• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 冬こそ南国宮崎へ! 進化した「新生シーガイア」で過ごすリッチな休日

2018.02.09

冬こそ南国宮崎へ! 進化した「新生シーガイア」で過ごすリッチな休日

開業から四半世紀を経た現在も、一大リゾート地として国内外の人々を惹きつける「フェニックス・シーガイア・リゾート」。2016年の客室を含むホテル内の大改装につづき、昨年10月にはプールエリアを中心としたリニューアルが完了し、新たな大人の遊び場が誕生しました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/Adelaideclassifieds.JP 写真/金田 亮

冬でも温暖な気候で、さまざまなプロスポーツのキャンプ地としても名高い宮崎県。太平洋に面した宮崎ブーゲンビリア空港から北に向かって20分ほどクルマを走らせると、700ヘクタールもの広大な黒松の森の中に1棟、天を貫くように立つ「フェニックス・シーガイア・リゾート」のフラッグシップホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」が見えてきます。

恵まれたロケーションを存分に生かし、開業から四半世紀を経た現在も、温泉や名門ゴルフコース、地産地消のグルメなどで極上の休日を提供し続ける同リゾートに、昨年10月、新たな大人の遊び場が誕生しました。

夜遊び上手な大人のための遊び場が誕生!

25年という年月のなかで、幾たびもの変革を遂げてきたシーガイアですが、昨年秋、夜遊び上手な大人たちが小躍りしそうなエリアが完成したことをご存知でしょうか?

「THE LIVING GARDEN」と名付けられたプールエリアは、2016年8月に改装が完了した96%の客室を含むホテル内に続いてリニューアル。アクティブな大人の男性たちに、ぜひ女性をエスコートしていただきたいエリアなのです。
と言いますのも、まず目を引くのが、プールサイドに新しく設置された5棟のガゼボ。冬は掘りごたつ仕様になり、特製のお鍋を楽しむことができたり、昼間は青空の下、読書やうたた寝ができたり……。水辺で彼女と一緒に心地良い時間を過ごせるんです。
次にご注目いただきたいのは、プールエリアの向こう側で存在感を放つガラス張りの建物。
階段を上がって近づいてみると、手前の広々としたデッキテラスに、揺らめく焚き火を取り囲むソファー席、「焚火のリビング」が3つ配置されています。
冬の定番、焼きマシュマロやコーヒーの無料サービスも。
アウトドア派のふたりなら、フードやドリンクを奥のガラス張りのバー「KUROBAR」でテイクアウトし、「焚火のリビング」でぜひロマンティックな時間を共有してみてください。
一方、「KUROBAR」の中に入ってみると、ここはここでムード満点。天井が高く、三方向を大きな窓で囲まれたバーはとても開放的な空間です。
ライトアップされたガーデンエリアを眺めながら、5種類のジンとフルーツを自由に組み合わせられるオリジナルのジン・トニックや、ミクソロジーカクテルをいただけば、日頃の疲れも一気に吹き飛んでしまいますよ。

■ 水辺のガゼボ

営業時間/7:00〜22:00

料金/無料(クラブフロア宿泊者 ※1泊につき1回)、2000円(一般フロア宿泊者)※90分制

予約・お問い合わせ/☎︎0985-21-1113

■ KUROBAR

営業時間/月〜木・祝日・日曜18:00〜23:00、金・土18:00〜24:00

席数/40席

予約・お問い合わせ/☎︎0985-21-1113

NEXT PAGE2/ 4

「うしのみや」で、未体験の肉旅を

宮崎牛尽くしの2時間半の旅へようこそ!

ナイトライフの充実化に成功した「フェニックス・シーガイア・リゾート」ですが、もう1箇所、彼女とのリッチな夜をお約束する場所をご紹介。たった6席だけのエクスクルーシブな「Beef Atelier うしのみや」です。
口の中でとろけるような食感の「宮崎牛ヒレ肉の鉄板焼き」。
あの小山薫堂氏がプロデュースする“牛肉割烹”は、内閣総理大臣賞を3大会連続して受賞した日本一の宮崎牛を、多彩な調理法によって10通り以上のメニューでいただける特別な食体験ができる店。ミニハンバーガーや鉄板焼き、すき焼きなどなど……。フレッシュな青汁によるお腹の準備運動から始まる肉旅では、特上肉のさまざまな部位を、シェフの臨場感溢れる調理で堪能できます。まさに五感をフルに刺激される「うしのみや」は、舌の肥えた肉食女子も大満足させること請け合いです!
■ 牛肉割烹「Beef Atelier うしのみや」
営業時間/18:00 コース開始
席数/6席

予約・お問い合わせ/☎︎0985-21-1113

※宿泊の方は3か月前から、それ以外の方は1か月前から予約受付開始

NEXT PAGE3/ 4

「クラブフロア」がプレミアムな旅をお約束

リッチな旅には、ワンランク上の「クラブフロア」がオススメです

マンゴーイエローが明るい自然光に映える「クラブフロア」の専用ラウンジ。
ナイトライフを満喫したら、一昨年に大リニューアルした「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の部屋でゆっくりとカラダを休めて。全室東向きオーシャンビューの客室ですが、よりラグジュアリーな休日を満喫するなら、36階以上の「クラブフロア」がオススメです。
専用ラウンジでは朝食サービスも。
2階のピローギャラリー。頚椎ラインを計測器で測り、理想的な枕の高さを割り出してから、ベストの枕を選びます。
「クラブフロア」宿泊者にはさまざまな特典が付きます。36階の専用ラウンジを、朝食からティータイム、バータイムまで一日中利用できることをはじめ、フィットネスクラブ「ジ・オーシャンクラブ」で汗を流せたり、最適な枕をフィッティングしてもらうこともできます。さらに昨年11月の「ダンロップフェニックストーナメント」で松山英樹選手がホールワンを決めた名門ゴルフコースを優先的に予約できるなど、ワンランク上のリゾートステイを楽しむための特典が盛りだくさん!

「風待ちテラス」でゆっくり読書にふけっても……

せっかくの休日。2階にオープンした宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」で、店内に置かれた“旅”がテーマの本を手に取って、ゆっくりと読書に耽るのも一興です。宮崎市内のコーヒー豆専門店から直送されるフレッシュな豆を挽いた、ハンドドリップコーヒーや地元の旬な食材を使ったフードをお供に、何時間でもいたくなる居心地良さです。

NEXT PAGE4/ 4

太平洋と黒松林を一望できる客室

気配りの行き届いた客室で優雅な時間を

宮崎の香りをテーマに、マンゴーイエローを基調にした「クラブフロア」の客室はすべて50㎡以上の広々とした仕様。
窓際には、この部屋のために特注された回転式のソファーが置かれており、雄大な太平洋と黒松林が織りなす景色をゆったりと眺められます。
また、細かな心配りを感じるのは、館内着として用意された「モンベル」のベストとサンダル。和テイストのダウンベストは着丈が長めで、「THE LIVING GARDEN」に出るときもサッと羽織れて便利です。
さらに、数あるスイートルームのなかでも2部屋のみに用意された、絶景を楽しめるビューバスが。早朝の日の出から夕方の日没、さらに満月の夜には、海上に映し出された幻想的な“月の道”まで、気分の赴くままに最高の非日常時間に浸ることができますよ。
グルメ、アクティビティ、そして癒し……。時代の流れとともに進化する「フェニックス・シーガイア・リゾート」は、都会の喧騒を離れてエネルギーをチャージするには格好のリゾートです。晴れ間の多い冬の時期こそ、このロケーションの恩恵を最大限に受けられますし、彼女との次の旅先として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

■ フェニックス・シーガイア・リゾート

住所/宮崎県宮崎市山崎町浜山

URL/www.seagaia.co.jp

総合予約センター/☎︎0985-21-1113

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事