• TOP
  • GOURMET
  • 「シメホル」=〆にホルモン! がナニワの夜の新常識!?

2018.03.11

「シメホル」=〆にホルモン! がナニワの夜の新常識!?

しこたま呑んだ最後には、ラーメンやうどんではなく“ホルモンで〆る”、ここ大阪では、そんな「シメホル」が新たなスタンダードになりそう。そこで「シメホル」にふさわしい3軒をご紹介。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文・写真/トライアウト

色気より食い気、みたいなデートも大阪ならサマになります。しこたま呑んだ夜には、ラーメンやうどんが恋しくなりますが、ここ大阪では〆にホルモン、略して“シメホル”が新たなスタンダードとして根付いているのです。日付をまたいで以降、突如として溢れ出す食欲を受け止め、食後には背徳感を十分に上回る幸福感を味わわせてくれるコチラの3軒。街に繰り出す前に、ぜひ場所を確認しておいてくださいまし。

Spot01  【ホルモン坂上 梅田本店】

肉の旨みを120%楽しめる極濃コース

キタの歓楽街のなかでもひと際ディープな街、兎我野町(トガノチョウ)に店を構えるのが「ホルモン坂上 梅田本店」。明け方まで開いているコチラの看板メニューは、街に負けず劣らず濃厚な「ホルモン坂上コース」。

肉が運ばれる前に目を引くのは斜めにセットされ、穴がひとつ開いた特殊な鉄板。実はこの穴、肉汁が流れ落ちて取り皿に落ちるような仕組みなのです。肉を焼いている間は、肉汁がどんどん溜まりタレに旨みが追加されていくというわけ。

何はともあれ、白ダレのホルモンからスタート。付け合わせのモヤシの上に盛られた白ダレがヤミツキになる味わい。そして、味噌をベースにした甘辛い黒ダレのホルモンを、肉汁が投入された付けダレでいただきます。
「ホルモン坂上コース」1人前2900円。付け合わせのモヤシは食べ放題。
「ホルモン坂上コース」1人前2900円。付け合わせのモヤシは食べ放題。
ひとしきり肉を食べ終わった後は、〆の麺をうどんorソバからチョイス。滴り落ちた肉汁がたっぷりと入ったタレを絡め、鉄板の上でモヤシや青ネギとともに炒めます。そこに生卵を落とし、半熟の状態になれば完成。すべての焼き加減はスタッフが面倒を見てくれるので、おいしさは保証付き。ただただ目の前のホルモンに没頭できるのも、ひと晩の〆にはふさわしいのではないでしょうか?
肉汁の旨みがブレンドされたソースが絡み、何度でも食べたくなります。
肉汁の旨みがブレンドされたソースが絡み、何度でも食べたくなります。
もうひとつの名物「ガリチュー」2400円(約8人前)。金魚鉢でサーブされるインパクト抜群の一杯。
もうひとつの名物「ガリチュー」2400円(約8人前)。金魚鉢でサーブされるインパクト抜群の一杯。

◆ ホルモン坂上 梅田本店

住所/大阪府大阪市北区兎我野町10-20 藤田ビル 1F
営業時間/18:00~5:00(L.O.4:30)
定休日/不定休
予約・問い合わせ/☎050-5590-3477

NEXT PAGE2/ 3

肉好きを確実に唸らせる、多種多彩なホルモンが勢揃い

Spot02 【ホルモン長岡】

肉好き彼女を確実に唸らせる、多種多彩なホルモンが勢揃い

卓上にセットされた七輪を使い炭火で焼くスタイル。「上ハラミ」600円、「アカセン」380円。
卓上にセットされた七輪を使い炭火で焼くスタイル。「上ハラミ」600円、「アカセン」350円。
午後7時から翌朝7時まで、ジャスト半日営業をしているのが「ホルモン長岡」。コチラの特徴は何といっても提供する部位の豊富さ。定番のハラミやテッチャンからウルテやアカセンといったいぶし銀的な部位まで、常時17種類をサーブ。程良い大きさのポーションゆえ、小腹が空いた3~4軒目遣いにもオススメ。量よりも質! というオトナにぴったりのお店なのです。

またホルモンだけでなく、マッシュルームや万願寺とうがらしなど焼き野菜も厳選したラインナップ。肉と同様、店主の堀田慶彦さんが抜群の目利きで仕入れています。店内はカウンターのみの小バコだけに、来店の際は電話での確認をお忘れなきように。
ミネラル豊富なヒマラヤ岩塩で味わう「マッシュルーム」350円。
ミネラル豊富なヒマラヤ岩塩で味わう「マッシュルーム」380円。

◆ ホルモン長岡

住所/大阪府大阪市北区中崎1-5-19 2F
営業時間/19:00~翌7:00(L.O.)
定休日/月曜
予約・問い合わせ/☎080-5707-8531

NEXT PAGE3/ 3

ハイコスパ×ボリューム満点のひと皿がワンコインで!

Spot03 【ホルモンバル 惑星みかん】

ハイコスパ×ボリューム満点のひと皿がワンコインで!

食べやすさにも気を遣いながら厚切りされたホルモン。「ハラミ」、「塩テッチャン」ともに500円。
食べやすさにも気を遣いながら厚切りされたホルモン。「ハラミ」、「塩テッチャン」ともに500円。
ミナミのド真ん中で、名実ともに強烈なインパクトを残すお店がコチラ。

まず驚くのが、ホルモン屋らしからぬネーミング。店主の薄井直紀さんに尋ねると「ずっと完成を目指すという意味での“未完”と果物のみかんを掛け、覚えやすくてインパクトのある名前にしたかった」とのこと。そして肉厚でボリューミーなお肉は、一見なら誰もが驚くはず。もちろん量だけでなく、20年以上の飲食店経験をもつ薄井さんの信頼と実績の仕入れにより、絶品ホルモンを日々提供しているのです。

営業は夕方6時から朝8時までと超ロングスパン。まずはがっつり肉を食べて街に繰り出すもよし、お気に入りの部位で酔いを〆るもよしと使い勝手抜群。店主の軽快なトークをお供に、気が済むまで肉にまみれてください!
通常のタンよりも柔らかくジューシーな味わい。「子牛のタン刺し」700円。
通常のタンよりも柔らかくジューシーな味わい。「子牛のタン刺し」700円。

◆ ホルモンバル 惑星みかん

住所/大阪府大阪市中央区千日前1-6-1 山喜登会館 2F
営業時間/18:00~翌8:00
定休日/月曜
予約・問い合わせ/☎090-5334-1978
ナニワの夜を締めくくる“シメホル”に相応しい3軒はいかがでしたでしょうか。お肉のおいしさはもちろん、大阪ならではのエンタメ精神溢れるおもてなしもポイントのひとつ。彼女共々大満足な一夜となることは請け合いですので、ぜひ手札に加えてくださいまし。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事