2017.01.18

”舌”で味わうハイエンドなカリフォルニア

CATEGORIES :

オヤジの旅にはラグジュアリーさが不可欠です。ずっと乗っていたくなる空の時間、感性を刺激する星つきホテル、シーズナルかつシグニチャーな食事。それらは旅の記憶を忘れえぬ思い出に変えてくれるものです。セレブなバカンス第三弾でお送りするのは、そんな“ハイエンド”をテーマにしたカリフォルニアの旅。舌、体験、空間の3つに分けた、ハイエンドでモテる魅惑のスポットをお楽しみください。

取材協力/カリフォルニア観光局 <www.visitcalifornia.jp>
ソノマカウンティ観光局 <www.sonomacounty.com/>
バークレー観光局 <www.visitberkeley.com>
サンフランシスコ観光協会 <www.sftravel.com/ja>

WINERY@フリーマンワイナリー

In SONOMA/ソノマ

カリフォルニアといえばワイン。カリフォルニアワインといえばナパですが、実はもうひとつワイナリーとして有名なソノマをご存知でしょうか。ソノマは自然と食材に恵まれた都市。ワイナリーの数はナパと同じ400件以上あり、さらにソノマには隠れた名ワイナリーが多く点在しているので、新しいワインと出合いたければソノマが断然オススメです。さらに海、森、サファリまであるのでアウトドアファンも多く、アメリカならではの雄大な風景をカヤックやサイクリングで感じることができます。

そのソノマで、女性で、それも日本人のワイナリーオーナー兼醸造家であるのがアキコ・フリーマンさん。“ぶとうの味を壊さないように”がテーマのこちらでは、井戸水で生活しているため有機栽培に徹しているそうです。そのため、素材の繊細さが損なわれていない、クリアで澄んだ味わいのワインが楽しめます。フランスワインのような豊かな広がりと、キリッとエッジの立ったおいし〜いワインは予約見学ができるので、まったり❤︎な時間を過ごすのにぴったり。フリーマンワイナリーのワインは、ピノノワールが6種。うち3種は、エノテカ、伊勢丹、松屋など日本で購入することもできるので、ぜひお試しあれ!

PAGE 2

LUNCH@ザ・ガーデンコート

In San Francisco/サンフランシスコ

サンフランシスコでのランチは、ヘルシー志向の彼女を満足させる、グリーンドレッシングのオリジンと言われるサラダがオススメ。それを味わえるのが、1875年創業、1909年にリニューアルした、パレスホテル内にあるシグネチャーレストラン「the Garden Court」です。マストでオーダーすべきは『パレスシグネチャークラブサラダ』。このパレスグリーンゴッデスドレッシングがとても有名で、グリーンドレッシングのオリジンと言われています。

空間も素晴らしく、ミラノの巨大アーケードを思わせる圧巻のガラス天井には7万2000枚ものステンドグラスが使われていて、ひとつ750ポンドある巨大シャンデリアがガラス天井を彩ります。営業はブレックファストとランチのみで、週末とホリデーには人気のアフタヌーンティが楽しめるのでそちらもオススメ。

PAGE 3

DINNER@グリル セントレジス サンフランシスコ

In San Francisco/サンフランシスコ

サンフランシスコの滞在をさらに魅力的にするのは、スタイリッシュ五ツ星ホテル、St.Regis San Franciscoの『Grill』でいただくカリフォルニアディナー。地元の季節食材を丁寧かつ贅沢に使ったカリフォルニア料理を、ナパやソノマのワインとともに堪能できるので、舌で味わうカリフォルニアの旅にはうってつけ。ドレスコードはスマートカジュアルですが、スーツでビシッとドレスアップして出かけたくなるモダンでクールな空間もまた、大人なふたりにふさわしいのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL