• TOP
  • ITEMS
  • 【令和版】おじさんに見えないポロシャツの着こなし

2019.07.14

【令和版】おじさんに見えないポロシャツの着こなし

ポロシャツ一枚のスタイルがいまいち似合わなくなってきたと思ったら、コーディネートでリカバーしましょう。大人体型になった我々には、合わせるアイテム選びが肝心なのです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/池田保行(04)

小技を駆使すればポロシャツコーデはモダンに見えます

近頃、なんだかポロシャツ1枚のスタイルが似合わなくなってきた、という方はいませんか? 体型を拾いやすいトップスだけに、一枚で着るにはある程度鍛えたボディでないと、オジサンっぽさはひとしおに……(泣)。

一念発起して身体を鍛える手もありますが、ここは一丁、コーディネートでカバーするのが賢い選択なのではないでしょうか。

例えば、ジャケットを羽織るのはもっとも有効なコーディネートテクですが、テニスの審判ぽく見えないように柄ジャケットを選ぶなどのコツが必要。ブルゾンのときはゴルフオヤジに見えないように、ポロシャツそのものの選び方からご注意ください。ポロシャツと同色のニットカーディガンを組み合わせて、上品なニットアンサンブルっぽく見せる手もありますよ。

定番アイテムだけに、ほんの少しの工夫で洒落て見せることができるのがポロシャツのいいところ。そんなテクニックの数々を、実践的なコーディネートでご紹介します。
PAGE 2

● 夏素材ジャケットと合わせて

体育会系に見えないコツは、素材にアリ!

ポロシャツ2万4000円/グランサッソ(フローエンス)、ジャケット4万9000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ2万9000円/PT05(ビームス 六本木ヒルズ)、メガネ4万5500円/ハフマンス & ノイマイスター(コンティニュエ )、ベルト1万8000円/アンダーソンズ(エスディーアイ)、靴7万6000円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)
爽やかな白ポロはどんなスタイルにも似合う一方で、シンプルに着ると体育教師にも見えかねないという諸刃のアイテム。体育会系っぽさをなくすには、上質なハイゲージニットのポロを選び、ジャケットを羽織るのがマストといえるでしょう。

さらに、個性あるストライプ柄のジャケットを選べば、テニスの審判員に間違えられることもありません。このように白ポロは、むしろ個性的なアイテムをほどよく中和する感覚で活用するのがよろしいかと。

ちなみにこちらのジャケットは清涼感のあるリネン素材なので、夏のリゾート気分が溢れる着こなしに。スエードのベルト&ローファーが、優雅でリッチな印象を強めます。
PAGE 3

● スポーティに振り切る時には

スキッパーを選べばゴルフオヤジに見えません

ポロシャツ2万2000円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、ブルゾン4万6000円/バラクータ(バラクータ カスタマーサービス)、パンツ2万1000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座)、サングラス4万8000円/アイヴァン 7285(コンティニュエ )、靴1万9500円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン)
どちらもスポーティなアイテムだけに、ポロシャツとブルゾンの相性は抜群です。なかでもスタンドカラータイプのブルゾンとのコーディネートは、ポロシャツコーデの黄金律ともいえるほど。ところが似合いすぎるがゆえに、一歩間違うとゴルフ帰りのお父さんのようにもなりかねませんので、ちょっとしたコツをお教えしましょう。

まずはオーセンティックなポロシャツではなく、前立てにボタンのないスキッパーポロを選んでみるのはいかがでしょう。短め丈のブルゾンと相まって、シャープでコンパクトなイメージが強まります。ダーク系のカラーで揃えると、よりモダンな印象に。

さらにボトムの選択もポイント。きちんとクリースの入ったグレスラを選べば、スポーティなトップスとドレスなボトムとのコントラストも効果的です。ドレッシーなスニーカーも、着こなしの決め手。
PAGE 4

● +カーディガンでアンサンブル風

オフィスでも使えるポロ×カーデのアンサンブル

ポロシャツ2万6000円、カーディガン3万2000円/ともにジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ5万5000円/ロータ(エリオポールメンズ銀座)、スカーフ7800円/アルテア(アマン)、ベルト1万6000円/アンダーソンズ(エスディーアイ)、靴3万2000円/ジャランスリワァヤ×バーニッシュ(バーニッシュ)
ポロシャツと同色のカーディガンを組み合わせれば、アンサンブル風の装いに。たとえ同一ブランドのニットアンサンブルでなくとも、グレーやネイビー、黒などのベーシックカラーであれば、組み合わせるのは難しくありませんので、どなたでも実践できるはず。

カーディガンを羽織ることで、オフィスカジュアとしても通用するほどエレガントになります。ボトムはもちろんクリース入りのドレスパンツを。型押しクロコの靴とベルトが、全身の印象をさらに引き締めます。

さらにもう一点、首元にスカーフを巻いている点にもご注目下さい。タイドアップ代わりにポロ衿×スカーフの組み合わせは、アスコットタイ風に見せるドレスアップテク。これも同系色で合わせると、さりげなくモダンです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
エスディーアイ 03-6721-1070
エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455
スリードッツ青山店 03-6805-1704
コール ハーン ジャパン 0120-56-0979
コンティニュエ 03-3792-8978
デザインワークス 銀座 03-3573-6210
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
バーニッシュ 03-3468-0152
バラクータ カスタマーサービス 0120-165-006
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
フローエンス 050-5433-3616
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL