• TOP
  • ITEMS
  • “気持ち”を贈るならSNSよりお洒落な“グリーティングカード”がオススメです!

2017.12.07

“気持ち”を贈るならSNSよりお洒落な“グリーティングカード”がオススメです!

大切な彼女なら、何でもメールやLINEで済ますより、お洒落なグリーティングカードで気持ちを伝えてみませんか。専門店のプロが女性に贈りたいカードを選んでくれました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/渡邉朋子 写真/椙本裕子

LINEやTwitterなど手軽なSNSがコミュニケーションツールの王道となった今日この頃。でも、相手が大切な人ほど、手書きのメッセージで気持ちを伝えたいものです。そこで季節の挨拶が飛び交うシーズンにぴったりのカード(かつ女性ウケしそうなモノ!)を、シチュエーション別に3つの専門ショップからリコメンド。

選んでもらったのは「クリスマスカード」「バースデーカード」「サンキューカード」の3種。「サンキューカード」は何かちょっとしたお礼はもちろん、初めて会ったあとのお礼の挨拶など、最初の第一歩のインパクト残しに有効ですよ。

◆「Tout le monde SHOP」(青山)

まず1店目は青山にあるグリーティングカード専門店「Tout le monde」。こちらでは欧米を中心としたグリーティングカードのほか、レターセット、一筆箋、祝儀袋など、紙でのご挨拶に欠かせない商品が種類豊富に揃います。また、吉祥寺にある系列店「Billboard SHOP」とこちらでしか手に入らないカードも数多く並んでいます。

●クリスマスカードなら

オーナー・岡田さんにご紹介いただいたのは、サンタのお腹周りにググッと寄ったようなデザインのカード(税込345円)。封筒の白い部分がサンタのひげのようにも見えて、送られた女性をきっと笑顔にしてくれるはず。
「アメリカのカードでデザインもかわいいですし、比較的価格もお安いので送りやすいと思います。クリスマスカードは中にコメントが入っていて、海外では“よいお年”というニューイヤーの挨拶と一緒に送る場合が多いですね。プリントしただけの昨今の年賀状よりももらった時のうれしい気持ちが大きいのではないでしょうか」(岡田さん)

●バースデーカードなら

インパクトのあるデザインですが全体としてはペールピンクの優しい印象(税込864円)。一粒キラリと輝く石も品良くまとまっています。
「これはイギリスのカードで紙質もしっかりとしているので大人の女性のバースデーにぴったりだと思います。カードにも流行色があり今はピンクが流行っているのですから、そういう意味でもこのカードはオススメです」(岡田さん)

●サンキューカードなら

キラキラ輝く華やかなフラワーモチーフながら、爽やかなブルーが入って甘くなりすぎないのもセンスを感じさせます(税込756円)。カードの中には「Sometimes the simplest things mean the most.Thank you so much!」というメッセージも。
「これはフランスのもので、花の部分にグリッターがついた見た目にもきれいなカードです。封筒がブルーなので男性の方でも送りやすいんじゃないでしょうか。うちは男性のお客様もいらっしゃいますが、男性は女性へのプレゼント選び同様、じっくり見ていいものを選ばれる方が多いですね」(岡田さん)。
PAGE 2

◆「Paper Tree」(九段)

2店目はソーシャルステーショナリー専門店の「Paper Tree」。こちらはグリーティングカードのほか、ウェディングや誕生日、節目節目のお祝いのパーティーなどに使用されるインビテーションや席札、装飾など代表取締役の岡本さくらさんが海外で買い付けたペーパーステーショナリーが並ぶお店。カリグラフィーのワークショップなども定期的に開催されています。

●クリスマスカードなら

岡本さんリコメンドのカードがこちら。真ん中の赤い封筒がポイントです。「赤い小さな封筒に、たとえばスターバックスのプリペイドカードやギフトカードなどを入れて贈るタイプのもので、アメリカではそういう方が結構多いんです」(岡本さん)とのこと。日本ではレアなタイプですが、ちょっとしたお年玉感覚が楽しめるのもオリジナリティが出せて良いかもしれません。

●バースデーカードなら

こちら、一見バースデーカードに見えないナマケモノのカード。「ライフルペーパー」のSloth Belated Birthday(450円+税)。メッセージを見ていただくとお分かりの通り、「お誕生日から遅れてしまった場合でもお贈りいただけるカードです。黒地ですがイラストの見た目もかわいいので結構人気のカードなんです(笑)」(岡本さん)。なるほど。あえての1日遅れでカードを贈って、むしろ強印象を残すというギリギリの手法も、このナマケモノの表情に免じてアリかもしれませんね。

●サンキューカードなら

岡本さんが選んでくれたのは、ボックスタイプのサンキューカード「ヴェラ・ウォン ボックスカード10枚セット」(3300円+税)。
「ウェディングドレスのブランドのサンキューカードです。書体も柔らかく、女性に渡すカードとしてもおすすめです。海外ではクリスマスカードやバースデーカードはシングルカードが一般的ですが、サンキューカードはボックスタイプが主流です。日常的に持っておいて、いつでもパッと書けるようにしている方が大人の男性では多いですね。うちのお店でもオーダーをお受けしているんですが、ご自身のイニシャルを入れたシンプルなカードを100枚、200枚単位でご注文いただくことも多いです」(岡本さん)。
PAGE 3

◆「銀座・伊東屋」(銀座)

言わずと知れた文房具専門店「銀座・伊東屋」。こちらではハンドメイドのものや、レザーカット、箔押し加工、華やかな装飾のものなど世界各国から直輸入した種類豊富なグリーティングカードが並んでいます。また、シーズンごとに入れ替わるカードの品揃えも頻繁にチェックしたくなるポイントです。

●クリスマスカードなら

カード売り場担当・加治工真汐(かじく・ましお)さんイチ押しのカードが「バグアート」のカード(600円+税)。クリスマスカードでは非常に珍しい黒地のカードで、その上の華やかな装飾に大人なクリスマスを感じさせます。「女性ウケも良いデザインですが、男性が手にされても抵抗なくカッコよく決まるおしゃれな一枚です。それぞれにデザイン性の高いイラストが描かれているイギリスからの直輸入のカードなのでカード選びのセンスもアピールできるかもしれません」

●バースデーカードなら

カードデザイナーの藤原弥生さんが手がける「7days cards」(150円+税)。シンプルすぎるように見えるかもしれませんが、どれも嫌味がなく品を感じさせるというのがポイント。ストックしておいてタイミングよくサッとプレゼントに添えるなんていうのもスマートです。
「シンプルなデザインのポストカードをプレゼントに添えるというのも大人の男性ならでは。また、異なるデザインの誕生日カードを3枚ほどまとめてそれぞれにひと言ずつメッセージを添え、素敵な封筒に入れて送るというのもお洒落上級者テクニックです」(加治工さん)。アレンジひとつで心憎い技が効かせられるというのもシンプルなカードのいいところ。

●サンキューカードなら

「クレイン サンキュー単カードセット」(2900円+税)はいかがでしょう。ボックスということでお値段もそれなりにしますが、あえて“さりげなく”使いたいカード。もらった人にしかわからない特別感がそのしっとりと手になじむ感触からも伝わるはずです。
「とても品があるので特別な人に贈るのにぴったりですし、多くの言葉を述べずとも、ひと言添えるだけで想いが伝わるはずです。また、ペンはぜひブルーブラックの万年筆を使っていただきたいです。大人のお洒落な男性だからこそ使いこなせるカードと言えます。ご自宅や会社にボックスを置いておけば、いざというときにすぐ使えるのもいいところです」(加治工さん)。

それぞれのお店にはこれ以外にも魅力的なカードがたくさん。まずは実際に足を運んで自分の目で見て選んで、彼女に贈ってあげてください。そのひと手間こそがあなたの気持ちを彼女に伝えてくれるのですよ。

【今回ご協力いただいたお店】


◆ Tout le monde SHOP
住所/東京都渋谷区神宮前5-45-9 レジェンド表参道 1F
営業時間/11:00〜19:00
定休日/火曜
URL/
お問い合わせ/☎03-5469-1050

◆ Paper Tree
住所/東京都千代田区九段北1-4-7 喜助九段ビル
営業時間/10:00〜17:00
定休日/日・祝、年末年始
URL/
お問い合わせ/☎03-3261-9884

◆ 銀座・伊東屋
住所/東京都中央区銀座2-7-15
営業時間/10:00〜20:00(日・祝は〜19:00)
定休日/無休
URL/
お問い合わせ/☎03-3561-8311

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

profshina.kiev.ua