• TOP
  • WATCHES
  • いま気になる時計は "ハイテク"な感じ〜Vol.1〜

2015.12.03

いま気になる時計は "ハイテク"な感じ〜Vol.1〜

素材や製法で軽やかさやスポーティ感を演出するハイテク系のファッションアイテムが人気の昨今、そんな気分が時計選びにも伝播しています。時計業界で"ハイテク"と言えば"素材"と"機構"。約2世紀前に完成したとされる時計機構ですがテクノロジーの力によって、新たな進化が始まります。

CATEGORIES :

進化が止まらないハイテク素材

素材進化の方向性は、軽くて付け心地に優れた時計を開発することにあります。自動車産業や航空宇宙産業で使用される素材を取り入れるのが定石となっています。

ハイテクな感じは素材か機構で醸しましょう

歴史と伝統を重んじる時計業界には、“時計とはかくあるべし”という厳然たるルールが残っています。しかし今や時計は実用品というよりもアクセサリーとしての要素のほうが強い。ということで、もっと自由に遊ぼうという機運が高まりつつあります。

まずきっかけとなったのが“素材”。アクセサリーとしての見栄えを高めるために大型化しはじめた時計に対して、少しでも装着感を向上させるために、チタンやカーボン、セラミックなどの軽くて頑強な素材が続々と導入されるようになったのです。

次いで“機構”でも、ハイテク技術が取り入れられるようになります。

コンピューターを使って設計を行うCADシステムの導入や工作機械の進化によって、今までは実現不可能だった機構がどんどん実現化していきました。快適さを高めデザインを広げるハイテク素材と、技術の限界に挑むハイテク機構は、どちらも流れる時間を楽しもうという遊び心に満ちています。

Audemars Piguet[オーデマ ピゲ]

ロイヤル オーク コンセプト・ラップタイマーミハエル シューマッハ/2730万円

表情の豊かさもポイントに
●左:連続してラップタイム計測ができるクロノグラフ。カーボンと樹脂を金型に流し込み、圧力をかけて焼結させるフォージドカーボンケースは、軽くて強靭なうえにカーボンの荒々しい素材感も楽しめます。手巻き、フォージドカーボンケース(44㎜)、ラバーストラップ。221本限定/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)●右:搭載する手巻きムーブメントは、自社製のCal.2923。9時位置のプッシュボタンを使って、2本のクロノグラフ針を操作します。

Richard Mille[リシャール・ミル]

RM 011/1740万円

独特の模様が新素材の証
カーボンファイバーシートを45度ずつズラして重ねるNTPTⓇカーボンの塊を切削し、ベゼルとケースバックを制作。切削時に独特の波紋が生まれるが、すべて表情が異なるため、一点ものの価値がある。自動巻き、NTPTⓇカーボンケース(50×40㎜)、ラバーストラップ/リシャール・ミル(リシャールミルジャパン)

Omega[オメガ]

スピードマスター "ダークサイド・オブ・ザ・ムーン"/116万円

強固なだけでなく光沢感も魅力に
酸化ジルコニウムを主原料とし、溶解させて型に流し込み、焼結させて製造するセラミック。非常に硬いため傷がつきにくく、いつまでも美しさを保てる。独特の深みのあるブラックの光沢感で、月の裏側を表現しました。自動巻き、セラミックケース(44.25㎜)、コーテッドナイロンストラップ/オメガ(オメガお客様センター)

Zenith[ゼニス]

エル・プリメロ ナイトヴィジョン/130万円

軽さとタフさを両立している
軽くて加工性に優れたアルミニウムに、セラミック改質処理を施すことで、頑強なブラックケースを製作。ダイヤルやインデックス、針もすべてブラックで仕上げて、精悍な雰囲気を演出しています。自動巻き、セラミナイズドアルミニウムケース(45㎜)、ラバー×ノーメックス ファブリックストラップ。10気圧防水/ゼニス
写真/野口 貴司(San・Drago)
スタイリング/吉野 誠
ヘアメイク/北村 達彦 文/篠田 哲夫
2015年12月号より抜粋

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事