• TOP
  • ITEMS
  • 【解説】おじさん臭くないポロシャツの着こなし方

2019.08.14

【解説】おじさん臭くないポロシャツの着こなし方

ポロシャツ1枚の夏スタイルが、ちょっとキビしいなと思いはじめたら”ジャケポロ”スタイルがおすすめ。ポロシャツの襟が大きめのものを選べば、誰でも簡単にイタリアオヤジ流に着こなせます。

CATEGORIES :
CREDIT :

スナップ・写真/Massi Ninni 静物・写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

夏のポロシャツスタイルにはジャケットに襟出しで

 
この季節、Tシャツ一枚で外出するのはなんとなく首回りにモノ足りない気が。そんな時は襟付きのポロシャツが頼もしいもの。とはいえ大人になると、たった1枚でポロシャツを着るというスタイルは、体型が気になるなど、いろんな意味でキビしくなってくるものです。そんなときはジャケットのインナーにポロシャツを合わせる”ジャケポロ”スタイルを。どんな方でも手軽にお洒落になれるテクなのです。

スナップの方々も、ポロシャツのインナー使いはお手のもの。しかも皆さんジャケットのみならずセットアップのスーツにポロシャツを合わせて爽やか&スマートに夏のカジュアルを楽しんでいらっしゃる。このこなれ具合い、早速マネしたくなりませんか?

この着こなしのポイントは、ちょっと大きめのポロ襟のものを選ぶこと。ポロシャツは裾をパンツに軽くインして、襟はラぺルの上に出すのがイタリア流のようです。これは着ているうちに襟元が開いてポロ襟がラペルの内側に落ちてしまうこともあるのですが、そこは心配無用です。襟が大きめの「デカ襟ポロ」を選べば、内側に落ちにくいので、このこなれた着方をキープできるんです。

そんなデカ襟のポロシャツをブリオーニで発見。これなら誰でも簡単に”ジャケポロ”スタイルがモノにできますよ。ぜひお試しください。
PAGE 2

● いまどきのポロシャツはこんな具合に着る

襟をどーんと出して、インパクトのあるジャケパンスタイルに

ポロシャツ6万1000円、ジャケット28万9000円、パンツ、ベルト、靴は参考商品/すべてブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)
チェックのジャケットのインには黒の鹿の子ポロをセット。同系色でレイヤードすることで、色数を抑えたモダンなコーディネートに仕上がりました。ボトムズはオリーブのカジュアルパンツで、足元は素足にスリッポン。こんな休日のジャケットスタイルも、“ジャケポロ”スタイルなら簡単にこなれた雰囲気に仕上がるんです。夜、食事に出かけるとき、ゴルフに行くときなど、様々なシーンでお洒落な大人を演出できますよ。

◆ ブリオーニ 

ジャケットと相性が良い“デカ襟”が選びのポイント

各6万1000円/ブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)
ここでコーディネートしたポロシャツはブリオーニの新作・鹿の子ポロ。なぜブリオーニを選んだかと申しますと、この大振りのポロ襟が理由です。一般的なポロシャツの衿は小さくて主張が控えめですが、ブリオーニのポロはデカ襟で堂々たる佇まい。

上掲のイタリアスナップのようにジャケットを羽織って襟をラペルに出した際、なで肩の方はポロ襟がラペルの内側に落ち込みがちですが、こちらのポロシャツなら安心というわけ。堂々とイタリアオヤジのようにこなれたジャケポロスタイルがこなせるんです。

カラーはベーシックなホワイト、ブラックに加えて、トレンドカラーのマスタードをラインナップ。このマスタードカラー、ダークカラーのジャケットのインにはもちろん、夏のオフ白リネンのジャケットにも似合うでしょう。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ブリオーニ ジャパン 03-6264-6422

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL