• TOP
  • LIFESTYLE
  • 彼女と楽しみたい、ロマン溢れる「海の本」7冊

2018.08.09

彼女と楽しみたい、ロマン溢れる「海の本」7冊

CATEGORIES :
CREDIT :

文/井上真規子 写真/斎藤翔平

静かな部屋で海の写真集を眺めたり、海を舞台にした物語を読んでいると、むしろ海へ行ったときよりも強く、海の美しさやロマン、情景を感じられることがあります。そんな海の本を誰かと一緒に眺める時間は、実際に海を眺める以上にロマンティックだったりするわけです。

ここでは、そんな海の魅力を掘り下げてくれる珠玉の7冊をご紹介。彼女と2人で海に思いを馳せたり、海に連想するそれぞれの物語を語り合ったり……。ページをめくるたびに2人の心の距離はどんどん縮まって、一冊を読み終わる頃にはきっと2人は「海へ行こう!」と旅の計画を立てていることでしょう。
代官山 蔦屋書店のコンシェルジュ、吉見侑悦さん。
海の本の選書を担当してくれたのは、代官山 蔦屋書店で人文・文学の選書をするコンシェルジュで、自然科学やスポーツ、音楽などに造詣が深い吉見侑悦さん。写真集から詩集、エッセイ、コミックまで、海に行かずとも海を感じられる本を7冊選んでいただきました。

どの本も行くだけでは見えてこない、海の新しい魅力が詰まったものばかり。もちろん彼女にプレゼントするもよし、彼女を想ってひとりで静かに読むもよし。貴兄の気分にあわせて選んでみてくださいませ。

BOOK01⬛︎「100のジョージ・カックル」/ジョージ・カックル

サーフィンと海を愛するオヤジが綴る、癒しのエッセイ

著者のジョージ・カックルさんは、ヨットマンの父と日本舞踊の母を持つ、鎌倉生まれのラジオDJ。13才の頃、LAでサーフィンに出会い、以後世界放浪をしながら海を渡り歩いてきた。そんな海とサーフィンを愛する自由なオヤジが世界中を旅して体験した、驚くような出来事や人々の話、学んだことなど、100の逸話が詰め込まれた一冊。
「100のジョージ・カックル」/ジョージ・カックル 定価:本体1200円+税
「ジョージ・カックルさんはサーフィンや旅、音楽を愛する人で、このエッセイにも海での話がたくさん出てきます。朝早く起きて、海でサーフィンして、好きな音楽を聴いて暮らすという彼のライフスタイルは、男性なら一度は憧れる生活ですよね。仕事も好きなことしかしたくない。だからサーファー、バーテンダー、音楽プロデューサー、モデルなど肩書きをたくさん持っています。そんな経験豊かな彼の人生観が詰め込まれたこの本は一読の価値あり。旅、仕事、生活・音楽、家族・友だち、サーフィンについてたっぷりと書かれています。あわせて、ジョージさんがセレクトした海で聞いてほしい曲集レコードもおすすめ。ぜひ、本を読みながら聞いてみてくださいね」
「LAZY GEORGE WEST COAST MUSIC レコード」
 代官山 蔦屋書店限定発売 3456円(税込)

BOOK02⬛︎「秘島図鑑」/清水浩史

島旅のプロフェッショナルが選ぶ“行けない島”図鑑

日本中の海と島の旅を続けた著書が手がける、秘島の図鑑。“日本人が行けない日本の島”をコンセプトに、日本全国に7000ある島々から究極の秘島を厳選して紹介している。実在するかわからない伝説上の島についても書かれていて興味深い。シリーズに「海駅図鑑」がある。
「秘島図鑑」/清水浩史 定価:本体1600円+税
「著者は、テレビ局勤務後に編集者・ライターになった清水浩史さん。これまでにたくさんの海旅、島旅をしてきた人です。過去に上陸が叶わなかった無人島や無名の島から、特筆すべき“秘島”を選びぬき、その島の歴史や物語とともに紹介しています。伝説の島や奇岩だけの島など、ワクワクするような秘島にたくさん出会えますよ。

彼女と一緒に、この秘島に行ってみたいね、なんて妄想を膨らませるのもおすすめ。私が個人的に興味を持ったのは、鳥島。海流の関係で昔から島に流れ着く人が多かった無人島で、江戸末期から明治にかけて活躍したジョン万次郎も漂流したことで知られています。そんな意外性たっぷりな島のストーリーにも惹かれますね」

⬛︎「海駅図鑑」/清水浩史

人生で一度は訪れたい!美しすぎる“海の見える無人駅”図鑑

「秘島図鑑」のシリーズ本。2作目となる「海駅図鑑」のコンセプトは“海の見える無人駅”。日本全国の海沿いにある絶景の無人駅だけを厳選し、美しい写真や物語とともに紹介していく。まるで映画や小説に登場しそうな神秘的な無人駅の写真は必見!
「海駅図鑑」/清水浩史 定価:本体1600円+税
「無人の“海駅”はすごくロマンティックな場所なんです。電車から降りたら自分たちしかいないし、目の前には見渡す限りに海が広がっていて、波の音だけが聞こえてくる……。そんな海駅のなかでも、私は下灘駅が印象に残りました。青春18切符のポスターにもなった絶景の無人駅で、沖合には猫島で知られる青島もあり、すごく興味深いです。写真を見ているだけでも行った気になれるので、ストーリーを読みながら彼女と一緒に旅行気分を味わってみてくださいね」

⬛「︎SURF SHACK//Laid-Back Living by the Water」/Nina Freudenberger

海辺で暮らす洒落人たちのライフスタイル写真集

サーフを愛する人たちの海辺での暮らしを写した写真集シリーズ。「Surf Shacks: An Eclectic
Compilation of Surfers' Homes from Coast to Coast」に続く2冊目となる今作は、メルボルンからニューヨークまで、世界各地のサーフライフを数多く紹介する。普段は見ることのできないローカルのハイセンスなサーフライフを覗ける稀少な一冊。
「︎SURF SHACK//Laid-Back Living by the Water」/Nina Freudenberger 定価:4579円(税込)
「『SURF SHACK』は人気のある写真集で、海辺で暮らすサーファーたちの魅力的な暮らしやインテリアを紹介しています。日本の環境では叶わないような暮らしの写真が満載なので見応え十分。英語のテキストなので読めない人もいるかと思いますが、美しい写真がたくさん掲載されているので見ているだけで十分楽しめますよ。ナチュラルで優しい雰囲気のテイストなので、男性だけでなく女性にも喜んでもらえる一冊だと思います。こんな部屋がいいね、なんて2人で話が盛り上がってみては」

⬛︎「海」/加古里子(かこさとし)

海の“いろいろ”を緻密に書いた、大人も楽しめる絵本

「だるまちゃんとてんぐちゃん」をはじめとした、だるまちゃんシリーズでもよく知られる、有名絵本作家・加古里子さんの著書。絵本「海」は、1969年の出版以降、ベストセラーとして愛されてきた名作。図鑑的な絵本で、海に生きる動植物から生態系、未来の海中農業、海底開発まで、海に関わるさまざまなことを丁寧に緻密に紹介している。子供から大人まで年齢に関係なく想像力をかきたてる、簡潔で美しい言葉と絵の表現は秀逸!
「海」/加古里子 定価:1500円+税
「1969年に出版されてから現在まで、ロングセラーを記録し続ける名作です。対象年齢は小学校低学年から大人までとなっていて、実際に大人でも読みごたえのある充実した内容が魅力。大人も知らない海の豆知識がたくさん紹介されていて、読んでいるといつの間にか引き込まれます。太平洋の広さや深さの数字なんかも改めて見ると、新しい発見がありますね。浅瀬から徐々に深くなっていく海の世界が丁寧に描かれていて、最後は深海にたどり着きます。大人になって絵本を読むのってすごく新鮮。懐かしい気持ちを思い出したり、小さい頃に感じていた海のワクワク感が蘇ってきますよ」

⬛︎「海街ダイアリー1 蝉時雨のやむ頃」/吉田秋生

海の街、鎌倉を舞台に描かれる姉妹の心あたたまる物語

「月刊フラワーズ」で2006年から2018年まで不定期連載されたコミックで、2015年には映画で実写化もされた人気作品。海や自然が美しい情緒あふれる鎌倉の街を舞台に、リアルでどこか心癒される異母姉妹や彼女たちを取り巻く人間模様をリアルに描き出す。8巻まで発売中。
「海街ダイアリー1 蝉時雨のやむ頃」/吉田秋生 定価:本体545円+税
「大人が共感できる、大人向けのコミックです。子供の頃に好きな人を作って出ていった父親を持つ3人姉妹が主人公で、そこに父の葬式で出会った異母姉妹のすずが加わり、鎌倉の海街で共同生活を送ることになる4人姉妹の物語が描かれます。それぞれの恋愛模様や仕事、学校など、日常生活から見える人間のリアルな姿を描いていますが嫌な感じはなく、読んでいるとホッとするんです。海辺で話をしたり、海が見える場所を歩いたり、大切な場面ではいつも海が出てきます。姉妹の話なので、女性は楽しんでもらえるかもしれません」

⬛︎「グッド モーニング」/最果タヒ

抽象的に連想するからこそ、より深く海を感じる

いま、若者から絶大な人気を誇る1986年生まれの詩人、最果タヒさんによる第一詩集。2008年に第13回中原中也賞を受賞した注目作で、最果さんは京都大学在学中の21歳に鮮烈なデビューを果たした。純粋に詩だけを見て欲しいという想いから、顔出しはしない主義。「グットモーニング」はそんな著者の魂がこもった情熱の一冊。
「グッド モーニング」/最果タヒ 定価:464円(税込)
「最果さんは、いま一番人気のある詩人だと思います。この詩集は、彼女が10代の頃に書いた詩集を文庫化したもの。海を直接的にイメージできるような内容ではないのですが、抽象的な表現として夏、魚、海といったワードが所々に登場します。最果さんは難しい言葉を使わないので小学生でも読めるのですが、解釈の幅は逆にとても広いと思います。『グッドモーニング』は、誰かと一緒に読んで、どう解釈するのか、どんな気持ちを抱いたのかを話し合ったり、考えたりするきっかけになるような詩集だと思いますね」

代官山 蔦屋書店

住所/東京都渋谷区猿楽町17-5
営業時間/7:00〜翌2:00
定休日/無休
URL/
問い合わせ/☎03-3770-2525

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事