、縦方向の積算計が特徴的な「ナビタイマー 8 クロノグラフ」、ほか「ナビタイマー 8 デイ&デイト」「ナビタイマー 8 オートマチック」。

NEXT PAGE6/ 6

 

「ナビタイマー 8 ユニタイム」と名付けられた2タイムゾーンのモデルは追ってバーゼルフェアでお披露目となるそう。

あ!翼のマークがない!

と、ここでお気付きの方もいらっしゃるだろう。

じつは今回発表された「ナビタイマー 8」シリーズのロゴまわりには、あの象徴的なウィングマークがついてない。ここも新生ブライトリングの「空だけではない」決意表明のひとつのようだ。

今回発表された「ナビタイマー 8」はその決意表明の第一弾らしい。

やはり1月下旬に発表されたイギリスを代表するオートバイブランド、ノートンとの提携は「空だけではない」ことの具現化としてその結実を待ちたい。詳細は未着ながら、プレゼンテーション後半でCEO自らが予告した、ブライトリングのヘリテイジを“リ・エディション”するという新作も秋には発表される模様で、これは「ナビタイマー 8」以上に、同社のクラシックを再定義するモデルとなりそうだ。
ノートン・コマンドに跨るジョージ・カーンCEOのこれからの“仕掛け”に期待したい。
ネオクラシックを掲げて新しい方向性を打ち出したブライトリング。陸海空はもちろんのこと、ファッションアイコンとしての存在感にも期待したい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事