• TOP
  • GOURMET
  • 秋の旬素材の料理も、雰囲気も女子ウケ満点!な大人のための和食店

2018.10.08

vol.72「味のなかむら」(広尾)

秋の旬素材の料理も、雰囲気も女子ウケ満点!な大人のための和食店

実りの秋こそ、旬の素材を楽しめる和食店がオススメです。とはいえ、大人のデートで使うなら、料理同様に雰囲気も大切ですよね。その点「味のなかむら」は、抜かりはありませんよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/中川 司

本誌AdelaideclassifiedsでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

誘い文句は「美味しい新米、食べに行こうよ」

ようやく空の高さやカラリとした陽気に秋らしさを感じられる季節となりました。美味しい食材が色々と出て来るシーズンですが、今回は基本に立ち返り、日本人にとっては欠かせない“お米”にフィーチャー。しかもこの時期だけの“新米”をじっくりと味わえる和食店「味のなかむら」をご紹介しましょう。
場所は、古くから高級マンションとして知られる広尾ガーデンヒルズにほど近いひっそりとしたケヤキ並木通り沿い。日比谷線の広尾駅を西麻布方面の出口から地上に出て、広尾ガーデンヒルズへと続くゆるやかな坂道を上がっていきます。この区域の住人でないとあまり通ることもない道ですが、心地良い緑が茂っていて、都内でも数少ない“癒され坂”なんです。そこを上がりきって左手の方に見えるお店が「味のなかむら」。タクシーで乗り付けるのもいいけれど、お散歩がてら、ぜひ歩いて行ってみてください。
まずハッとするのが、アイアンの装飾や重厚な木のテーブルが印象的な広い店内。天井も高く、高級感がある一方で適度なカジュアル感も醸し出しています。懐石料理店でもなく、居酒屋さんでもない、大人が落ち着いてデートを楽しめる和食店です。
PAGE 2

毎回新しい発見あり!な創作和食

コチラのメニューはなんと毎晩入れ替わるとか。和食の基本を踏まえたうえでひとヒネリを加える中村料理長のメニューは、どれも食べたくなるものばかり。

そんな中村料理長は、秋田の100年続く農家で生まれ育ち、ヨチヨチ歩きの時からトラクターに乗り、牛三匹を散歩させるのが子供時代の日課だったそうです。そして毎年、お店では、彼のご実家の畑から届く新米を使っています。以前からその評判は聞いており、「新米が入りましたよ」とのお知らせを受けて、さっそく取材させていただきました。
昔ながらの製法で天日干しした「秋田こまち」。新米のホクホク土鍋ごはんは、いまの季節限定よ。粒が大きめでふっくらとした炊き上がりです。「ずわい蟹といくらの土鍋ごはん」や「さんまと広島高原生姜の土鍋ごはん」など、通常は具材と一緒に炊き上げて提供中よ。
ちなみに、お通しも秋田県産の食材。秋になると実がつく山菜・ミズは、サクサクとした歯ごたえで美味しいの! 山えのき、しいたけ、エリンギで作った自家製キノコ味噌で和えています。
「秋刀魚のコンフィ、春菊のサラダ」1600円
秋刀魚のコンフィをサラダ仕立てにしたもの。蓮根、イチジク、カブ、生食できるカボチャのコリンキー、クレソン、しめじなどと一緒に、秋刀魚をいただくのは初めてだったから新鮮! こういう思いかけない組み合わせを生み出すのが、中村料理長のセンスなのです。
「サーロインと松茸のレモンすき煮」2000円
牛肉と松茸のすき焼きは、横に添えてあるレモンをさっと絞っていただきます。サーロインの脂の強さをレモンがさっぱりと中和。青山椒も効いていて、これも新しいカンジ!
コチラはお米と同じ産地・秋田県の日本酒。1852年に創業した新政酒造の「純米吟醸 瑠璃ラピス 2017」は、秋田県を代表する日本酒で、JALのファーストクラスにも採用されています。まろやかで端麗な味わいです。
PAGE 3

地下には横並びデートに
もってこいのカウンター席が

実は、地下にもお部屋があります。ちょっぴり怪しげな雰囲気の階段を下りたら、靴を脱いで上がります。
カウンター席と、奥には個室が2部屋。カウンター席は堀りになっており、足を伸ばせてくつろぎ感いっぱい。ここで横並びデートもイイ感じでしょ。
レンガの壁面やアイアン装飾などが洋の雰囲気も醸し出す1階のテーブル席は、通常の和食店とは一線を画す雰囲気。しっとりと大人っぽい空間で、乾杯するのもオススメです。

中村料理長も含め、スタッフの制服の胸元にはトンボが刺繍されています。前にしか飛ばない、不退転の勝ち虫のように、常に新しいメニューを編み出す「味のなかむら」で、ぜひ素敵な時間をお過ごしくださいませ。

■ 味のなかむら

住所/
営業時間/17:30〜23:30(L.O.22:30)
定休/第3日曜(1・5・8・12月を除く)

URL/

予約・お問い合わせ/☎︎03-6434-1007

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌Adelaideclassifiedsの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

大人デート向きの和食店は、他にもあります!

● vol.71「イワカムツカリ」(恵比寿)
いま、ヘルシー志向の大人が行くべき和食居酒屋とは!?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL