• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 京都でスゴイお宿を見つけた! 「そわか(SOWAKA)」のすべて

2019.03.18

京都でスゴイお宿を見つけた! 「そわか(SOWAKA)」のすべて

築100年以上の歴史を持つ数寄屋造りの建物をスモールラグジュアリーなお宿にリノベーションした「そわか(SOWAKA)」。3月25日のグランドオープンを前に、その内部を公開します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/高嶋克郎

「そうだ、京都行こう」と思いたつのはよいけれど、悩むのが「どこ泊まる?」問題。ざっくりと分けて、Adelaideclassifieds.JP読者向け京都の宿には3種類あります。

まず、昔ながらの旅館。俵屋や柊屋、炭屋が御三家と呼ばれる老舗旅館はいまも昔も京都を旅する人たちの憧れでしょう。

次に、オープン相次ぐ外資系ラグジュアリーホテル。2016年にフォーシーズンズホテルが開業したのは記憶に新しく、今秋にもアマン京都のオープンが予定されています。

そして、最後にいま特に人気を集めているのがスモールラグジュアリーなお宿。部屋数は数十室とそう多くないものの、細部まで行き届いた美意識とホスピタリティで、滞在する人を癒してくれるお宿がいま京都に増えつつあります。

今日はその中でも3月25日にグランドオープンを控え、いまもっとも注目されているお宿「そわか(SOWAKA)」をご紹介。これが実に美しい、まさにスモールでラグジュアリーな空間なのでありました。

◆ そわか(SOWAKA)

場所は祇園八坂。八坂神社の南門より徒歩数十秒という好立地。
緑ののれんが目印のさりげない入口。祇園八坂の街並みにすんなり溶け込む様子に、新しいお宿という印象はありません。それもそのはず、こちらは、明治から大正にかけて完成された築100年超の数寄屋造りの屋敷をそのまま使用しているのです。

3年ほど前まで有名料亭として使われてきたこの屋敷を、このほど全面的に手を入れてスモールラグジュアリーなお宿として生き返らせたのが「そわか(SOWAKA)」だというわけ。
PAGE 2
ラウンジでひときわ目をひくこれは…
ラウンジに置かれていたアートピース。なんだろう?と上にかけられたよしずをめくってみたら、なんとそこには井戸が。深さおよそ60メートルだそう。
料亭時代にはここに厨房があったそうで、ここから水を汲んでいたのでしょう。建物の中に井戸があるなんて、どこかミステリアス。旅先に置いていきたい思いをそっと井戸の中へつぶやいたりして(笑)。
設計を手がけたのは、京都の伝統的な町家を活かした建築でも知られる新進気鋭の建築家、魚谷繁礼氏。100年以上の歴史をもつ空間や意匠と、現代の機能性が出会い、生まれた客室は本館11室と新たに増築される新館12室のわずか23室です。そのひとつとして同じものがないユニークな客室をいくつかご紹介してまいりましょう。
PAGE 3

プライベートガーデンつきのデラックスルーム102

室内に設えられた広縁から望めるのは玉砂利を敷いたプライベートガーデン。51㎡と広い客室が、お庭というヌケがあることでより広々と感じられるデラックスルームです。この客室で印象的だったのはモダンな印象を与える水玉模様の欄間。
102号室の欄間。
こちらは修学院離宮の欄間の写しだそうで、こんなキュートな意匠があることに驚きました。そしてこの水玉模様からインスパイアされて、唐紙(上)も水の文様になっているのだそう。お部屋ごとに異なる意匠を探していくのも楽しそうです。
PAGE 4

茶室つきのメゾネット104

こちらも気になった客室。料亭時代に密談が行われていたのでしょうか(笑)。静謐な茶室がついたメゾネットタイプのデラックスルームです。
昭和40年代の新聞紙にくるまれた炭。
この茶室には当然水屋もついていて、そこの床下で発見したのがこの炭。なんと昭和40年代の新聞紙にくるまれ、ひっそりと床下に置かれていました。悠久の時が眠っているようなこの空間で時を過ごせば、ちょっとした心配事や日々の些事はどうでもよくなりそうですね。

そしてこのお部屋はメゾネットタイプなので、浴室が2階にあるのもユニークなポイント。バスタブの前に庭を眼下に望む居室が設けられているので、風呂上がりにここで涼むのは心地よいだろうなぁ。
そうそう、このアメニティも特筆ものでした。アメニティは京都の「かづら清老舗」。自社搾油の椿油など、ヘアケアプロダクトやかんざりで知られた老舗です。アメニティがいいとそれだけでその宿の印象が上がるものですね。
PAGE 5
さて、美しい庭を廊下ごしに眺めながら歩を進めますと、到着するのは新館。このほど、本館に隣接する土地に新しく増築された空間です。
「新しく」と書いたものの、その雰囲気は本館と同じく、伝統と歴史のあたたかみを感じさせるもの。京都の中心地にいるとは思えない静かさでリラックスできました。

新館坪庭ビュー縁側つき208

町家のように細長い客室一面に坪庭をつくり、大きく開いた窓から外へも出られて解放感のあるお部屋。もう少しあたたかくなったらプライベートな縁側でぼんやりと読書するのも心地よさそう。
この新館は、客室同士が接することのないようにゆとりをもってレイアウトされており、各部屋の入口は、京都の路地を歩くように共用の廊下から少し入ったところにあります。まるで京都の別邸のようにプライベート感をもって滞在できるので、おしのび旅行にも(笑)。
この新館にはこの春、レストラン「ラ・ボンバンス」がオープン予定。イノベーティブな和食で知られる名店の初京都出店も待ち遠しいですね。

京都の伝統と職人技、そして現代の美意識が息づくスモールラグジュアリーなお宿の誕生、ぜひご自身の目でお確かめください。

■ そわか(SOWAKA)

住 所/京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町 480
予約・お問合せ/075-541-5323
HP/

アクセス/JR 『京都駅』よりタクシーで約15分
京阪電鉄『祇園四条』駅より徒歩約10分
阪急電鉄『河原町』駅より徒歩約14分

客室数/23室
*本館10室(27㎡~97㎡)離れ1室(34㎡)新 館12室(35㎡~70㎡)
*客室料金(一泊一室)

本館:スタンダード:27㎡ 3万円~、スーペリア:32㎡ 4万7000円~、デラックス:50㎡ 6万7000円~、スイート:97㎡ 12万円~
新館:スタンダード:35㎡ 3万5000円~、デラックス:44㎡ 5万3000円~
離れ:34㎡ 4万円~

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL