• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 隠れたがり男子を興奮させる、伊東の秘宿。温泉も料理も絶品です

2019.02.17

隠れたがり男子を興奮させる、伊東の秘宿。温泉も料理も絶品です

海が見えるメゾネット棟3棟と平屋棟3棟、木々に囲まれた森の平屋棟3棟の離れ9棟で構成された大人の隠れ家、「源泉と離れのお宿 月」。青空と海もいいですが、満月の夜に海面に映し出されるムーンロードもなんとも幻想的です。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/いとうゆうじ

伊東への道のりは、緑の山あいだったり、海沿いを走るルートだったりして、ドライブコースとしてちょうどいい。ただ、今回ご紹介する「源泉と離れのお宿 月」を目指す場合はちょっとご注意。カーナビに住所を入れても表示されないこともある、まさに隠れ家的立地なのです。だから、辿り着くと、それだけでホッとしたりする……。

何度でも隠れに行きたい隠れ宿は、海には開放的なんです

案内されて客室のドアを開けた途端、ダイナミックな景色とともに、ほんのり硫黄の香り。あれ? ここは伊豆だったよなぁと思い、話を聞くと、こちら伊豆で唯一といわれる硫黄泉の宿だったのです。
その湯を存分に楽しめるように、全客室に源泉かけ流しの露天風呂が。そして、そのほとんどのお風呂からは、相模湾を見渡す大絶景が展開。客室はフローリングにベッド、掘りごたつ式のテーブルを設置した和洋折衷なデザイン。テラスにある籐製のチェアや畳スペースにある背の低いソファで風呂上がりの一杯を楽しんだあとにごろりと昼寝なんていうのも最高です。
敷地内を歩いてみると、それぞれの客室が完全独立式の棟となっており、これがきっちりプライバシーを守ってくれる理由なのか、と納得。だからこそ、全国から隠れたがる遊び好き大人の男が集うのでしょうね。
PAGE 2

ミステリアスな創作メニューはまさに宝の山でした

そして伊東の宿のお楽しみのひとつが料理。期待に違わず、いえ、期待以上に海の幸がふんだんに楽しめます。お造りには、薬味として、その場ですり下ろすわさび、青とうがらし、とろろ昆布などが添えられており、好みに拾わせて刺身を食べられる工夫もある。
夕食は「創作懐石フルコース」。伊豆の海の幸や地元の旬の野菜を使った目にも鮮やかな料理が並ぶ。
料理のスタイルは、和食をベースにした創作料理。あえて創作と名乗る理由をたずねると「お客さまはすでにおいしいものを知っている方が多いので、普通ではダメなのです。期待を上回る新しさや驚きのある料理を出すために“創作”としています」とのこと。またリピーターや連泊するゲストには、同じ料理を二度と出さないというポリシーがあるそうで、毎回異なる美味をいただけるのもありがたい。
朝食はベーシックな和食ですが、いろいろな美味をちょっとずつ楽しめるという趣向に。前の晩につい飲みすぎたからサラッとなんて向きには、干物をほぐして薬味と一緒にごはんにのせて出汁をかけ、お茶漬けとしてサラリと流すなんて味わい方も。まさに、お酒好きにもうれしい朝ごはんです。

どうりでオープンからず~っと隠れ宿として続いているわけです。だって、こんないい宿、そう簡単に他人に教えるはずないもんなあ。
場所もミステリアスで、料理も次は何が出るのかとドキドキ感がある。謎が過ぎると思われるかもしれませんが、それも一定のクオリティがあるからこそ、成立するもの。昨今は何事も白日の下に晒すべきという風潮がありますが、見えない部分があるからこそ、人生は楽しいわけで。そういうのを理解する隠れたがりな遊び好き大人の男が、今宵も密かに、この宿を訪れるのです。

◆ 源泉と離れのお宿 月

 住所/静岡県伊東市富戸1241-2
アクセス/東名高速道路・厚木IC〜国道135号
URL/
ご予約・お問い合わせ/☎︎0557-33-1233

●料金3万4200円〜(1名・1泊2食付き/税込)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL