• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 名門とはこういうこと。伊勢志摩で最上のくつろぎを提供する至福のリゾートホテル

2017.12.10

名門とはこういうこと。伊勢志摩で最上のくつろぎを提供する至福のリゾートホテル

名門「志摩観光ホテル」にあって全室スイートルームという非日常のラグジュアリーが体験できる「ザ ベイスイート」をご紹介。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

今年も残すところあとわずか。時間の経つスピードに毎年驚いてしまうわけですが、クリスマス、年末年始とイベントシーズンが続く前に、彼女と少しのんびりしたいな……という気持ちになる方も多いのでは?
お気に入りのクルマで、ただ目的地を目指して、ドライブの間は他愛もないことを話したりする……。それだけで愛しい彼女と一緒だったら、最高のリラックスになりそう。
最上階のゲストラウンジでは、眼下に広がる絶景を堪能して。

あの頃の憧れではなく新体験として楽しめる「ザ ベイスイート」

そんな期待を胸に、今回、目指したのは、伊勢志摩の志摩観光ホテル。ここは、バブル絶頂期に諸先輩方が教えてくれた名門ホテル。曰く、綺麗な女性と海を見ながら飲むコーヒーが最高だとか、鮑のステーキが絶品だとか。でもあの頃は仕事もいっぱいあったので若造にはこの長距離デートは無理。だからこのホテルも「あの時代」の追体験として選んだのですが、到着と同時に、そういうのは忘れてしまいました。

建築家・村野藤吾氏の設計による落ち着いた空間で時を過ごす「ザ クラシック」、全室スイートルームで非日常のリゾート体験を満喫できる「ザ ベイスイート」、そして、開業当時の面影を色濃く残し、数々の物語が生まれた場所「ザ クラブ」という3つの異なる個性が溶け合いながら織り成すひとつの世界観。2016年に「G7伊勢志摩サミット」が開催されたことでもその名が広まりました。
PAGE 2
「ザ ベイスイート」のコーナースイート。窓からは海と森が。
そのなかで宿泊したのは、2008年オープンの「ザ ベイスイート」。件の先輩の泊まった当時の志摩観光ホテル(現在は「ザ クラシック」)に負けず劣らずの気品があり、さらに最先端のラグジュアリー感も備えている。あの時代になかった「いまの最高」としてつくられている。だから追体験じゃなく、新体験として堪能するのが礼儀だと、心からそう思ったのです。

例えば、まず巨大な建物に客室がわずか50という贅沢さ。しかもすべて100㎡以上の広さで、原則的に宿泊人数は2名専用(一部3名)。バルコニーから見上げる夜空には満天の星。そしてロビーなど館内には5万個以上の真珠のオブジェ。と、まさに愛する彼女と過ごすためのような、とってもロマンティックなつくり。
レストランも美しい海をパノラマで臨む極上のラグジュアリーな空間レイアウト。もちろん広々としていて、天井も飛び切り高く、そのエアボリュームの豊かさと上質さは、これまで行った海外の超高級リゾートを軽く凌駕するほど。掛け値なしには一級だと言えます。

そして料理も、もちろん最高。地元の鮑や伊勢エビ、牛肉をメインに選べて、四季折々の味覚が愉しめる。デザートも絶品、ワインセラーも充実。また連泊の場合は「ザ クラシック」のほうで同じく地元の滋味を活かした別メニューを、というアレンジもできます。
地元の海の幸を使用したフレンチは長年培った同ホテルの伝統の味を引き継ぎ、さらなる進化を加えたもの。名物は鮑ステーキ。柔らかく、味の奥行きが深いこの美味しさは、これを食べるだけでも大きな価値があると断言できます。
PAGE 3

ホンモノのリゾート気分を味わうプライスレスな時間

客室はというと、前述した通り、最低でも100㎡の、しかもレイアウトは工夫され広々とした間取り。そこにゆったりとしたベッドが「ふたつ」とロマンティックな感じ。
一方、居間スペースもゆったりとしていて、大きなソファに、落ち着きのあるインテリア。窓の向こうに広がる海や森の美しい景色が、邸宅のようにくつろげる癒しの空間を見事に演出してくれます。ホテルから一歩も出なくなっても、絶対に飽きないで楽しく過ごすことができる。つまり「ホンモノのリゾート」ってことなんですね。

ホスピタリティの素晴らしさも開業以来の伝統で、これも世界の高級ホテルに勝るとも劣らない超一流のもの。またゲストラウンジでは、フリーのソフトドリンクを飲みつつ、豊富な蔵書を愉しめるという、うれしい趣向。やはり地元の滋味が味わえる和食レストランや、シックな雰囲気のバーや、屋上庭園も設置……と心から落ち着ける、これぞリゾートなのです。
屋上庭園からは、リアス式海岸を見渡せるほどのパノラマが広がる。
敷地内は国立公園のため周囲は大自然。屋上庭園からはリアス式海岸の美しい景観がパノラマサイズで楽しめる。全50室のみのため、最大でもおよそ100名近くしか宿泊していなくて、広いホテル内は本当に静か。心地よい静寂に身を委ねたくなります。

そして、このホテルのもう一つの大きな魅力が、リゾートホテルでは日本で最初にオープンした「クラランス」のスパトリートメント。アロマの香り漂う心地良い空間でセラピストによる「クラランスタッチ」を心ゆくまで堪能できるのです。彼女が感激すること、間違いなし。慌ただしい日常をエスケープしに、伊勢志摩まで足を伸ばしてみませんか。
四季折々に美しい表情を見せる英虞湾に囲まれながら心身の疲労をリセット。

◆ 志摩観光ホテル ザ ベイスイート

住所/三重県志摩市阿児町賢島(志摩市阿児町神明731番地)
アクセス/東名阪・伊勢自動車道 伊勢西lCから伊勢道路で約40分。
URL/http://www.miyakohotels.ne.jp/shima/
予約・お問い合わせ/☎0120-333-001(宿泊予約センター)平日9:00~22:00 / 土日祝日 9:00 ~ 20:00
料金/5万3400円〜(1室2名利用時1名・1泊2食)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL