• TOP
  • GOURMET
  • 「ザ・ペニンシュラ東京」の極上チャイニーズに舌鼓!

2018.03.15

SPONSORED

「ザ・ペニンシュラ東京」の極上チャイニーズに舌鼓!

今年も「ザ・ペニンシュラ東京」では全館あげて桜プロモーションを実施します。とりわけ中国料理「ヘイフンテラス」では“桜点心ランチ”を楽しめるとともに、ザ・ペニンシュラ香港の開業90周年を祝した3日間限定のスペシャルイベントを開催。最高のデートをお約束しますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/長谷川あや

もうすぐ桜の季節がやってきます。待ちわびた春の到来に自然と心が躍って、彼女とのお出かけもいっそう楽しくなりますよね。

そんな華やいだ春の気分を満喫できるデートとしてオススメなのが、ラグジュアリーホテルのプロモーション。なかでも「ザ・ペニンシュラ東京」の中国料理「ヘイフンテラス」が開催するレストランイベントは、舌も目も肥えた彼女にも、そのズルいくらいのスペシャル感がわかってもらえるはずです。
「ザ・ペニンシュラ東京」では、今年も麗らかな春の訪れが感じられる3月下旬から、全館あげての“桜プロモーション”を実施します。1階のコンチネンタルダイニング「ザ・ロビー」は、3月22日(木)〜4月1日(日)までの期間、桜の樹を飾った鉢で華やかにデコレーション。天気に左右されることなくお花見を楽しめますので、彼女との待ち合わせに使うもよし、“桜アフタヌーンティー”を食しながらゆっくりと過ごすのも素敵ですよね。

五感で春を楽しめる“桜点心ランチ”

中国料理「ヘイフンテラス」の店内。
見た目にも中身にも桜を取り入れた「桜点心ランチ」。
そんななかイチ押しなのが、日本の四季折々の食材を使用した伝統的な広東料理を提供する中国料理「ヘイフンテラス」の“桜点心ランチ”。ピンク色が目を引くフォトジェニックな点心をはじめ、焼き点心や桜にちなんだ国産の鶏肉“桜姫”に鮮やかな万願寺唐辛子のソースを添えた蒸し鶏、桜海老を練り込んだ麺を使用した焼きそばなどなど、見た目はキュート、でも味は本格派なアイテムが、「これでもか!」とラインナップされたランチ限定コースです。

シャンパン「ドゥーツ」の桜ロゼが、ウェルカムドリンクとして供されるのもナイス。彼女の乙女心をキュン❤︎と刺激しちゃってくださいませ。
PAGE 2

2人のシェフが繰り広げる、スペシャルコラボレーション

「ザ・ペニンシュラ香港」の中国料理「スプリングムーン」で活躍するエグゼクティブ シェフ、ゴードン・リャン氏の来日が決定。
「ヘイフンテラス」の料理長、ディッキー・トォ氏。リャン氏とどんなコラボレーションを披露してくれるのか、注目が集まります。
また、ぜひみなさまにオススメしたいのが、「ヘイフンテラス」が贈る、3日間限りのプロモーションです。4月13日(金)〜15日(日)まで、ザ・ペニンシュラ香港の中国料理「スプリングムーン」のエグゼクティブ シェフ、ゴードン・リャン氏が来日。「スプリングムーン」をミシュランガイド 2017年度版で一つ星へと導いたリャン氏が、「ヘイフンテラス」の料理長、ディッキー・トォ氏とともに、オリジナルメニューを作り上げます。
今年の12月に、開業90周年を迎えるザ・ペニンシュラホテルズの旗艦ホテル「ザ・ペニンシュラ香港」と、昨年開業10周年を迎えた「ザ・ペニンシュラ東京」。新旧2つのペニンシュラによるスペシャルなコラボには、香港の美食家たちも海を越えて駆けつけたいのではないでしょうか。いまここでしかいただけない──というスペシャル感に、とかく女性が弱いことを、賢明なみなさまはよくご存知のはず、ですよね?
「ヘイフンテラス」のキッチン内にある「シェフズテーブル」。料理の味、シェフの調理風景、キッチン内の音、匂い、キッチンをイメージしたステンレス製のテーブルと椅子を採用しており、五感で料理が楽しめます。
とりわけ「ヘイフンテラス」に1つしかない個室で、キッチン内の臨場感溢れる雰囲気を楽しみながらいただける“シェフズテーブル8品コースメニュー”は、なんと「クリュッグ グラン キュヴェ」のフリーフロー付き。なんという贅沢! 究極のエクスクルーシブ体感ができますよ。
PAGE 3

お次は「スプリングムーン」にお誘いしちゃう!?

ザ・ペニンシュラ香港の中国料理「スプリングムーン(嘉麟楼)」。 1920 年代の上海の邸宅を感じさせる雰囲気の中で、伝統的な広東料理をはじめ、点心や北京ダック、シーフードなどを提供しています。
そうそう、知っていました?「ヘイフンテラス(起鳳臺)」って、鳳凰が飛び立つテラスを意味しているのだとか。「ヘイフンテラス」のインテリアは、中国・蘇州の古典庭園の庭園様式がテーマで、鳥カゴが多く点在。中国で鳥は“幸せを運んでくれるもの”として大切にされているのだそうです。

ザ・ペニンシュラホテルズでは、香港・東京・上海・北京の4軒の中国料理レストランを姉妹店と位置付け、各レストランの名前にそれぞれ伝説上の生き物で縁起が良いとされる、麒麟や一角獣などを使用しているとか。

ちなみに「スプリングムーン」は嘉麟楼──麒麟の住む場所のこと。そんなウンチクを語りながら、「今度は、スプリングムーンで食事しようよ」なんて、香港旅行の計画を立ててみるのもいいですよね。
皇居外苑と日比谷公園の向かいに位置する「ザ・ペニンシュラ東京」は、食事の前後にお花見を楽しむのにも絶好の立地。3月29日(木)に開業を控える「東京ミッドタウン日比谷」も目と鼻の先です。さ、気になるあのコを、春のデートに誘ってみましょ!

■ 中国料理「ヘイフンテラス」

住所/東京都千代田区有楽町1-8-1「ザ・ペニンシュラ東京」2F
営業時間/ランチ 11:30~14:30(L.O.)、土日祝 11:00~14:30(L.O.)、ディナー18:00〜22:00(L.O.)
定休/日曜
 
URL/
予約・お問い合わせ/☎03-6270-2738


「ヘイフンテラス×スプリングムーン コラボレーションイベント」
開催期間/2018年4月13日(金)~15日(日)

料金/3万5000円(「クリュッグ グラン キュヴェ」のフリーフロー付きシェフズテーブル8品コースメニュー/※ランチ&ディナー各1組限定、各2〜6名)
 
※6品コースランチ8980円、6品コースディナー 1万6980円も実施。コースディナーに、追加5000円(1人)でワインペアリングディナーにすることも可
※すべて 税・サ別

「桜点心ランチ」 
提供期間/2018年3月19日(月)~4月15日(日)
時間/11:30~14:30(L.O.)、土日祝11:00~14:30(L.O.)
料金/4980円(税・サ別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL