• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • かの人の愛したホテル(後)~古川ロッパ、フィヨドール・イワノビッチ・シャリアピン

2017.07.21

かの人の愛したホテル(後)~古川ロッパ、フィヨドール・イワノビッチ・シャリアピン

富士屋ホテルの全メニュー制覇!? 帝国ホテルのシャリアピンステーキはこうして生まれた。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/川田 剛史

前回に引き続き、ホテルと著名人のエピソードをご紹介する本企画。第2回は演芸、芸術の道に生きた方々にまつわる逸話をご紹介します。 
PAGE 2

◆ 富士屋ホテル/箱根 

なんと全メニューを制覇したあの喜劇人

昭和のコメディアンとして知られる古川ロッパは、エッセイストとしても活躍していました。彼が愛したのは箱根の富士屋ホテルです。晩年の作品『ロッパの悲食記』のなかの「富士屋ホテル」という一篇にて、当時の食事についての面白い記述がありまして。

エッセイは「箱根宮の下の富士屋ホテルは、われら食子にとって、忘れられない美味の国だった」との一文から始まり、戦前、戦中の回想や戦後の宿泊時の食事のエピソードを紹介。
1930年頃の富士屋ホテル。向かって右端が食堂棟になっています
1930年に完成した館内のメインダイニングが「ザ・フジヤ」。上が現在、下が戦前の様子です。戦前の雰囲気がいまもそのまま大切にされています
このエッセイを読んで驚かされるのが、富士屋ホテルでの食堂メニュー全制覇です。「僕が此処へ来る度に、大分以前から考えている企画なので、食堂のメニュウを上から下まで全部食ってみよう、という試みなのである」(『ロッパの悲食記』)。

ロッパは前菜や野菜に魚、肉、デザートなど全14種類の制覇に挑戦し、メニューまで丁寧に記録しています。しかも「わが糖尿病に栄光あれ」の一言とともにこれらをぺろりと平らげるあたりが、さすが大物喜劇人。

なにせ、数十年前の逸話ですから、当時と同じものはないだろうと思いきや、さまざまなメニューがいまも提供されていました。ここでその一部をご紹介。ただし、ロッパが食べた当時とレシピがまったく同じかどうかは不明ですので悪しからず。
PAGE 3
現在の伊勢エビカレー。当時のランチメニューにも「プロウン・カレー・アンド・ライス」として記されています
甘いものも大歓迎だったというロッパ。制覇したメニューに含まれていた、クレープ シュゼットは現在も提供されています
いまや「大食い」はテレビの人気コンテンツ。しかし、それを何十年も先駆けてネタにしてしまうとは、なんたるセンス! 読者諸兄はくれぐれも、ロッパの真似をしてお腹を壊さないようご注意ください

◆ 富士屋ホテル

住所/神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
URL/www.fujiyahotel.jp/
予約・お問い合わせ/☎0460-82-2211

PAGE 4

◆ 帝国ホテル 東京

シャリアピンステーキの由来をご存じ?

グルメの皆さんなら、シャリアピンステーキと聞けば、どんなものかお分かりになるはず。はい、あのとても柔らかくてソースを使わない特別なステーキです。でも、このステーキの誕生の経緯を知らない方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

実はシャリアピンステーキの名前はロシアの声楽家に由来し、帝国ホテルで生まれました。1934年、日本公演で来日した声楽家 フィヨドール・イワノビッチ・シャリアピン氏は、帝国ホテルに滞在し、毎日館内のレストラン「ニューグリル」を利用していたのです。

ところが歯が痛くなり、好物のステーキが食べられない悲劇が彼を襲います。

「なにか柔らかい肉料理ができないか?」というシャリアピン氏の要望に応えたのが、当時の「ニューグリル」料理長であった筒井福夫氏。彼の生み出したステーキをシャリアピン氏は、いたく気に入り、よく注文していたそうです。
誕生から80年以上を経ていまなお人気の高いシャリアピンステーキ(写真)。現在、ホテルショップ「ガルガンチュワ」では派生メニューのシャリアピンパイも販売されています
では、ここでシャリアピンステーキの特徴をご紹介しましょう。筒井料理長は薄く伸ばした牛肉をすり下ろした玉ねぎに漬け込み、塩コショウで味を調えて焼き、その上にバターでいためた玉ねぎを乗せて提供していました。ヒントになったのはなんとすき焼き。牛肉とねぎの相性の良さから、玉ねぎを使うことを思いついたんだとか。

この話題は当時の総支配人、犬丸徹三氏の耳に届き、シャリアピン氏の許可の元、シャリアピンステーキと命名されて、正式なメニューの仲間入りを果たしたのです。

以来、80年以上に渡り、愛されてきたステーキは、もちろん現在も名物メニュー。残念ながら、「ニューグリル」は現存していませんが、本館地下1階にあるトラディショナルダイニング「ラ ブラスリー」でいただくことができます。
現在、シャリアピンステーキを提供する「ラ ブラスリー」。歴代の料理長が守ってきた伝統の味をいまも継承しているレストランです
もし「シャリアピンステーキの由来、知ってる?」なんて、彼女に得意げに話すなら、帝国ホテルのオリジナルを食べたことがなくちゃ、格好がつきませんのでご注意を。

◆ 帝国ホテル 東京

住所/東京都千代田区内幸町1-1-1
URL/www.imperialhotel.co.jp
予約・お問い合わせ/☎03-3504-1111(代表)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL