• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 知りたい! 最新ホテルの評判とこれからオープンする注目のホテル

2017.07.21

知りたい! 最新ホテルの評判とこれからオープンする注目のホテル

ホテル業界の専門誌『月刊ホテル旅館』編集長の金澤達也さんと、Adelaideclassifieds界隈随一のホテル好きライター大石智子に、この1年に開業した話題のホテルや、今後オープンが予定されている注目のホテルについて語ってもらいました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/小槌 裕子

星のや東京
ここ数年、インバウンドの急増に後押しされて、日本はホテルの建設ラッシュに沸いています。ラグジュアリーからビジネスまで、さまざまなジャンルのホテルが次々とオープンし、専門家によれば2020年の東京オリンピックまで、この勢いは止まらないだろうとのこと。

“ホテルは大人の遊び場”と称してさまざまな使い方を提唱してきたAdelaideclassifiedsとしても、ホテルが増えることは大歓迎。そこで業界の専門誌である『月刊ホテル旅館』編集長の金澤達也さんと、Adelaideclassifieds界隈随一のホテル好きライター大石智子に、この1年に開業した話題のホテルや、今後オープンが予定されている注目のホテルについて語ってもらいました。

さまざまな工夫で素晴らしい世界観を演出する星のや東京

大石 この1年と言うと、星のや東京ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町がちょうど昨年の7月オープンです。

金澤 やはり、星のや東京のインパクトは大きかったですね。都心のビルに日本の旅館をどう表現するかという、誰もしたことのない試みを形にしたわけですから。玄関で靴を脱ぐというのは、いかにも旅館っぽいですが、都心のビルでは窓を開けても美しい景色が楽しめるわけではないですし。かなり難しい挑戦だったと思います。
星のや東京の客室
大石 まさにそこなんですけど。部屋にいて夕方になると、太陽の光が射して格子の柄が幻想的に浮かび上がってくるとか、そういう眺望の弱さをカバーするアイデアは、なるほどと思いました。

金澤 デメリットをメリットに変える工夫が随所に施されていますね。頭上高くに空が望める露天風呂とかも。

大石 あれは星のや軽井沢の温泉と似ていますが、都心のほうがしっくりくる感じがしましたね。
星のや東京の露天風呂
金澤 ワンフロアに6室しかなくて、フロアごとにお茶の間ラウンジがあって24時間使えるというのも贅沢ですね。

大石 私はここのシーツが好きなんです。5つ星ホテルのシーツはイタリアのフレッテ社のものが最高級のお決まりみたいなところがあって、でもここのシーツは国産オリジナル。それもフレッテ社の場合400番手が多いんですが、星のやは500番手とさらに高い。つまりそれだけ緻密で滑らかなんです。あのしなやかな気持ちよさはクセになりますね(笑)。
PAGE 2

都会の絶景を実現したふたつの都市型ラグジュアリーホテル

大石 いわゆるラグジュアリーホテルはどうでしょう? ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町と、先月オープンした、コンラッド大阪あたりは。

金澤 どちらも高層階からの眺望が大きな売りになっていますね。既存のホテルももちろん窓は大きいけれど、全面ガラス張りのようなホテルはあまりないので、そこは都心の景色を楽しむという意味でも差別化のポイントになるでしょう。
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
大石 私、最近泊まって良かったホテルをどこかひとつ選べと言われたら、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町なんです。まず、立地が気持ちいい抜け感があって。そして何より、いま、金澤さんがおっしゃった窓枠がない全面の大きな窓と、窓枠にぴったり付けたデイベッドがある。70平米の部屋だとベッドの長さが3mぐらいあるんです。そこで過ごす時間って絶対に自宅では経験できない!

金澤 それが、わざわざ都心のホテルに泊まる醍醐味ですね。

大石 なんか宙に浮いてるような感じなんです。すごい浮遊感(笑)。恋人とふたりで何もせずにくつろぐのに最高なんじゃないかと思います。
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町の客室「Grand Delux Premier King」
金澤 非常にAdelaideclassifiedsっぽい感想で(笑)。ここはバー「Sky Gallery Lounge Levita」もいいですね。入口が上のフロアから階段で降りてくる形の造りで、2フロア吹き抜けのバースペースは圧巻です。

大石 あの赤プリ跡地っていうのも、大人のオトコ心をくすぐりますよね(笑)。ところでコンラッド大阪はどうですか?
金澤 コンラッド大阪は中之島というアクセスの良いところにあるんですが、一番驚くのが価格設定で、最大級の220平米ぐらいあるスイートでも、25万円程度で泊まれるというのは非常にリーズナブルだなと。

大石 それはいいですね。私の周りでも評判いいです。
コンラッド大阪
金澤
客室はすべて33階以上で、眺望の素晴らしさは絶品です。しかもどの部屋も50平米以上あって、それで4万円台からという値付けは、コンラッドというラグジュアリーブランドでは非常にお値打ちだと思います。
PAGE 3

歴史を取り入れたフォーシーズンズ京都とレジデンス型のアスコット丸の内

大石 昨年の11月にオープンした、フォーシーズンズホテル京都はどうですか? 私はまだ行ってないんですが。
フォーシーズンズホテル京都
金澤 ここは京都の東山という、三十三間堂とか清水寺方面のちょっと高台の土地にあるんですけど、とにかく立地がいいですね。800年の歴史がある「積翠園」という庭園が敷地内にあって、まず庭園ありきと言うか、庭園の眺望が最大限に生かされているんです。

個人的にここで一番いいと思ったのは、庭に面して本格的な数奇屋造りの茶室がありまして。そこが夜だけ、日本酒とシャンパンの楽しめるバーになるんです。庭と池を眺めながら飲めるっていうのは贅沢だなと。
フォーシーズンズホテル京都の部屋
大石 いいですね。ぜひ行ってみたいです。京都は3年前にリッツ・カールトンもできましたけど、そういう外資のハイエンドブランドと和のミックス感ってどうなんでしょう?

