• TOP
  • WATCHES
  • 【まとめ】大人なら知っておきたい。日本の腕時計の現在

2019.06.09

【まとめ】大人なら知っておきたい。日本の腕時計の現在

大人の腕時計といえば、スイスメイドの機械式だけ? いいえ、腕時計にはもっと多様で深〜い世界が広がっているんです。

CATEGORIES :
CREDIT :

取材写真/椙本裕子(YUKIMI STUDIO) 文/広田雅将(『クロノス日本版』編集長)、柴田 充、長谷川 剛(04)

近年、腕時計に新たな流れが生まれつつあるのをご存知ですか? クォーツの名作の登場によって専門家の見識が変わったり、ジャパンブランドへの注目が高まったり……。

いま時計を探しているなら、知っておくべき3つのことをまとめてお伝えしましょう。

2019年はクオーツ時計の力作が目白押し

時計好きが賞賛するクォーツのひとつに、シチズンのエコ・ドライブ ワンがある。搭載するムーブメントの厚さはわずか1mm。チタンケースの厚さも3.5mmしかない。

薄い機械式時計が増えてきたとはいえ、この厚さを機械式時計で実現するのはそもそも無理だ。しかも軽いため着け心地は良く、防水性能も3気圧あるから、どこでも使えてしまう。値段は50万円するが、内容を考えたらむしろお買い得だ。
2016年に発表されたモデルのチタン版。厚さ3.5mmのケースに、薄さ1mmの光発電のエコ・ドライブムーブメントを搭載する。「エコ・ドライブ ワン」クォーツ、Tiケース(36.5mm)×ブレスレット。50万円/シチズン(シチズンお客様時計相談室)
長らく、安価な大量生産品というイメージのあったクォーツ。しかし、最近のよくできたクォーツは、時計好きが飛びつくほど魅力的である。何しろ時計が止まらないうえ、正確で磁気にもショックにも強いのだ。だとしたら、目線を広げて、次に加える1本に、クォーツを選ぶのはありだろう。

PAGE 2
腕時計の本場といえばスイスですが、いま日本のウォッチメイキングに世界から注目が集まっています。ジャパンブランドの認識が改る名モデルをご紹介。

◆ 日本時計の凄ワザ 「グランドセイコー」 

機械式とクオーツを融合させた”世界初のハイブリッド機構”

1960年に誕生し、2017年に独立ブランド化した「グランドセイコー」は、最高峰の腕時計を目指し、精度や美観、視認性といった時計の本質を追求。2010年からグローバル展開し、いまや世界がその魅力に注視しています。

新作では同社独自のスプリングドライブ20周年を記念し、エレガントな薄さを追求した手巻き式が登場。「雪白(ゆきしろ)」と呼ばれる、風紋の刻まれた雪の模様を文字盤とケース全体に表現しました。日本の自然をモチーフにした匠の技に気品が漂います。
「エレガンスコレクション スプリングドライブ20周年記念モデル」手巻き、プラチナケース(38.5mm)、クロコダイルストラップ。800万円/グランドセイコー(セイコーウオッチお客様相談室) 世界限定30本
スプリングドライブムーブメント キャリバー 9R02。フル巻き上げ時では、約3.5日のパワーリザーブを誇る。
外装の美しさもさることながら、中身も超一流。「セイコー」が開発したスプリングドライブは、クオーツの持つ高い精度と機械式の動力をハイブリッドした、世界初の駆動機構です。

手巻き式ならではの薄さに加え、ひとつの香箱に薄く長いぜんまいを並列に重ねたデュアル・スプリング・バレルや、トルクのエネルギーを再利用し、自ら巻き上げるトルクリターンシステムを搭載し、約84時間のパワーリザーブを実現しました。

”メイド イン ジャパン時計”を買わないのは、日本人だけ!?
PAGE 3
最近、セレクトショップや大手デパートで見かけることが多くなったアンティーク時計。 その背景には、腕時計における新たな潮流がありました。注目の店舗に、アンティーク時計の現在と魅力を伺います。

◆ アンティーク時計が人気の理由

着こなしに一層の深味を与えるキーアイテムに

比較的、スポーツウォッチの品揃えが豊富。クロノグラフでも小ぶりなサイズ感で、軽快さの中に落ち着いた印象をもたらしてくれるののが魅力のひとつ。
特に象徴的なショップのひとつであるのが阪急メンズ東京。7階はフロア自体を“ヴィンテージ&リバイバル”と銘打ち、古着や中古レコード、インテリアなどに交えてアンティーク時計を多彩に展開中。

同フロアの中央に居を構えるのが「ヴィンタイム」。同店バイヤー曰く「アンティーク時計の良さは、大人のファッションと馴染みが良く、コーディネイトに深味が出るところ。ほとんどが一点モノのため、他人と被りにくいところもポイント」。

セレクトショップが“アンティーク時計”に注目している意外な理由
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヴィンタイム 03-6252-5451
シチズンお客様時計相談室 0120-78-4807
セイコーウオッチお客様相談室 0120-061-012

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL