• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 昭和の時代から愛され続ける名旅館でしっぽりお籠りステイを/後編

2017.06.20

昭和の時代から愛され続ける名旅館でしっぽりお籠りステイを/後編

CATEGORIES :
CREDIT :

文/福田 豊(龍言、湯之島館)、いとうゆうじ(滝亭)

【温泉御宿 龍言(魚沼)】【下呂温泉 湯之島館(岐阜)】【滝亭(金沢)】

古き良き日本の風情を楽しめる名旅館のご紹介、第2回は昭和に誕生し、「昭和を感じる宿といえばここ」というオススメの3軒をご紹介させていただきます(第1回はこちら)。

昨今のリノベーションブームで平成生まれの和モダンなデザイナーズホテル&旅館も百花繚乱ですが、やはり長く続く歴史の魅力は格別。

昭和を感じる=つまり、懐かしくも逆に新しい、世代を超えた魅力あふれる宿は、彼女とあなたの関係にもきっと新しい刺激を与えてくれるはず。時空を超えて日本情緒を楽しむ旅に出てみませんか?

風情とくつろぎと美味を心から愉しめる「龍言」

越後の六日町温泉にある「龍言」という宿。そう、本気の雪国。そんな雪国ならではの仕掛けが、ある意味、非日常なんですね。昭和44年に現在の内玄関部分で創業。

龍言ならではの大きな魅力は、約40年をかけて、当地に立っていた庄屋や豪農の館およそ16棟を徐々に移築し、連ねて造られている、ということ。

それもすべてが江戸時代の文化、文政年代の古民家ばかりで、そのため柱も梁が太く立派で、実に趣があります。また各棟を結ぶ回廊も古材を再利用し、建具や金具などの多くも当時のもの。だから雪国独特の風情を深く味わえるのです。
各部屋から望める庭園も見事。四季折々の自然が楽しめ、当然冬は雪景色に。
各部屋から望める庭園も見事。四季折々の自然が楽しめ、当然冬は雪景色に。
さらに施設の広さも龍言の魅力のひとつ。聞けば、40年にわたって古民家を探しながら敷地も拡大していったそうで、約1万6000坪という広大さ。庭だけでも約4000坪もあり、四季折々の眺めが味わえる。もちろん温泉も広く、露店と屋内の全8つ。一日中宿にいてもまったく飽きません。

また、そんな広さに対して部屋数がわずか32室というのも、ならでは。実は、広間や風呂などの各所が皆広々していて、客室もすべてが10畳以上。ですから宿泊していて本当にゆったり寛げる。しかもどの部屋も古民家だからそれぞれの造りが違う。ゆえに何度訪れても新鮮なのですよ。
将棋の「竜王戦」でも使用されるぐらい、随所に“日本の宿”の情緒がある。
将棋の「竜王戦」でも使用されるぐらい、随所に“日本の宿”の情緒がある。
そして、とっても食事が美味しい! 食材はすべて地元のもの。調理も昔のまま。つまり、ご飯を釜で炊き、魚を炭で焼き、ゴボウと豆の煮付けなんかを宿のおばあちゃんが煮て、漬物もおばあちゃんが漬ける。要するに、ごくごく素朴なものばかり。

でも、そんな気負いがないところが、逆に素晴らしい。だってこの地は、水がいい。お米がいい。川魚がいい。野菜がいい。ならば美味しくないわけがない。魚沼地鶏鍋というのも素朴で美味しかったなぁ。

さらに忘れちゃいけないのが、そう、日本酒の美味さ。特に美味だったのが「八海山の原酒」というので、あの深味はそのままに、日本酒特有の甘さのないさわやかな飲み口。だから普段は日本酒をあまり嗜まない方でも、きっと気に入る。断然、おすすめですよ。

温泉御宿 龍言

住所/新潟県南魚沼市坂戸79
URL/
予約・お問い合わせ/☎025-772-3470
●料金/2万3760円~(1泊2食ひとり、入湯税別途)。あの渡辺淳一先生の『かりそめ』に登場する「旅館」がここ。各部屋から望める庭園も見事。車で40分ほどの距離にゴルフ場が3つもあり、スキー場も車で15~20分とさらに近くにある。

NEXT PAGE2/ 3

格式ある老舗宿の特別室で特別なひとときを「下呂温泉 湯之島館」

格式ある老舗宿の特別室で特別なひとときを「下呂温泉 湯之島館」

まさしくクラシックの名門、岐阜県の下呂温泉にある「湯之島館」という高名な宿。湯之島館はそもそも86年前の昭和6年に中京地区の奥座敷として創業。文人や芸術家、政治家、財界人など数多の名士たちが愛顧をする格式の高い老舗です。

なので、若い女子には新鮮な魅力。大人な女子にはその格式の高さがうれしい。そして、そんなクラシックの名宿に連れて行くことはオヤジの洒脱さを物語る。名古屋周辺に在住のオヤジさんなどには実際に、湯之島館が子供の頃からの行きつけの宿だ、という洒脱なオヤジさんも多くおられるのではないでしょうか。

湯之島館はその独特の佇まいも素晴らしい魅力です。敷地は山ひとつ丸ごとの5万坪の広さ。そこに創業者の、可能な限り木を切らず、山を削らず、というこだわりで建物が建てられたため山の斜面に各棟が迷路のように廊下でつなげられ、それがなんとも言えない独特の風情。

