• TOP
  • ITEMS
  • 男性から女性に贈りたい、二人の仲を深める絵本3選

2017.12.06

男性から女性に贈りたい、二人の仲を深める絵本3選

絵本は大人になったからこそ実は響く贈り物。出会ったばかりの女性から、人生をともに歩む大事な人になった女性まで、関係の深さ別に3冊の絵本をご紹介。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/亀和田良弘
文/木村千鶴

華やかなギフトが行き交う季節がやってきました。ジュエリーやバッグは女性にもちろん喜ばれますが、普段言葉にして言えない心を伝えるちょっとしたツールが欲しいときは、絵本(またはイラスト満載のビジュアルブック)をチョイ足しプレゼントに贈るのはいかがでしょう。

本の贈り物はシンプルだからこそ、選書の良し悪しによってはときにイタイ思いもしてしまう中々ハードルが高いもの。そこで男性から女性に贈って喜ばれ、さらに仲も深まるだろう絵本を、二人の関係性に応じて3冊ご紹介いたします。

① これから仲を深めたい彼女に贈る1冊

『みんなの映画100選』

まだお互いのことを探り探り、これから関係を深めていきたい二人にはこちら、『みんなの映画100選』がオススメ。

映画100作品の印象的なワンシーンを長場雄氏がイラストで、名セリフとあらすじをライターの鍵和田啓介氏が解説したイラストブックです。表紙のイラストは映画「Adelaideclassifieds」の印象的な一場面。

シンプルを極めた線画で情景を切り抜く印象的なイラストと、簡潔でわかりやすくもユーモア満載の解説がクセになり、ページを繰る手が止まらなくなる1冊です。

彼女にこの本をプレゼントして「あれがいい、これが観たい!」と盛り上がったら、「じゃあ今度うちでこれ観ない?」と、おうちデートに誘う布石が打てるかもしれません。
PAGE 2

② 付き合いが長くなってきた大事な彼女に贈る1冊

『クリスマスの思い出』

一緒に過ごす時間が長くなると、ついつい愛情を言葉にすることを忘れがちです。言葉にするのはちょっと照れくさい、なんて気持ちが大事な言葉を阻んでしまうこともしばしば。そんなときに贈っていただきたいのがこの1冊。

トルーマン・カポーティの名作短編小説『A Christmas Memory』を村上春樹氏が翻訳したもので、山本容子氏による繊細で温かい銅版画の挿絵が郷愁を誘います。

実は、この本のテーマは恋愛ではありません。主人公の “僕”と“僕のおばあちゃんいとこ”の、愛情と善意に満ちた2人が繰り広げる、「イノセントの極致」の物語です。大人になるにつれ、あるいは誰かと長く過ごすにつれ忘れてしまいがちな温かい感情で満たされた、透き通るようなクリスマスのお話です。

季節の贈り物にもよし、大事な人へ、いつまでも伝え続けたい思いを贈るのにもぴったりの1冊です。
PAGE 3

③ 大人同士の成熟した愛情を分かち合いたい彼女に贈る1冊

『ぼくを探しに』

大人の男女が成熟した愛情を分かち合うならこの1冊がおすすめ。シルヴァスタイン作、倉橋由美子訳の『ぼくを探しに』です。初版から30年経った今でも、多くの人に支持されるこの絵本が語るのは、哲学的で普遍的な、優しくて、そして厳しくもある愛。シンプルだからこそ読む人に自由な解釈を許し、成熟した男女には深く響くものがあります。

若い頃に通ってきたであろう、理想を押し付けあうような利己的な愛情とは違い、パートナーを自立した人間として尊敬し、大切にできる成熟さを持ったからこそ響くこのストーリー。自分も他者も肯定し、それでも強く誰かを愛していこうという姿勢が込められた良書です。

装丁には、SNSなどでも度々話題になるシルヴァスタインのシンプルなイラストが描かれていて、インテリアにも◎。さりげなくも、深い思いが伝わる1冊です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

baden-medservice.ru/lechenie-detskih-boleznej-v-germanii/