• TOP
  • LIFESTYLE
  • モテるお洒落は"昭和レトロ"が隠し味【4】オトナが艶めくいまどきの七三ヘア

2017.06.22

モテるお洒落は"昭和レトロ"が隠し味【4】オトナが艶めくいまどきの七三ヘア

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/スナップ・Massi Ninni、Yu Fujiwara、人物・福本和洋(MAETTICO) ヘアメイク/勝間亮平(masculin) イラスト/野村憲司(トキア企画) 文/長谷川 剛(04)

人の印象を左右する要素として、髪形は大きなポイントです。ファッションがキマっていても、ただの無造作では締まりませんし、かといってキメすぎも気恥ずかしいものがありますから。そんななか、その昔に流行った七三ヘアが進化を遂げて、再びオトナの間で話題となっているのです。

クリーンにして、ほどよく洒落ていて、無理していない感じがウケているのです。そこで実際にサロンにてどうオーダーすれば、いまどきの七三スタイルが手に入るのか? 自宅でのセット方法を含めてレクチャーいたします。髪型が変われば、見た目がガラリと変わりますので、ぜひご参考くださいませ。
クリーンでモダンな雰囲気の七三分けは世界的に人気。レトロポロなどのカジュアルなスタイルから、タイドアップしたジャケットにも合うオールマイティな髪型なのです。

髪型もアップグレードが必要です

ビシッと服装を揃えてみても、なーんかキマらない……。そんなコトってありますよね。そんな時は髪形に問題がある場合も。鏡やウインドウに映ったヘアスタイルをいちいちチェックしていた学生時代も今や昔。

いつしか定型の髪形に落ち着き、長きにわたって髪型には無頓着になっている人も多いのではないでしょうか。もちろん、いまどきの髪形への欲求はあるものの、ビジネス的にも立場あるオトナは、おいそれと大胆にイメチェンに踏み切れない……、そんな事情もお察しします。

でもやっぱりモテたいっ!と意欲を燃やす諸兄にこそ、今回ご紹介しするいまどきな七三ヘアがオススメ。基本的には昭和の働く男子達がこぞって実践していたあの髪形。

ただし、米国にて昨今巻き起こったバーバーカルチャーなどの波を受け、美的に進化した新たなる七三へアは、世界中で話題となっているのです。サイドをカチッと刈り上げ、フロントをちょいリーゼントよろしく後方に流したスタイルは、スッキリとしていながらセクシーな洒落感を漂わせる美髪。

短髪ゆえにスポーティなカジュアルスタイルにマッチすることはもちろん、七三ベースであるため、スーツなどのドレススタイルにも品良くハマる万能ヘアであるのが最大のポイントです。加えてジェル一発で自ら手軽にヘアセットできるという便利さも見逃せません。

これから益々暑くなる季節を前に、すっきり美的な"モテる七三"にチェンジするのはいかがでしょう?刺激的な夏になること請け合いです。
PAGE 2

モテる七三ヘアの作り方 3つのポイント

1.両サイドは2.8ミリの刈り上げスタイル

バリカンを使用し一番短い部分を2.8ミリほどに設定し刈り上げます。サイドのトップ部分は後方への流れを作るために4〜5㎝くらいの長さをキープ。その中間部分はハサミにてグラデーションになるよう刈り上げます。

2.後方はボリュームが出ぬようやや短めに

横側から見たときに、フロントから後方に掛けてなだらかな高低差が出るようセットするのがクールな七三スタイルのキモ。後方部分はフロントよりも短めにカットしましょう。

3.フロントの長さは鼻のアタマに届くくらい

サイドや首筋部分は短めですが、フロントは高さを出すためやや長めをキープ。指で伸ばして鼻に届くくらいの長さで前髪は切りそろ得るのが目安です。

爽やかセクシーに見せるポイントは各部のメリハリ

サイドもバックも生え際部分は短く刈り込みつつ、トップはエレガントな毛の“流れ”を演出するためやや長めに。この短長のメリハリこそが爽やかさとまとまり感ある色気を生みだす大きなポイントです。また、カット後に毛が伸びてきてもボサつかぬよう、刈り込み部分とロング部分の中間である“ミディアム層”を設けておくことも大事な要点。
PAGE 3

日々のセットはジェルと手櫛が基本です

このいまどきの七三スタイルは、自宅で手軽にセットできるところもオススメの理由。まずは洗髪後にタオルや軽くドライヤーなどで水分を飛ばします。といっても完全に乾かしてしまうのではなく、ある程度湿り気を残しつつ、ジェルを髪全体に馴染ませましょう。その際、バックからフロントへ一旦髪全体を流します。その後、七三にセットしつつバック方向へ流れを整えていくことで自然なフワッと感が備わります。

櫛を使ってディテールを仕上げれば完成

基本的に七三の分け目は黒目の端部分に据えることがひとつの目安です。ただしその部分の毛が薄くなっている場合は分け目を適宜中心方向にズラしましょう。サイドの毛は下方向に落とすのではなく後方に流すことが肝心。また、ツムジなど天辺部分はボリュームが出ぬよう手で押さえて。フロントトップは細かく毛の束を作りつつ櫛先などで凹凸を作りながら流して表情を出せばパーフェクトです。
PAGE 4

いまどきの七三ヘアで恋も仕事もうまくこなせる

カッチリ爽やかな七三スタイルは、ドレッシーなスーツスタイルが一層映えること確実です。ファッションがもうひとつキマらない……と悩んでいる諸兄は、まずこのヘア作りからお試しあれ。もちろんスーツスタイルのみならずカジュアルな装いなど、ルックス全般がキリッとアップグレードすること間違いありません。

本誌推奨のサロンはコチラ

今回ヘアスタイル指南を担当してくれたのは、ヘアメイクアーティストの勝間亮平さん。17年のキャリアを誇る勝間さんは、本誌のモデル撮影において長年ヘアメイクを担当してもらってもいる方。実は弊誌編集部員の多くも彼にカットをお願いするほどの髪技師なのです。そんな勝間さんが現在在籍しているサロンが原宿の「アトレーヴ」。落ち着いた空間のなか、ゆったりヘアメイクをしてもらうことが可能です。(勝間さん指名の場合は2日前までに要予約)

atreve

◆ atreve

住所/東京都渋谷区神宮前4-28-6
営業時間/
平日:11時〜22時(カット最終21時)
土日祝:10時~20時(カット最終19時)
定休日/毎月第三火曜日
URL/http://www.atreve.jp/
お問い合わせ/☎03-6447-2277

●カット価格 5184円〜

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL