• TOP
  • WATCHES
  • 【SIHH速報DAY5】ロジェ・デュブイ、ピアジェ、ユリス・ナルダンの新作はコレ!

2018.01.24

【SIHH速報DAY5】ロジェ・デュブイ、ピアジェ、ユリス・ナルダンの新作はコレ!

今年もスイス・ジュネーブでの高級時計の祭典「SIHH」(Salon International De Haute Horlogerie=国際高級時計展示会) が開幕! 気になる会場の雰囲気から新作情報を毎日速報でお届けします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

取材は会場内のため快適ですが、外は雪が降ったり、雨が降ったり。今年は天気に恵まれず、ディナーなどの外出は、結構、寒いです。さて、「SIHH」もいよいよ終盤。今回は、ロジェ・デュブイ、ピアジェ、ユリス・ナルダンの3ブランドのご紹介です。

◆ Roger Dubuis

ランボルギーニとのパートナーシップモデルが、よりレーシーにラグジュアリーにアップデイト

ロジェ・デュブイは昨年の9月にランボルギーニ(ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ)とのパートナーシップを締結。そこで発表されたパートナーシップモデル「エクスカリバー アヴェンタドール S」は、アヴェンタドール SのV型エンジンを模したブリッジやV型に配列された2つのバランスホイールが特徴です。これはその進化版で、ケースをランボルギーニが開発した「C-SMCカーボン」に、ストラップもランボルギーニの使用するアルカンターラに変更。ブルー×レッドのカラーリングも格好よく、よりレーシーな雰囲気に。
「アルソー クロノ チタン」56万3000円(予価)。自動巻き、チタンケース(41mm)、ヴォー・バレニアストラップ。4月頃発売予定/エルメス(エルメス ジャポン)
エクスカリバー アヴェンタドール S」2160万円(予価)。手巻き、カーボンケース(45mm)、アルカンターラ×ラバーストラップ。世界限定88本。今夏発売予定)/ロジェ・デュブイ

NEXT PAGE2/ 3

超薄型ドレスウォッチ「アルティプラノ」のオートマティック仕様が登場

◆ Piaget

超薄型ドレスウォッチ「アルティプラノ」のオートマティック仕様が登場

今年はいつものシックでエレガントな雰囲気から、ブースを大きくイメージチェンジ。「サニー・サイド・オブ・ライフ」を新しいブランドのコンセプトに、南の島のリゾートホテルのようなプールや植物などの配された明るく楽しい空間にされました。という一方で、新作の見応えは例年どおり。最大の注目作が2015年に世界最薄記録を樹立した「アルティプラノ」の進化版で、自動巻きとして世界最薄クラス。「薄型の名手」の真骨頂となる技術力を見せつけてくれたのです。
「アルティプラノ アルティメート・オートマティック」自動巻き、18KWGケース(41mm)、アリゲーターストラップ/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)
アルティプラノ アルティメート・コンセプト」地板とムーブメントを一体化しケース厚2mmを実現したコンセプトウォッチ/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)

NEXT PAGE3/ 3

ブースのディスプレイでも、新作でも、来場者たちを魅了

◆ Ulysse Nardin

ブースのディスプレイでも、新作でも、来場者たちを魅了

「ポラリス オートマチック」78万4000円(予価)。自動巻き、SSケース(41mm)、カーフストラップ。今春発売予定/ジャガー・ルクルト
昨年、「BASEL WORLD」から「SIHH」に移籍し話題となったユリス・ナルダン。2年目の今年は、ブースの飾り付けが大きな話題となりました。というのが、ダミアン・ハーストの作品をいくつも並べたこと。今回の「SIHH」で随一のアートな雰囲気で、リッチ層のアートへの関心の高さも感じれられました。

そして今年の主役は「フリーク」。新作の「フリーク ビジョン」の最大の特徴はコレクション初の自動巻きであること。デザインも変更され、よりシャープで都会的なイメージにアップデイトされました。また、ブランド初の1000m防水のダイバーズや、エロティックオートマタなど、ほかにも魅力的な新作を多数発表。時計でも来場者をたっぷり魅了してくれたのです。
フリーク ビジョン」1103万円(予価)。自動巻き、Ptケース+チタンベゼル(45mm)、アリゲーターストラップ/ユリス・ナルダン(ソーウインド ジャパン)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事