飛騨の名匠が腕を振るった木造造りは登録有形文化財に指定されており、それをわざわざ見るために訪れる有名建築家もいます。また、大人の男女の社交場として建てられたダンスホールやサンルームなどのある洋館造りの棟は昭和モダンの雰囲気が味わえる。
往時の“粋”を感じられる昭和ロマン満載の世界観に浸りたい。
往時の“粋”を感じられる昭和ロマン満載の世界観に浸りたい。
そして、もちろん湯之島館の最大の魅力は泊まり心地の良さです。なんたって下呂温泉は日本三大名泉と謳われるもの。しかも湯之島館は文字通りの源泉掛け流しで、高温のため冷まさないと浸かれないほど。お肌がスベスベになって女性は絶対に大満足です。

可能な限り木を切らず山を削らなかったために80年以上前の自然がそのまま残るのも素晴らしい魅力。それこそ樹齢ウン百年の大木があちらこちらにそびえ、しかも各棟が離れているので周囲は木々に深く囲まれ、それこそ昭和初期の一軒家のような趣がある。

で、そんな湯之島館で特にオヤジさんにオススメなのが別館特別室の春慶荘や露天付きの部屋です。部屋のしつらえはどこか懐かしさのある純和風で彼女とふたりでゆっくりと落ち着ける。

それでお茶など飲みつつひと休みをして、前記の迷路のような廊下をふたりで散歩して行って、まず露天の大風呂へ。そうして浴衣に着替えればさらにゆったりと寛げちゃう。
天皇皇后両陛下がご滞在された絶景の貴賓室「七重八重之間」も宿泊可能。
天皇皇后両陛下がご滞在された絶景の貴賓室「七重八重之間」も宿泊可能。
で、そんなこんなをしていると、夕食が部屋に運ばれてくる。それがまた飛騨川の清冽で透明な流れで育った川魚や、地元のブランド牛の飛騨牛や、各地の旬の魚介類や地元の野菜を使用した懐石仕立てで、素晴らしく美味。お酒も豊富に揃えられていて、つい飲みすぎちゃったりする。

そうして、ほろ酔い気分で彼女とふたりで仲良く部屋の露天風呂に浸かって、後はウフフフ、と。というように湯之島館はすべてが恋するオヤジさんにうってつけ。お泊まりドライブデートに最高の選択となる名宿なのです。

下呂温泉 湯之島館

住所/岐阜県下呂市湯之島645番地
URL/
予約・お問い合わせ/☎0576-25-4126
●料金/1万7388円~(1泊2食ひとり、消費税・入湯税別途)。洋館造りの棟も創業当時に建てられたもので、サンルームやビリヤード場など、昭和モダンの雰囲気を味わえる。ダンスホールも当時の姿ほぼそのままで、当時の大人の洒脱なナイトライフを楽しめる。
※この企画は「温泉御宿 龍言」2010年4月号
「下呂温泉 湯之島館」2013年11月号
「滝亭」2015年12月号
の記事を再編集したものです。

NEXT PAGE3/ 3

ふたりきりで過ごせる空間をいたるところで満喫できる「滝亭」

ふたりきりで過ごせる空間をいたるところで満喫できる「滝亭」

今、金沢は大人気の観光地(北陸新幹線も開通しましたしね)。そこで観光のついでに温泉も、と欲張って見つけたのが「滝亭」。

特筆すべきはそのロケーションで観光にも便利な市街地から15分以内という近さに加え、3000坪もの敷地の眼前には日本海へと注ぐ犀川も流れている。宿名の由来となった裏山から流れ落ちる滝は、金沢城へ引かれた辰巳用水のこぼれ水。

このふたつとない立地、先々代の主人が「訪れる人を景色でもてなすため」発見したのだそう。今回宿泊したのは、和洋折衷のモダンなデザインの辰巳亭のお部屋。インテリアは金沢の街並みのようなレトロシックで、これはいかにも女性が喜んでくれそうな設えです。

また客室で飲む分にはドリンクの持ち込みもフリーなので、露店風呂に入りながらお気に入りのシャンパンで乾杯、なんて楽しみ方も。温泉は弱アルカリ性の別名「つるつるの湯」で、これもネーミングからして女性の心とカラダに効きそうです。
辰巳亭は全室スイート。大正モダンなデザインでベッドタイプなので過ごしやすい。
辰巳亭は全室スイート。大正モダンなデザインでベッドタイプなので過ごしやすい。
そして、北陸がいま、人気の観光地である理由のひとつが食事です。九谷焼など、使われている食器を愛でる楽しさもあるうえに、関東風でも関西風でもない、独特のダシの利いた薄い味付けが厳選された素材の旨味を絶妙に引き出し、舌を楽しませてくれるからです。

実は金沢は能登牛もあれば加賀野菜に川魚と、なんでも揃う食材の宝庫。特に海の幸は日本海も近く、七尾湾で獲れたものを生きたまま運んだ新鮮なものが味わえる。滝亭でも、冬は石川県のブランドガニである加能ガニの鍋が人気だとか。
和と洋が融合した開放感あふれるラウンジもムード満点。
和と洋が融合した開放感あふれるラウンジもムード満点。
というように、市街地に近いのに川や滝といった自然に恵まれた立地と、贅沢な食材に支えられた美食という魅力を兼ね備えた滝亭は、ロングドライブの目的地にもふさわしいお宿、と言えそう。

ドライブデートですから、翌朝は新幹線の発車時刻を気にするでもなく、おもてなしの心に溢れた城下町・金沢の街をゆっくりしっぽり散策する~、なんていう旅はいかがですか。

滝亭

住所/石川県金沢市末町23-10
URL/
予約・お問い合わせ/☎076-229-1122
●料金/2万3000円~(1泊2食ひとり、入湯税別途)。金沢市街から近いロケーションにある川端の湯宿。里山に抱かれ、四季折々の日本の原風景を愛でられるのもポイント。辰巳亭はカップルにも人気が高く、大正モダンデザインで過ごしやすい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事