• TOP
  • WATCHES
  • 【最新】気軽で実用的! 高級腕時計3選。SIHHからお届けいたします

2019.02.15

【最新】気軽で実用的! 高級腕時計3選。SIHHからお届けいたします

ファッションではもはや定番ワードになった“エフォートレス(気負いのない、気軽な)”は、快適さやストレスフリーこそラグジュアリーという時代感に裏付けられます。時計も同様に、より手軽に使いこなせる時代がやってきました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/柴田 充

憧れのコンプリが、より扱いやすく・より魅力的に発展

「SIHH 2019」注目モデルをAdelaideclassifieds.JPの独断のテーマでお送りする連載の第2回は、最新のコンプリケーション。より実用的で便利な複雑時計が登場し、マニアックなだけでなく、ラグジュアリーな魅力を併せ持った新作が揃いました。そんな「エフォートコンプリケーション」で注目したのは、「ヴァシュロン・コンスタンタン」の永久カレンダーと「IWC」のワールドタイマー、独自のデジタル表示を備えた「A.ランゲ&ゾーネ」でした。

◆ ヴァシュロン・コンスタンタン 

和時計から着想した、真の永久カレンダー

昨年は「フィフティーシックス」を発表し、新世代の男性に向けて新たな提案をした「ヴァシュロン・コンスタンタン」は今年も攻めの姿勢に。「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」では、異なる振動数を持ったふたつのテンプを組み込みました。しばらく使わない時は低振動に切り替えることで、限られたパワーリザーブをより有効活用でき、永久カレンダーの利便性をより実用的かつ、気軽に使える機能です。
「トラディショナル・ツインビーと・パーペチュアルカレンダー」手巻き、Ptケース(42mm)、アリゲーターストラップ、3気圧防水。時価(SIHH時2310万円)/ヴァシュロン・コンスタンタン ※2019年秋以降発売予定
ふたつのテンプにより、高速振動(5Hz)のアクティブモードと低速振動(1.2Hz)のスタンバイモードが切り替えられます。後者の状態で保管すると、最長なんと65日間動き続けます。
一切の調整を不要とした永久カレンダーの弱点は、停止後の複雑なカレンダー設定にあり、それを防ぐための画期的な機構です。しかも発想の原点には、季節によって時間の長さを変えられた和時計があり、それも日本人には誇らしいところです。
PAGE 2

◆ IWC 

デザインにも磨きをかけた実用ワールドタイマー

「パイロット」は「IWC」のピラーコレクションのひとつであり、その本丸となるのが「スピットファイア」。同ブランドのブース中央にはコレクション名の由来となった英国戦闘機の実機がディスプレイされ、今年のパイロットイヤーを祝しました。1948年に誕生した「マークⅪ」譲りのデザインをフェイスリフトするとともに、全モデルに自社キャリバーを搭載。なかでも注目したのが「パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・スピットファイア “ロンゲスト・フライト”」です。
「パイロット・ウォッチ・タイムゾナー・スピットファイア"ロンゲストフライト"」自動巻き、SSケース(46mm)、カーキグリーンの布製ストラップ、6気圧防水。143万円/IWC
特許取得のタイムゾナー機構は、都市名を記したベゼルを回転させるだけで、時針、24時間表示、日付が自動的に調整されます。これまではクロノグラフと並載されましたが、新作では3針に機能を絞ることで、視認性を増し、計器然としたデザインも際立ちます。容易に使いこなせる実用ワールドタイマーは、今年開催されるスピットファイアでの世界一周飛行プロジェクト“The Longest Flight”で、そのポテンシャルが試されます。
PAGE 3

◆ A.ランゲ&ゾーネ 

個性を損なうことなく、独創性をより実用的に

今年「A.ランゲ&ゾーネ」は、ふたつのアニバーサリーを迎えました。ひとつはブランド新生の旗頭となった「ランゲ1」の誕生25周年、そしてもうひとつは2009年に登場した「ツァイトヴェルク」の10周年です。とくに後者は、創業者が製作にかかわったドレスデンのゼンパーオーパー歌劇場に掲げられた5分時計にオマージュを捧げるとともに、あえて現代的なデザインを採用した革新的かつ前衛的なモデル。新作ではカレンダー表示を加え、さらに実用性を増しました。
「ツァイトヴェルク・デイト」手巻き、18KWGケース(44.2mm)、アリゲーターストラップ、日常生活防水。987万円(予価)/A.ランゲ&ゾーネ ※2019年7月以降発売予定
機械式ムーブメントによるデジタル計時には、時分表示の大型ディスクを回転させるための大きなトルクに加え、その瞬転制御や耐久性に高い技術が求められます。それをクリアしつつ、過去には毎正時と15分時に打音するストライキングタイムや、ブランド初のミニッツリピーター等を加え、コレクションの充実と技術の先進性を追求してきました。新作のカレンダー表示はこれらと比べてよりベーシックな機能として注目を集めます。
日付は文字盤の外周に設けられた数字を赤いマーカーで表示し、独創的なフェイスデザインを損ないません。8時位置のプッシュボタンで日送りできる簡単な操作に加え、プッシュのリリース時に動作させることで、軽い押し心地で内部への衝撃も緩和されます。また日付追加に伴い、時間調整用のプッシュボタンを4時位置に新設するとともに、これまでの36時間から72時間にパワーリザーブが向上している点も見逃せません。

■ お問い合わせ

IWC 0120-05-1868
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755 
A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL