• TOP
  • WATCHES
  • 夏に人気の時計は「やっぱり!」と「意外!」なこの2本

2017.07.27

夏に人気の時計は「やっぱり!」と「意外!」なこの2本

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木克典、小澤 達也(STUDIO Mug)、鈴木泰之(Studio Log) 文/吉田 巌(十万馬力) 協力/池田保行(04)、山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04) イタリアスナップ/Massi Ninni、前田直子

東京のお洒落な大人たちの手首を定点観察すると、今夏の時計選びは次の2極にキッパリ分かれていることが判明。それが“メタルブレスのラグジュアリースポーツ”と、“レザーベルトの小ぶりなアンティーク顔”。

察するに、リッチなインパクトを盛りたいときは前者、男らしさの中にも知性を感じさせたいときは後者というのが、モテるオトナの最新のやりくちのようです。

圧倒的な汎用性を誇るメタルブレス

20年モノというオーデマ ピゲのロイヤルオーク。巨匠ジェラルド・ジェンタの手によるケースとブレスを美しく一体化させたデザインは、ドレスからカジュアルまでさまざまな装いを確実に格上げしてくれます。これぞラグジュアリースポーツウォッチの規範!
今回の“腕元スナップ”でもっとも目立っていたのは、ダイバーズに代表されるメタルブレスを装着したスポーツタイプ。
 
この季節の悩みである汗や雨に強いという物理的メリットももちろんありましょうが、それ以上の支持理由として挙げられるのが、ブレスのアクセサリー効果もあるのではないかと。
 
たとえば寂しくなりがちな夏場の半袖シャツ姿も、腕にガシッと存在感のあるブレスウォッチがあれば、グッとメリハリの効いたスタイルになるわけですから。またオーセンティックなデザインのフェイスを選べば、休日のショーツ姿からスーツまで幅広い装いに馴染むのもこの手の時計のメリット。ついでにいえばメタルのきらめきが日焼けした肌に映えるというのもポイントでしょう。
 
むろんリッチに見せるにはブランドチョイスが鍵を握りますが、いまどきの街ゆくセンスのいいオトナは概して時計に対しての審美眼も高く、皆さん本当にイ〜イ時計をお持ちでした。
 
パテック フィリップのノーチラスやオーデマピゲのロイヤル オークといった時計四天王ブランドの傑作ラグジュアリースポーツをサラリと着けている方も多く、改めて東京のお洒落なオトコたちの時計成熟度の高さを実感した次第です。
 
その中でも圧巻の強さを見せつけていたのがロレックス。とくにすべてのダイバーズのオリジンとも言えるサブマリーナやシードウェラーの支持率は高く、まさにこれからの市井の夏時計の帝王という感じでした。
PAGE 2

メタルなブレスにはドレススタイル

ロイヤルオークを着用していたのは、加賀健二さん(タイ ユア タイ代表取締役)。ジョバンニ・マイアーニのジャケットに、ロータのプリーツパンツというクラシコの粋を体現したモダンなスタイルを、よりセクシーに見せるポイントとなっていました。

街中ではリッチなメタルブレスが圧倒的に人気でした

PAGE 3

イタリアオトコに見るメタルブレス時計のこなし方

レザーベルトの小ぶり時計は知的な雰囲気が醸し出せる

イエローゴールドのカルティエ・タンク。小ぶりでスリムなモデルですが、圧倒的なオーラが漂います。ケースに合わせたゴールドのリング使いも洒脱。
メタルブレスのリッチなスポーツウォッチが大勢を占めるなか、その対極とも言えるレザーベルトの華奢なドレス時計も多くの人が支持。“ちょい小ぶり”が時計トレンドの最先端であることが改めて感じられる結果となりました。
 
半袖などで肌の露出が多い季節に華奢な時計は本来ミスマッチな感じもしますが、だからこそ腕の太さや手指のゴツさが際立ち、かえって色気を感じるという女性の声も。
 
そもそも腕時計というものは、いかに小さく、いかに薄く作るかを目指して発展してきた歴史があり、そのせいか時計をわかっているインテリジェンスのある男を演出できるというのもメリットでしょう。
 
ちなみに小ぶりな時計なら何でもいいわけではないようで、ほとんどの人がアンティークなデザインのものをチョイス。カルティエのタンクやジャガー・ルクルトのレベルソなど角形ドレスウォッチの名品の愛用者も多く見られました。この夏はこんな時計で腕元を飾るのも手ですよ。
PAGE 4

カジュアルにあえての小ぶりレザー

上のタンクの持ち主は大御所スタイリストの小沢宏さん。ネペンテス イングランドのシャツに、コスのワイドショーツという何気ないスタイルに可憐な角時計を合わせてしまうセンスがさすが。

レザーベルトの小振り時計愛用の街の知的なオトコたち