• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 小旅行の目的地は美味ぞろいのレストランホテルでキマリ!

2018.03.08

小旅行の目的地は美味ぞろいのレストランホテルでキマリ!

旅行は少々ハードルが高い間柄なら、"遠出してお食事"感覚のレストランホテルに誘うのがオススメ。お料理の味はお墨付きですし、お部屋とお湯も高レベルで3度うれしいんです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/谷田政史(CaNN)、上田佳代子、大谷次郎 スタイリング/久保コウヘイ、久 修一郎 ヘアメイク/Ryohei Katsuma(masculin)、星 隆士(SIGNO) 文/木原美芽 画像協力/アマナイメージズ

2018年4月号より
「食事に行こうよ」と「旅行に行こうよ」の誘い文句の間にはちょっぴり高くて険しい山が……と怯んでしまう方、いらっしゃるでしょう。そこで使っていただきたいセリフが「ちょっとだけ遠いレストランに行ってみない?」です。今回ご紹介するのホテルは、お部屋もお湯も隠れ家感も高レベルですが、一番最高なのはもちろんお料理♥ そう、ついに日本にも真のオーベルジュが揃い踏みしつつあるのです!

Hotel 01 遊び人時代に御用達だった?! 伝説の店がご帰還!

◆ 金谷リゾート箱根

金谷リゾート箱根
創業者の哲学“和敬洋讃”を食で表現した伝説の名店「西洋膳所ジョンカナヤ麻布」のエスプリを継承した、ダイニング「西洋膳所 JOHN KANAYA」。
鬼怒川金谷ホテル創業者で、昭和の粋人・ジョン金谷鮮治。その彼が作った「西洋膳所ジョンカナヤ麻布」のエスプリを箱根の森のその奥で、しっとり楽しめるホテルが昨年11月に開業。全14室・温泉付き。オーベルジュの真髄、ここに極まれり、です。
男性●ジャケット11万円、シャツ3万3000円、タイ1万8000円、チーフ1万4000円/すべてボリオリ(ボリオリ 東京店) 女性●ワンピース6万8000円/エッセンス  オブ アナイ(アナイ)、リング90万円、ピアス20万円/ともにアルテミス・ジョイエリ
男性●ジャケット11万円、シャツ3万3000円、タイ1万8000円、チーフ1万4000円/すべてボリオリ(ボリオリ 東京店) 女性●ワンピース6万8000円/エッセンス  オブ アナイ(アナイ)、リング90万円、ピアス20万円/ともにアルテミス・ジョイエリ
お箸もOKなスタイルはそのままに、フランス「オー・キャトーズ・フェヴリエ」でミシュラン一ツ星を得た森祥崇シェフが、五島列島の魚介など日本ならではの食材を活かした料理を提供。写真はプリップリ❤️なクエのポアレ。 ここはまさに箱根にある美食の隠れ家ホテルなのです。
定番・鴨のフォワグラのポワレ(右)とエゾジカ。
スイートには露天風呂も。源泉は仙石原温泉で100%かけ流しです。美食に温泉ときて喜ばない女子はおりません!

◆ 金谷リゾート箱根

住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 1251-16
お問い合わせ/☎0288-76-2030(予約センター・9:00〜20:00)
URL/

●2万7500円〜11万円(2名1室利用時の1名料金、1泊2食付き・サ込)

NEXT PAGE2/ 3

"食べるために泊まる"ゲストのためのお宿です

Hotel 02 "食べるために泊まる"ゲストのためのお宿です

◆ ザ ひらまつ ホテルズ & リゾーツ 熱海

『熱海で獲れた猪のパテアンクルート ロース肉とカーボロネロのカルボナーラ』
食材生産者たちと密に付き合い、伊豆の美味を発見中のシェフと男女の機微を熟知して立ち振る舞う手練れの女将&スタッフのサービスはやっぱりさすが!な「ひらまつ」のホテルです。
左●『ちぢみほうれん草と三陸黒鮑のムニエル』、右●夕陽が沈む相模湾を堪能できるダイニング。数寄屋建築の第一人者・木下孝一氏が手がけた別荘を全13室のオーベルジュとして改装。
痒いところに手が届き、放っておいてほしい時にはサッと去るという、グランメゾンのサービスとおもてなしが素敵なんです。そして料理長・三浦賢也さんは「ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京」料理長を務めた腕の持ち主。余裕すら感じる料理はまさに“滞在するレストラン”という表現がぴったり!

◆ ザ ひらまつ ホテルズ & リゾーツ 熱海

住所/静岡県熱海市熱海1993-237
お問い合わせ/☎0557-52-3301
URL/

●5万5600円〜(2名1室利用時の1名料金、1泊2食付き・税別サ込)

NEXT PAGE3/ 3

時の宿すみれ

Hotel 03 ディナーから朝食まで、魅惑の米沢牛づくし

◆ 時の宿すみれ

「サーロインのすき焼き」
老舗精肉店「米沢黄木」の黄木家が営むお宿の目玉は何と言っても、厳選された米沢牛のフルコース! 最高級の肉と地元の新鮮な野菜やお米は誰もが垂涎。おふたりさま専用宿なので、静かなトコロも高ポイントです。
左●「ぶりすけのポモドーロ」、右●食事はカウンター席または半個室で。メインはステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶからお好きなものを。 
約10品のコース料理は口直しとデザート以外、すべてに米沢牛を使う豪勢なメニューです。米沢牛は、霜降りがキメ細やかで脂肪の融点が低く甘いのが特徴。大トロの握りなど、稀少部位のご用意もあります。

湯の沢温泉の湯を使った貸切露天風呂を堪能し、テレビのない静かなお部屋でぐっすり眠った翌朝は、米沢牛を使った牛汁などボリューム満点の朝食が。肉食女子も完オチ必至です。

◆ 時の宿すみれ

住所/山形県米沢市関根12703-4 
お問い合わせ/☎0238-35-2234(受付時間9:30〜21:30)
URL/

●平日2万1500円〜2万8500円(シーズンにより異なる)
※2名1室利用時の1名料金、1泊2食付き・税別サ込

■お問い合わせ

アナイ 03-5739-3421
アルテミス・ジョイエリ 078-321-2388
ボリオリ 東京店 03-6256-0297

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事