• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 「ねる」暇はもうないかも!? 今は「たべる・あそぶ」がホステルのトレンド

2018.03.03

「ねる」暇はもうないかも!? 今は「たべる・あそぶ」がホステルのトレンド

最近、都内には“遊べる”ホステルやゲストハウスが増えています。外国人率の高いこれらの施設に併設されたカフェやバーは、ときに日本にいることを忘れそうな雰囲気も楽しめたりして。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/アキヤマケイコ 写真/竹崎恵子(Nui)

かつて「くう・ねる・あそぶ」なんてキャッチフレーズがありましたが、ゲストハウスやホステルを利用する目的といえば、第一は「寝る」、しかも安価でというのが常識です。しかし最近では、宿泊客以外の人も自由に入って食事をできる場所があったり、定期的なイベントが開催されていたり、と「食う、遊ぶ」の施設が充実しているところが増えています。そんな「泊まらなくても楽しめる」ホステルをご紹介します。

下町の名所!?  本格カフェ&バーを備えたホステル
◆Nui.HOSTEL&BAR LOUNGE(蔵前)

隅田川に近く浅草へも徒歩範囲の蔵前は、かつては職人の街であり問屋街でもありましたが、ここ数年は個性的なレストランやクラフトショップが増え、街歩きの場としても人気を集めています。
その盛り上がりの一端を担っているのが、2012年オープンのホステル『Nui.(ヌイ)HOSTEL&BAR LOUNGE』。おもちゃ会社の倉庫をリノベーション、そのうち1階のフロア全面を、カフェ&バーラウンジにしています。今でこそ飲食店を併設するホステルは少なくありませんが、こちらはその先駆けであり、しかもカウンターを含めると50席以上の他に例がない広さ。
またコーヒーは、奥沢「ONIBUS COFFE」監修のもと、ペーパードリップやエアロプレスで抽出したスペシャルティコーヒー(16:00まで)を提供していたり、ビールは沼津の「Baird Beer」とコラボレーションしたオリジナルのクラフトビールをラインナップしていたりと、その道のプロフェッショナルの協力を得ながら、こだわりのメニューを展開しています。

NEXT PAGE2/ 4

 

ホステルの併設という粋に収まらない本格派で、国内外からの宿泊者はもちろん、近隣に勤める人や住民、評判を知ってここを訪れる人など、多彩な人たちで常に賑わっています。
運営会社Backpackers’ JapanのCFO・桐村琢也さんは、「ただホステルを運営するのではなく、旅の醍醐味のひとつである人との出会いや繋がりを味わえるような、宿泊者も地元の人も、境界なくくつろげる場所が欲しいと思って、ここを作りました」と話します。

カフェ&バーラウンジでは、この広さを生かして、クラフトのワークショップや、トークライブなどのイベントも定期的に開催。昨年12月に行われたレゲエシンガーのライブでは、約120人もの来店があったそうです。また、ホステルとしての利用も好調。
「最近はホステル同士の競争も激しいなかで、このラウンジがあるから来る、という人も多くてありがたいです。宿泊する人もそうでない人も“ここでしかできない体験”をしてもらえるよう、今後もNui.らしくがんばっていきたいですね」(桐村さん)
泊まらない人も味わえる、ホステルならではの非日常感とくつろぎ感、あなたも一度、体験してみては?

『Nui.HOSTEL&BAR LOUNGE』

住所/東京都台東区蔵前2-14-13
営業時間/カフェ8:00〜18:00、バータイム18:00〜25:00 (L.O.ドリンク24:30、フード23:00)
URL/
予約・お問い合わせ/☎03-6240-9854
●料金/ドミトリー1人1泊3000円〜、ツインルーム1人1泊7600円〜(税込)
●チェックイン16:00〜23:00、チェックアウト〜11:00
カフェ&バー

NEXT PAGE3/ 4

まさかの「眠らせない」ホステル!? ミュージックバー併設で夜遊び三昧

まさかの「眠らせない」ホステル!? ミュージックバー併設で夜遊び三昧
◆WISE OWL HOSTELS(八丁堀)

ホステルとは本来、ゆっくり眠り、休息するためにあるものですが、こちら『WISE OWL(ワイズ オウル) HOSTELS』のコンセプトは「夜まで遊びつくす東京」。ビルの地下1階に、夜遊び推奨!といえるサウンドバー『HOWL』を併設しているのです。しかも、他の場所では得られない音楽体験をしてもらいたいと、建築からこだわったハイクオリティなサウンドシステムを導入。名だたるイベントスペースにひけをとらない、本格的な音楽パフォーマンスを楽しめる場所になっています。
ジャンルは、ハウスやテクノ・ディスコなどのクラブ系ミュージックから、ジャズや民族音楽までと多種多様。日替わりのDJライブでは、雰囲気もホステルらしいアットホームさで、音楽談義に花を咲かせながら、気軽にお酒や軽食を楽しめます。また、有料の生ライブも充実しており、1ドリンク1000円〜、本格アーティストの演奏も体感でき、非常にお得です。

NEXT PAGE4/ 4

 

「ニューヨークやロンドンには、小さくてスタイリッシュなホテルがあり、そこが地元の人たちの遊び場になっている、ということがよくあります。日本にもそんな場所があれば、と考えて作りました」と、運営会社WAMのディレクター、田川泰仁さん。
2016年7月にオープンした当初は、宿泊客や、お目当てのライブのために来場する客がメインだったそうですが、SNSなどを通じて次第に認知され、最近は、近隣の住民や会社勤めのビジネスマンにも人気の場所になりつつあります。
「旅行者にも地元の人にも、音楽から、今の東京を楽しんでもらいたいです」(田川さん)
「明日も仕事があるし」なんて、夜遊びから遠ざかっている人――ここならライブで好みの音楽を思いっきり堪能して、そのまま(予約していた)ベッドへ直行、なんてことができそうですよ。

『WISE OWL HOSTELS TOKYO』

住所/東京都中央区八丁堀3-22-9
予約・お問い合わせ/☎03-5541-2960
●料金/ドミトリータイプ1人1泊4000円〜、個室タイプ1室9000円〜(税込)
●チェックイン15:00〜26:00、チェックアウト〜10:00

『SOUND&BAR HOWL』

営業時間/18:00〜24:00 (L.O.ドリンク24:30、フード23:00)
お問い合わせ/☎03-5541-3329

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事