• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 京都は大人のデートに不向き、なんて誰が言ったのやら!?

2018.05.06

京都は大人のデートに不向き、なんて誰が言ったのやら!?

いま、京都は青もみじが眩いばかりに美しい季節。気候が良くて比較的混まないこの時季こそ、大人デートにはぴったりなんですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/只野仁志、福森クニヒロ(Bar Rocking chair)

あなたは京都が好きですか? 京都って女性人気はとても高いのに男性からは評価がイマイチ。
夏は暑いし冬は寒い。紅葉シーズンともなれば芋の子を洗うような大混雑。外国人観光客と修学旅行生ばかりで、お洒落な大人は近づかないよね……なんて思っちゃいませんか。
それは、あなたが京都を知らない証拠。言わずと知れた国際観光都市・京都はスケールも奥深さも想定外。本当の京都を知らずに敬遠するのはもったいないですよ。
と言うわけで今回は大人のデートにぴったりな、初夏の京都をご案内いたしましょう。

初夏の爽やかな風に揺れる青もみじをゆっくりと楽しむ

まず、この時季に京都をオススメする理由。連休と梅雨に挟まれた今頃は、過ごしやすい季節にもかかわらず割と観光客も少なめで、実は一番の穴場なのです。
しかも、いまの季節は京都の山々が若葉に萌えて、一斉に緑に輝く時期。秋の紅葉とは違った爽やかで清々しい景色が楽しめる。これを最近は「青もみじ」と呼んで、愛づることが流行っているのです。
まず最初のオススメは、緑と言えば……の嵐山。桂川に架かる渡月橋の美景で名高いこのあたりは、もちろん秋の紅葉の名所でありますが、すなわち青もみじも多いということ。この時期は山も幾多の緑のグラデーションに彩られ若葉の輝きで目が眩むほど。
例えば、天龍寺の塔頭のひとつ、宝厳院(ほうごんいん)。こちらは表通りから1本奥に入った場所にあって、春と秋の限られた時期しか公開されていないため、知る人ぞ知る寺院。観光客も多過ぎず、大人のひっそりデートにぴったりです。回遊式の庭園「獅子吼の庭」は嵐山を借景に取り入れた壮大なもので、園内はいまが青もみじの最盛期です。
そこから竹林の散策道を抜けて嵯峨野をのんびりと歩いて常寂光寺へと向かいます。
途中、野宮神社、大河内山荘を過ぎて細い遊歩道を進むと、百人一首で知られる小倉山の中腹に位置する常寂光寺に到着です。茅葺の仁王門をくぐると石段の参道が続き、頭上には鮮やかな新緑の青もみじが見事なトンネルをつくります。
石段を登りきった本堂の一画からは嵯峨野の景色が一望できます。春の爽やかな風を感じてしばし休憩しましょうか。

NEXT PAGE2/ 4

ライトアップされた貴船神社の参道は人気のインスタ映えスポット 

築400年の茅葺の茶屋で滋味豊かな季節の料理を味わう

さらに嵯峨野を清滝方面へと進み8000体の石仏で有名な化野(あだしの)念仏寺を過ぎると、その先には鮎料理の名店、「鮎茶屋 平野屋」があります。400年の歴史をもつこちらのお茶屋さんでの昼食は如何でしょう。
風情ある藁葺きの一軒家でいただく昼の定食は地元の食材を使った素朴でありながら実に趣向に富んだ料理。朝掘りの筍や、わらび、つくし、タラの芽など旬の山菜も滋味豊かで生き返ったような気分になれます。名物の若鮎塩焼きは6月からですが、この時期にも子持ち鮎の甘露煮がいただけます。
さて、次は嵯峨野を離れ、貴船神社へ。鴨川の源流にあたる清流・貴船川と山々に囲まれた京の奥座敷ともいうべき地で1300年以上の歴史を誇る古刹です。約3000本の青もみじに包まれ、ゆっくりと山道を進みむと下界とは体感温度が違うことが実感されます。
見どころは大鳥居から本殿へと続く表参道。約80を数える石段を囲むみずみずしい青もみじと朱塗りの灯篭とのコントラストが印象的です。日にちは限定されますが、夜のライトアップが行われる日もあり、これはまた格別の美しさ。神秘的な緑の光に包まれた一帯には荘厳な空気が流れます。
こちら元々は京都の水源を守る水の神様を祀った神社。今も全国から、船乗りたちが参詣に来るそうですが、和泉式部が復縁祈願のために参詣し見事に願いが叶えられたという伝承もあり、縁結びの神としても有名。デートにもオススメなのです。奥宮へと続く道沿いには幾軒もの料理旅館が並び、5月からは川床料理も始まりました。こちらも見逃せませんね。

NEXT PAGE3/ 4

部屋が瑠璃色に染まる幻想的な瑠璃光院の書院 

青もみじのライトアップで幻想的な景色を楽しむ

あたりもだいぶ暗くなってきたところで京都の街の夜景を見に行ってみましょうか。向かうのは京都市街の北北東に位置する八瀬。日本海へと続く鯖街道の途中で比叡山に向かう登山口でもあります。
まずは日本一の高低差を誇る叡山ケーブルで驚きの急斜面を9分かけて登り、ケーブル比叡駅へ。比叡山の頂上へはここからさらに叡山ロープウエイに乗るのですが、お目当ての夜景はケーブル比叡駅近くのパノラマ広場から見るのが一番。きらきらと輝く京都の街を一望する絶景が楽しめますよ。
そして、ケーブルの出発点であるケーブル八瀬駅に戻ってくると、駅のすぐそばには「八瀬もみじの小径」と呼ばれる自然公園が。こちらは期間限定ですが一帯の青もみじがライトアップされ、幻想的な散策が楽しめます。
さらに5分ほど歩くと、いま、SNSで熱い注目を集めている瑠璃光院があります。
春と秋の年2回のみ特別公開されているこちらのお寺、秋の紅葉時のライトアップはインスタ映えすると大人気。今年からは期間・人数限定ですが、青もみじでもライトアップが実施されることになりました。
1万2000坪の広大な敷地に建つ格調高い数寄屋造りの書院の前には自然の傾斜を活かした庭に数十種のカエデが植えられ、一面の苔の絨毯で覆われた庭面と優雅な緑の饗宴を繰り広げます。
ライトアップされると、照らされた青もみじが書院の調度に映りこんで、仄暗い部屋全体を瑠璃色に染め、この世ならぬ幽美な世界が顕れます。言葉を失うこんな非日常の時間こそがふたりの仲を確実に縮めてくれるのですね。

NEXT PAGE4/ 4

京都で一番人気の隠れ家バーで極上のカクテルを 

坪庭のあるバーでしっぽりと大人のデートを完成させる

青もみじのライトアップを十分堪能したら、その後は市内に戻ってゆっくりと酒でも楽しみたい気分。そこで是非彼女と寄っていただきたいのが「バー ロッキング チェア」です
こちら、住宅街の中にひっそりと佇む一軒家の隠れ家バー。店の奥には中庭があって、センリョウ、マンリョウ、紫陽花、椿、カエデ、梅などが植えられ、ライトアップされた木々を眺めながら酒を楽しむことが出来るのです。
店内はよくあるオーセンティックバーのように、ハイカウンターではなく、肘掛付きのローチェアを採用しており、夏は青々とした庭を、冬は暖炉の炎を眺めつつゆったりとくつろげます。
オススメは一階奥の庭に面した席。一脚はロッキングチェアなので、是非、彼女にユラユラしていただきつつ、極上のカクテルをふたりで堪能すれば、至高の大人デートが完成です。こちら食べ物も美味しいので小腹が空いてても大丈夫ですよ!

いまの時期だからこそ楽しめる京都青もみじデート。ぜひご検討くださいませ。
ご紹介した大人の青もみじデートは、JR東海ツアーズの「そうだ 京都、行こう。」でお楽しみいただけます。

●「青もみじ御朱印めぐり」

今回ご紹介した「宝厳院」「常寂光寺」「貴船神社」以外にも、青もみじの美しい「神護寺」「北野天満宮」「曼殊院」「下鴨神社」「河合神社」「東寺」「東福寺」とコラボして、各寺社で御朱印をいただくプランがあります。詳しくはこちらを。
URL/
※貴船神社のライトアップはGW以降は5月12,13,20,26,27日。夕暮れ~20時。

●「八瀬もみじの小径ライトアップと瑠璃光院 夜の特別拝観」

こちらは期間・人数限定の貸し切りプランとなります。詳しくはこちらを。
URL/

●鮎茶屋 平野屋

住所/京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町16
営業時間/11:30~19:00(L.O.)
定休日/無休
URL/
予約・問い合わせ/☎075-861-0359

●Bar Rocking chair(バー ロッキング チェア)

住所/京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町434−2
営業時間/17:00~翌2:00
定休日/火曜
URL/
問い合わせ/☎075-496-8679   

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事