• TOP
  • ITEMS
  • いま、クオーツ時計が通に見直されている件

2019.06.27

いま、クオーツ時計が通に見直されている件

大人の腕時計は機械式に限るのか? いえいえ、いまや専門家もクオーツ時計を賞賛する時代。その理由は知って納得。”大量生産で安価”というイメージは、今や昔なのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/広田雅将(『クロノス日本版』編集長)

クオーツ時計は機械式時計に劣ると、思っていませんか?

長らく、時計市場をけん引してきた機械式時計のブーム。しかし、機械式時計に疲れた一部のコレクターたちは、クオーツを改めて見直すようになった。正確で磁気やショックに強く、しばらく放っておいても動き続けるクオーツは、普通の人たちよりも、時計を多く持つ愛好家にとってはいっそう魅力的だったのだ。

時計好きが選ぶ時計と言えば機械式、という常識は、今や変わろうとしているわけだ。

大人こそ、クオーツのメリットを使いこなして

引き金を引いたのは、ブライトリングの「コルト スカイレーサー」である。高精度なクオーツを軽いブライトライト®️素材のケースでくるんだこのモデルは、たちまちヒット作となった。
チタンの約1/3、スチールの約1/6の重さしかないブライトライトをケースに採用したモデル。ブライトリングらしく、クロノメーター仕様のクオーツを搭載する。「コルト スカイレーサー」クオーツ、®️ブライトライトケース(45mm)、ラバーストラップ、100m防水。25万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン) ※生産終了モデル、店頭在庫のみ
もっとも、ブライトリングは顧客を読み間違えたようだ。というのも、同社はこのモデルを"ブライトリングを持ったことのない人向け"と考えていたが、飛びついた顧客の大半は、すでに高価な機械式クロノグラフを持っている人たちだった。

ちなみにかくいう筆者も、このモデルは入手した。クオーツは、機械式時計に比べて針を動かす力が弱い。しかし、時間を読み取りやすくするため、機械式時計並の太くて長い針を与えたのは、いかにもブライトリングである。
PAGE 2

2019年はクオーツ時計の力作が目白押し

時計好きたちが注目するようになったクオーツ。そういうトレンドを巧みにとらえた2019年の新作が、カルティエの「サントス デュモン」だ。載せるのは、まったく新しいクオーツムーブメント。
新規設計のクオーツを載せた新作。ケースの厚さは7.3mmしかない。電池寿命は約6年もあるため、気兼ねなく使えるだろう。「サントス デュモン」 SMクオーツ、SSケース(43.5×31.4mm)、レザーストラップ。37万円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター) ⓒ Cartier
電池寿命は約6年もあるから、時計を多く持つコレクターにはうってつけだろう。また、薄いクオーツの搭載により、ケースの厚さは約7mmに留まった。

メリットはほかにもある。機械式でこの薄さを実現しようと思ったら、価格は途方もなく高くなるし、磁気帯びやショックも心配だ。しかし丈夫なクオーツならば、気兼ねなく使うことができる。

価格が控えめなのも、クオーツのメリットといえるだろう。SSでアンダー40万円という価格は、機械式ではまず無理だ。クオーツだからと難色を示す人もいるが、筆者の周りにいる“濃い”時計好きたちは、諸手を挙げて大歓迎だ。
PAGE 3

クオーツゆえ、紙のような時計も実現

そんな時計好きが賞賛するクオーツがもうひとつある。シチズンのエコ・ドライブ ワンだ。搭載するムーブメントの厚さはわずか1mm。チタンケースの厚さも3.5mmしかない。

薄い機械式時計が増えてきたとはいえ、この厚さを機械式時計で実現するのはそもそも無理だ。しかも軽いため着け心地は良く、防水性能も3気圧あるから、どこでも使えてしまう。値段は50万円するが、内容を考えたらむしろお買い得だ。
2016年に発表されたモデルのチタン版。厚さ3.5mmのケースに、薄さ1mmの光発電のエコ・ドライブムーブメントを搭載する。「エコ・ドライブ ワン」クオーツ、Tiケース(36.5mm)×ブレスレット。50万円/シチズン(シチズンお客様時計相談室)
長らく、安価な大量生産品というイメージのあったクオーツ。しかし、最近のよくできたクオーツは、時計好きが飛びつくほど魅力的である。何しろ時計が止まらないうえ、正確で磁気にもショックにも強いのだ。だとしたら、目線を広げて、次に加える1本に、クオーツを選ぶのはありだろう。

もっとも、普通のクオーツでは芸が無い。タフだったり、薄かったり、精度が良かったりと、何か一芸に秀でたものを選ぶといい。周りの時計好きに自慢しても、決して文句は言われないはずだ。

それと、適切なサイズを選べば、彼女や奥さんとも時計の共有が出来るはず。パートナーに時計を貸して磁気帯びさせられた、という経験のある時計好きは少なくない。しかし、クオーツならば気兼ねなく、使ってもらえるはずだ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
シチズンお客様時計相談室 0120-78-4807
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011

● 広田雅将(ひろた・まさゆき)

1974年生まれ、大阪出身。時計専門誌『クロノス日本版』編集長。サラリーマンを経て2004年からフリーのジャーナリストとして活躍し、2016年より現職。関連誌含め連載を多数抱える。また、一般・時計メーカー・販売店向けなど、幅広い層に対して講演も行う。

高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL