• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • いま、中国・蘇州に彼女をエスコートすべき理由とは!?

2018.07.20

いま、中国・蘇州に彼女をエスコートすべき理由とは!?

「東洋のベニス」と謳われる中国の古都・蘇州が、世界のトラベラーたちに注目されています。そんな運河と古典庭園に恵まれた情緒溢れる都市に昨年、「W」ホテルが誕生。女性をエスコートするのに、ますますぴったりなデスティネーションと相成ったわけです。

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/岩佐史絵

旧市街に運河や水路が縦横無尽に張り巡らされていることから、「東洋のベニス」と称される蘇州は、9つの古典庭園が世界遺産にも認定されており、庭園散策などがメイン・アクティビティとして知られる古都。
世界各国の主要都市に次々とオープンする「W」ホテル。2017年11月には「東洋のベニス」の異名をもつ中国・蘇州でも開業し、この街の新しい“顔”のひとつになろうとしています。蘇州といえば世界遺産の庭園で知られる情緒に満ちた古都。それが近年、金鶏湖を中心に商業都市化が著しく進み、モダンな都市建築物も立ち並ぶハイパーシティへと変貌を遂げました。その開発地区のど真ん中にあるのが、「W蘇州」なのです。
上海からクルマで約1時間半。運河や古典庭園に恵まれた蘇州は、上海の都会っ子が週末にふらりと出かけて庭園を散策するなど、のんびり時間を過ごすところ。そんな静かな街にあの都会的でエッジィな「W」ホテルが!?……と、驚くなかれ。
「その土地の伝統的な要素や自然の要素を『W』らしい活力あふれるデザイン感覚で解釈する」というデザインコンセプトのもと、「W」の魅力はそのままに、しっかりと蘇州らしさを反映したホテルとなっています。
場所は、急速に開発され、複合施設やオフィスビルがどんどん建設されている新市街。デザインやアートなどをテーマにさまざまなイベントが行われており、中国の中でもこの先最も注目される都市のひとつが、蘇州。これまでとは違った魅力をいち早く体現した「W蘇州」は、まさにこの街の“顔”なのです。

その魅力を掘り下げてみましょう。
PAGE 2

モダンで先鋭的、かつ伝統が融合された
デザインの「W蘇州」

「W蘇州」のエントランス&Living Roomと呼ばれるラウンジでは、高い天井に「クリスタルクラウド」と呼ばれるシャンデリアが特徴的。雲をイメージしたこのシャンデリアは2色のアクリル板と金属でできており、照明の変化によって趣を変えます。旧市街と新市街でまったく趣が異なる蘇州にぴったりのデザイン!? 
ゲストルームのウェルカムドリンクはなんと自分でシェイクして作るカクテル! カラフルで甘~いリキュールを全部混ぜると、目の前の湖と同じ色に!?  可愛らしい見た目とは裏腹に、ウォッカベースでパンチがあるところが「W」らしい。
ゲストルームは一面ガラス張りで、湖畔の新市街を一望できます。「W」ホテルではどこでも楽器をイメージしたクッションがあるけれど、ベッドの上に置かれているのは「琵琶」。ちなみに、蘇州の特産品はフルーツの枇杷なのですが、単なる偶然?
室内にはミニバーのほかに、さまざまな有料アメニティがセット。スリーピングマスクにトランプ、おもちゃ、それから……えっ? ピンク色のファーつきハンドカフス(手錠)!? なるほど、室内でも楽しく遊べ、と。こんなところにも「W」ならではの遊び心が。
PAGE 3

リフレッシュのサポート態勢も万全です

蘇州で最も高い位置にあるというスイミングプール「WET®」。細長い造りゆえ、しっかりと真剣に泳ぐことが可能です。36階からの眺めという開放感も手伝って、パーティーの翌朝でも日課を崩さずフレッシュな1日をスタートできそう。
「WET®」の向かい側には、テクノジム社製の最新機器が導入されたフィットネスジムも。赤を基調にしたモダンな空間はデザイン性も高く、ジムのウォールデザインも印象的。蘇州の無形文化遺産として知られる古典舞台演劇「崑曲」の独特な化粧と頭飾りをつけた女性がトレーニングをしている姿に、その土地ならではの古典とモダンを掛け合わせる「W」の姿勢が表れています。
1日の終わりに「AWAY®Spa」へ。近未来を思わせるコクーン型の気軽なマッサージ室のほか、ジャグジーやリラックススペースを擁するスパルームがあり、さくっと、もしくはじっくりとトリートメントが受けられます。スパの後はデトックスドリンクなどをいただきつつ、部屋でのんびり過ごして。
PAGE 4

昼夜で趣の異なるバーと
食彩豊かなメインダイニング

「W」といえば「WOO BAR」。自然光がふんだんに入る昼間はビジネストークにも使えるラウンジ、夜は天井のシャンデリアが怪しく輝き、DJブースから流れてくる音楽に身を任せて楽しめるクールなバーと、ふたつの顔をあわせもちます。
そして、メインダイニングの「THE KITCHEN TABLE」は朝食からして楽しい! ヌードルや卵料理のオープンキッチンは当たり前、そのほかローカルフードに点心など実にバラエティに富んだ品揃えです。1泊では食べ尽くせないため連泊必須!?

「W」らしいド派手な演出で各国メディアに
アピールしたお披露目イベント

オープンから半年を経て、「W蘇州」の国際的なお披露目としてイベント「Shake the Lake」が開催されました。国内外のメディアが詰めかけた宴は、パーティーシーンの演出なら大得意!の「W」だけあって、どこを見てもファンキーかつファッショナブル! すでに“静かなガーデンシティ”という蘇州のイメージを一新するような、強烈な存在感を放っていました。

■ W蘇州

住所/Building 7 Suzhou Center,Corner of Xinggang Avenue and Suhui Road, Suzhou Industrial Park

URL/http://www.starwoodhotels.com/whotels/

予約・お問い合わせ/プリファードゲスト☎ 0120-92-5659

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL