• TOP
  • HEALTH
  • 【新作】ザ・ノース・フェイスのバックパック。オンオフ使えるのはコレ!

2019.02.28

【新作】ザ・ノース・フェイスのバックパック。オンオフ使えるのはコレ!

春の訪れはまだ先ですが、春物の準備はそろそろスタートの時期。春に新調するアイテムの筆頭にバッグがありますが、「ザ・ノース・フェイス」でオンオフ使える理想的なデイパックを見つけちゃいました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

人気「シャトル」シリーズの新作は、デニム顔が大本命

シンプルなデザインだからという理由だけでなく、アウトドアブランドならではの効率的な収納性で、オンオフ兼用デイパックとして名高い「ザ・ノース・フェイス」の「シャトル」シリーズ。

そんな大人デイパックの定番シリーズから、新作が登場しました。特徴は、コーデュラナイロン製の生地。高い耐久性を発揮するのに加えて、品良い光沢感が上質さもアピールしてくれます。おまけに新作では、デニム調のカラーが登場。ダークカラーだとビジネスには良くとも、カジュアルにおいては少々物足りなさを感じていた人もいるでしょうが、新色のデニム顔登場によって、さらに両立性が高まったといえます。

新型登場で、大人デイパック市場ではもはや独壇場!?

{W27×H45×D12cm} シャトルデイパックスリム1万5000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店
「シャトル」シリーズの、シンプルなデザインと効率的な収納性という魅力を踏襲しつつ、さらに薄型にすることでスタイリッシュさを高めたのが、この「シャトルデイパックスリム」です。それでいて、500デニールのコーデュラツイルナイロンを採用することで、強度もアップデートされています。
PAGE 2
フロント上部には、スマホサイズのストレッチポケットやキーリング、中身が確認しやすいメッシュ仕様のジップポケットをレイアウト。スクエア形状と相まって、収納や取り出しが実に容易です。下部にも、ノートやペンなどを収納できるオーガナイザーが。サイドには、折りたたみ傘用ポケットも。
蛇腹によって3分割されたメインコンパートメント。クッション保護材を採用したPCスリーブはもちろん、タブレット端末用のスリーブも完備。スクエア形状によって、A4ファイルもすっきりと収まります。薄型ですが、一般的なビジネスブリーフと同等の収納量は確保しています。
PAGE 3
バックパネルは、人体に快適に沿うジオメトリックパータンのクッション材を。さらにショルダーハーネスやトップハンドルにまでも、立体的に成型されたクッション材が配され、背負い心地は快適そのものです。背面サイドにはスリットが設けられ、キャリーハンドルへのセットアップも可能です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ザ・ノース・フェイス原宿店 03-5466-9278

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL