• TOP
  • LIFESTYLE
  • 【動画】Fカップのグラドルが惚れたカレーとは?

2019.06.26

【動画】Fカップのグラドルが惚れたカレーとは?

ひとりの美女が実食する、ひと皿の美味カレー。第11回は、グラビアやバラエティ番組で活躍中の天野麻菜さんに、カレーの街・神田神保町の老舗店「ボンディ」を紹介していただきました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/アキヤマケイコ 写真/福本和洋(maettico) 動画/金田 亮

一美女、一皿。見目麗しい女性タレントと、珠玉のカレーが出会ったら、一体どんな化学反応が生まれるだろう!? 我ら男のハートと胃袋をつかんでやまない、愛すべきコラボレーションを週ごとにお届けします。美味しさ2倍のこの企画、ご期待ください!

【vol.11】天野麻菜さん × ボンディ 神保町本店

1900日もの“ビール女子活動”の原点にもなったカレー店

丸顔に人懐っこい笑み、誰もが親しみを感じそうな癒し系美女、天野麻菜さん。彼女がリクエストしてくれたのは、神田・神保町のカレー店です。
この界隈は、東京で学生生活を過ごした方や本好きな方にはおなじみの古書街であるいっ
ぽう、カレー店が多いことでも知られています。その理由は「買った本を読みながら、スプーン1本で食べられるから」などとも言われますが(諸説あり)、カレーの街・神保町を代表する店といえるのが、今回訪れた「ボンディ 神保町本店」。個性的な古書店が集まる街のランドマーク的なビル、神田古書センターの2階に店舗を構え、毎日、開店前から行列ができる人気店です。
「毎年、11月1日の“記念日”にはここに来るって決めているんです」と天野さん。実は彼女、毎日ビールを飲み、その姿を写真に撮ってInstagramにアップする「ビール女子」活動を続けており、5年前の11月1日にその初日を飾った場所が、ボンディ 神保町本店なのだとか。
 
「カレー屋さんの中ではコチラがいちばんだと思うし、来るたびに“ビール女子の活動を頑張っていこう”と気持ちを新たにするお店です」
「ビーフカレー」(ライス・ポテト付き)1480円(税込)。ビーフベースのオリジナルカレーソースに大ぶりの牛塊肉が入った、お店でも1、2を争う人気のカレー。付け合わせに漬物と塩茹でのじゃがいもが付く。
「ボンディ 神保町本店」で提供されるのは、これぞ王道!な欧風カレー。初代が、彫刻を学びにフランス留学をしていた際に、フレンチのソースに魅せられ、それをベースにカレーの素材を加えてカレーソースを完成させたそうで、作り方は1973年の創業当時から変わっていないのだとか。たっぷりのバターで炒めた野菜と果物の甘み、生クリームなど乳製品のコク、秘伝のスパイスの風味が渾然一体となったカレーソースは、まろやかで奥深く、長年のファンが多いのも納得の味わいです。
PAGE 2

“いつも”のビーフカレーの食べ方にもこだわりアリ!

天野さんは、いつもオーダーするという「ビーフカレー」の中辛を。もちろんビールもマストです!
「付け合わせのポテトを食べながら、カレーが来るのを待つんです。このポテトがホクホクで、途中でやめられないんですよね」
いよいよ、カレーソースとライスが運ばれてきます。と、やおらライスを片側に寄せ、空いたスペースに、ポットからカレーソースを注入!
「少しずつカレーをかけて食べるのって、まどろっこしくて。このほうが美味しく食べられるんです」。気取らず潔い感じが、見ていて気持ちいいですね。
PAGE 3

ビールの旨みと絡むと…さらに美味しい!

「タイカレーやインドカレーも食べるけど、自分のなかでここを超えるカレーは出てきていません。ライスとソース、甘さと辛さ、すべてのバランスが取れていて、ホッとできるんです」
時折ビールを美味しそうに飲みながら、「程よくピリッと辛くてコクがあるのも、ビールにもぴったりですしね」と、とてもいい笑顔!
天野さんの素敵な表情とイイ食べっぷりは、いつまでも見ていたくなります。これまで&これからのファンのために、“ビール&カレー女子”の活動、長〜く続けてくださいね!
PAGE 4

CURRY SHOP DATA

■ ボンディ 神保町本店

フランス料理のソースに魅せられた初代・村田紘一さんが、それをベースにオリジナルのカレーソースを完成させ、1973年に東京・板橋区で一号店をオープン。40年前の「神田古書センター」が竣工と同時に同ビルに入り、以来、カレーの街・神保町を代表する店として高い人気を誇っている。じっくり炒めた野菜にりんごや桃などのフルーツを加えて煮詰め、乳製品をふんだんに使って作るビーフベースのカレーソースは、まろやかでコクがある。薬前菜をイメージして出されているポテトの塩加減も絶妙。レーズン、らっきょう、福神漬け、シソの実という4種類の薬味にもファン多数。
 
住所/東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センタービル2F

営業時間/11:00~22:30(L.O.22:00)
年末年始休み

URL/http://bondy.co.jp/web/index.html
 
お問い合わせ/☎ 03-3234-2080

PROFILE

■ 天野麻菜

あまの・まな 1991年、大阪府生まれ。グラビアモデル、格闘技イベントのラウンドガール、TVバラエティへの出演、女優など、幅広く活躍。「SNSで毎日ビールを飲み続けるFカップ女子!!」としても活動中。特技は効きビール。映画も好きで、多くの動画配信サービスの会員になっているとのこと。
 
明るくさっぱりした性格に見えて「デートでは、なかなか相手の目を見て話せない」そうで、ドライブ→映画→食事して話す、と徐々に距離を詰めたいタイプだそう。好みのタイプは「プチ病みしている人」。普段は強気な感じなのに、自分の前だけで弱みを見せてくれる…そんなギャップにキュンとくるとか。包容力たっぷりの彼女に癒されたい方、彼氏に立候補してみてはいかがでしょうか?

● Instagram ● Twitter

天野さんのカレー実食・ロングバージョンはコチラ!

「美女カレー」が気になった方は、コチラもどうぞ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL