2019.03.25

SPONSORED

■ 新幹線のファーストクラス「グランクラス」

デキるオヤジは新幹線で心地いい〜!

時間に投資するのがデキるオヤジ。鉄道の常識を覆すシートに加え、軽食やドリンクメニューを進化させた最新の「グランクラス」を利用すれば移動時間の価値がよりいっそう高まるはずですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/川田有二 スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/古川 純 文/甘利美緒

2019年5月号より

心地よい移動手段こそが
デキるオヤジを育てる!

お金のかけ方にはその人の価値観が反映されるのは言わずもがな。つまり、仕事やプライベートをスマートにこなすオヤジさんほど、時間を有効活用するための投資は可能な限り惜しまないということなのです。なかでも「移動」に関しての選択はより顕著なものでしょう。
専用シートに深く包まれ、オヤジさんも終始リラックス。シャツ2万5000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万4000円/ともにエストネーション、ベスト4万1000円/ラルディーニ(ラルディーニ東京店)、メガネ4万円/アイヴァン(オブジェ・イースト)、時計103万円/ゼニス
そこで移動中にワンランクアップの“心地よさ”を追求するオヤジさんにご提案です。それは、いつも利用している新幹線のグリーン車から、ワンランク上の車両“グランクラス”へアップグレードをしてみること。よりリッチで快適性を高めたリクライニングシートで存分にくつろいだり、本格的な味わいで小腹を満たせる軽食・茶菓や選りすぐりの名酒を堪能しながら移動時間を過ごせます。しかもコチラは“一車両18席のみ”と稀少性も十分。そのプラチナシートに座る権利を手に入れれば、優越感に浸れ、さらにイイ気分になれるでしょう。ちなみに現在、東北・北海道新幹線、北陸新幹線に加え上越新幹線にも導入。ぜひこの“心地よさ”を体感してみてください!
PAGE 2

■ Special Point 

「グランクラス」は座った瞬間から
"心地いい!"が溢れています

心地いい!理由 【1】

長時間でも疲れ知らずな独立シート

一度座ったらその快適度にハマります

グランクラスで体感すべきは、やはり座席のクオリティの高さ。シートはバックシェルタイプゆえ、後ろの人を気にしなくて済みますし前の席のシートが倒れて狭くなることも皆無。最大45度リクライニングし、包み込まれるような感覚に。

心地いい!理由 【2】

名店監修の軽食も丁度いい!な小腹サイズ

匠の技で軽食がグレードアップ

グランクラスは、軽食付きサービスが一部あるのも魅力。2019年4月1日からは、「日本料理 一凛」の橋本幹造氏が沿線地域の旬の食材を活かして考案した和軽食や、同じく4月1日から「TRAIN SUITE 四季島」料理監修に就任するホテルメトロポリタンエドモント総料理長の岩崎 均氏が監修するパウンドケーキを楽しめますよ。
PAGE 3

心地いい!理由 【3】

地方の名酒を厳選セレクト

目利き厳選のボトルを楽しめる!

アルコールにもこだわりのラインナップが味わえるのも、グランクラスの魅力。日本酒の銘柄は「はせがわ酒店」が厳選し、東北・北海道新幹線では宮城県「伯楽星 純米大吟醸」が、北陸新幹線では石川県「天狗舞 純米大吟醸」が供されます。

[Information]
プライベート空間で上質な移動を

運賃・料金の例(2019年3月現在)
上越新幹線 通常期(東京―新潟※片道)の場合(大人)

● 普通車指定席/1万570円
● グリーン車/1万4160円(普通車指定席+3590円)
● グランクラス/1万7250円(普通車指定席+6680円)

※上越新幹線や一部の東北・北海道新幹線、北陸新幹線の「グランクラス(飲料・軽食なし)」では、車内アテンダントによる軽食・ドリンク等のサービスはありません。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

JR東日本


エストネーション 0120-503-971
オブジェ・イースト 03-3538-3456
ゼニス 03-5524-6420
ラルディーニ東京店 03-5224-3880

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL