2017.10.03

5分でできる、スーツのアイロンテク

スーツのシワを上手に取るためのアイロンのかけ方をプロの方にお伺いしました。なんでも、かけ方次第では何倍もキマって見えるのだとか!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/小澤達也(STUDIO Mug) 取材・文/池田保行(04)

最新のスーツも、着慣れたスーツもその見映えを決めるのは、ラペルのロールやゴージのハリ。そんなポイントを見映えよくするのには、ちょっとしたコツがあるんです。スチームアイロンがあれば、ラペルのロールなどが簡単に再現でき、高級感が纏えるのです。ほんのひとテクで、着慣れたスーツが見違えるテクニックをプロに教えていただきました。

スーツの高級感はロールするラペルにあり

まずはスーツのジャケットをご確認ください。新品のころはラペルがふんわりとロールしていますよね。ここがスーツの高級感を際立てるポイントです。お店で陳列しているときは、スーツの並びに適度な距離をとってこのロールを潰さないようにしていますが、自宅のクロゼットのなかでギュウギュウに押し込められていると、この部分が潰されてしまいます。

「ラペルのロールを元に戻すにはアイロン掛けが有効です。アイロン台にジャケットを広げたら、ロールする部分にアイロンを押さえるようにあてます。このとき芯地と表地がずれたりしますので、アイロンを滑らせないように。あて布をしてからのほうが安心です」
ラペルを立てたら、ジャケットの表側からアイロンを当てます。身返し側(裏側)の生地にシワが寄らないようにご注意を。
教えていただいたのは、キートン銀座店のテーラー宗方さん。高級スーツを取り扱う同店に併設された工房に常駐するプロフェッショナルから、素人が安心してできるアイロンの使い方を教えていただいた次第。

「アイロンは必ず滑らせないで押し当てることを忘れないこと。アイロンを掛けた部分の温度が高い時にジャケットを動かしてはいけません。私達はバキュームといって吸気で温度を下げるアイロン台を使いますが、ご家庭でアイロンを使うときは、必ず生地が手で触れるぐらいに冷めてから次の作業に移りましょう」
PAGE 2

ゴージラインにもアイロンをあてて

ゴージラインの箇所が鎖骨あたりにぴったりと貼り付いていると、スーツ姿が美しくキマリます。
ロール部分を立ち上げるだけでなく、ラペルを美しく見せるためにはもう一箇所、アイロンを当てるべき部分があります。それは上襟と下襟の合わせ部分=ゴージライン。ゴージが胸に吸い付いていると美しいVゾーンが演出でき、ひいてはジャケットそのものが美しく着こなせます。ラペルのゴージ部分にあて布をして、上からアイロンを押し当てるのはラペルのロール部分と同様です。

袖のシワはスチームで落とします

ここでは手持ちでスチームを掛けていますが、ご自宅ではハンガーなどを使っていただければ、と。
袖の着け根部分や肘の内側部分はしわがつきやすい箇所ですが、このしわはアイロンのスチームで落とします。スチームを当てるときは必ずハンガーに吊るすなどしてジャケットを浮かせた状態で。アイロン台に寝かせて、スチームをかけないように。
「ここで使うハンガーは、針金ハンガーなどの薄いタイプではなく、きちんと肩に厚みのあるものを使います。簡易的には肩部分に手を入れて立体的にして、自然に袖が落ちるようにしてスチームをかけるぐらいでもよいのですが。袖にはタオルなどを入れて腕が入っているような状態にすれば、より効果的ですね」
PAGE 3

背中の“座りじわ”はアイロン台でしっかり落とす

座りじわをアイロンで消すためには、広いアイロン台の上でしっかりと背中を広げるのがポイントです。
背もたれにより掛かることで生じる座りじわは、きつく入ってしまうととるのが大変です。アイロン台にしっかり広げて、上からあて布をしながらアイロンで押さえるようにとっていきます。

動物性の繊維であるウールには、復元力があります。そのままでもある程度はシワは取れますが、時間のない場合は、アイロンテクでスーツを復元させるのが有効です。

教えてくれたのは、キートン銀座店 テイラー 宗方士起さん

キートン 銀座店併設の工房に常駐する宗方さん。イタリア本国のキートン社で研修し、採寸とフィッティングを学び、店頭でのオーダーやお直しなどを担当されています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

http://sribnapidkova.ua

дизайн кафе

прокат лебідок