金澤 そうですね。最近の日本のホテルだと畳の和洋室を設けていますが、外資系だと畳敷きの部屋まではいかないですね。障子風とか和のテイストは取り入れてくるけど、やはりお客様も外国の方が多いということもあって、洋室の機能性を重視している気がします。

大石 なるほど。ところで、今年の3月にアスコット丸の内東京という、滞在型のホテルがオープンしましたけど、こちらはいかがですか?
アスコット丸の内東京
金澤 アスコットはシンガポールに本社があるレジデンス型のホテルチェーンですが、5つほどあるブランドのうち最高級なのがアスコットで、日本は初上陸です。中長期滞在型ということで、キッチンや洗濯機なども完備していて、マンションに暮らすように住むことができます。

大石 昨年、同じ丸の内にオークウッドプレミア東京も開業しましたけど、そういうレジデンス型のホテルはこれからも増えるんでしょうか?
PAGE 4
アスコット丸の内東京の客室
金澤 1泊5万円弱で、シティホテルほどの手厚いサービスはないけれど、スタッフもいるし、大手町の高層階にあるので眺望も交通の便もいい。

長期滞在は外資の役員クラスとか、使う人は限られるかもしれないけれど、短期利用も可能ですからね。外国人観光客でも富裕層だと1週間から10日ぐらいの滞在が普通なので、家族で泊まったりするのには、むしろシティホテルより楽かもしれません。今後も増えていく可能性が高いんじゃないでしょうか。

ここ2~3年で全国に開業予定の注目のホテルとは

大石 東京はこれからも、どんどんホテルの建設が予定されていますが、金澤さん的に注目しているのはどんなホテルですか?
ハイアット セントリック 銀座 東京
金澤 まずは来年春、銀座6丁目に開業予定の、ハイアット セントリック 銀座 東京ですかね。これはハイアットの日本初進出となるライフスタイルブランドホテルで、同じグループのアンダーズなどに近い、お洒落で先鋭的なホテルになるのではないかと思います。

大石 それは楽しみですね。

金澤 しかもハイアットは2020年に金沢にも2つのホテルを建てる予定で、ひとつは銀座と同じセントリック。もうひとつはハイアットハウスと言って、これも日本初進出となりますが、中長期滞在型のホテルとなります。
金沢のハイアットセントリックとハイアットハウス
大石 北陸新幹線も開通して金沢はアクセスも良くなりましたからね。

金澤 そうなんです。他には都内だと2020年にマリオットが銀座と虎ノ門の2カ所にラグジュアリー・ライフスタイルホテルのエディションを開業すると発表がありました。これはライフスタイルホテルの元祖と呼ばれるMORGANS NEWYORK(モーガンズニューヨーク)をプロデュースしたイアン・シュレーガーと建築家の隈研吾がタッグを組むという点でも非常に注目です。
PAGE 5
エディション ロンドン
大石 エディションはロンドンやニューヨークにもありますが、居心地のよさと格好よさを兼ね備えたデザインで、東京版はどうなるのか気になります。

金澤 はい。ほかにもマリオットは今年の秋にデザイナーズホテルブランドのモクシー東京錦糸町モクシー大阪本町も開業します。こちらは20~30代の若者に向けたデザインコンシャスなホテルになりそうです。
あとはアコーホテルズがプルマン東京田町という日本初進出のブランドホテルをオープンします。アコーは、近年、日本ではイビスというバジェットホテルを中心に展開していたのですが、今回のプルマンはアコーの中でもかなりラグジュアリーな位置づけなので楽しみですね。
モクシ―大阪本町
プルマン東京田町
大石 4つ星のイメージですね。プルマンのできる田町って、これまでは洗練されたイメージがなかったですけど、品川とか羽田にも近いので意外に海外のビジネスマンには使い勝手がいいかもしれませんね。最後に、金澤さんが東京以外で注目されている地域はありますか?

金澤 さきほどの金沢もそうですが、ほかには奈良ですね。実は奈良は47都道府県で一番宿泊施設が少ない土地だったんです。観光に行くにしても、皆、泊まりは大阪か京都で。ホテルも奈良ホテル以外はホテル日航奈良とか数える程しかありませんでした。
それが、これもマリオットなんですけど、2020年に日本初進出となる最高級ホテルブランドのJWマリオットホテル奈良を開業することになったんです。また、明日香村に星野リゾートがホテルを建設するという話もあります。他にも奈良には今後面白いホテルが増えるんじゃないでしょうか。

大石 そうなんですね。それは楽しみです。今日はありがとうございました。

● 金澤 達也

「月刊ホテル旅館」編集長。1979年生まれ。2003年、立命館大学法学部卒。2004年、株式会社柴田書店入社。「taste magazine」編集部に配属。2005年、「月刊ホテル旅館」編集部に配属。2017年より編集長。 

● 大石 智子 

出版社勤務後フリーランス・ライターに。ホテル、飲食店、インタビュー取材を行う。「東京カレンダー」ではホテル連載を担当し、GQ Blogでは海外のホテルネタを更新中。最近のお気に入りのホテルはバルセロナの「COTTON HOUSE」。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL