• TOP
  • GOURMET
  • 宮内庁御用達「東洋軒」での洋食デートは、フランス料理に負けずデートに向いてます

2018.02.24

宮内庁御用達「東洋軒」での洋食デートは、フランス料理に負けずデートに向いてます

顔が隠れてしまいそうなメニューやぶ厚いワインリストと格闘するフォーマルディナーもたまにはいいけれど、いつもの自分を見せたいなら、ほっこりくつろげる洋食屋さんでのデート。ところどころウンチクをはさみながらお楽しみあれ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/吉澤健太 文/秋山 都

宮内庁御用達にして、ニッポン洋食の最高峰

気合の入ったデート、というと多くの方がフレンチやイタリアンの洒落たお店を選びがち。「だってその方がムードあるでしょ」。ええ、そりゃまあその通り。でも、スープをズズ~ッとすすったり、パスタをスプーンで巻いて食べたり……食べ慣れないものを前にすると人ってなんだか緊張しがちなんですよ。

そんなアナタにおすすめしたいのが洋食屋でのデート。ハンバーグやメンチカツ、グラタンやカレー……メニューに並ぶは、お馴染みの料理ばかり。フォークやナイフ遣いに自信がないならお箸でいただくこともできます。

そしてこの洋食、本場フランスに負けず劣らず繊細で、ウンチクに満ちた深~いお料理なのでした。今回は、創業明治22年の「東洋軒」の料理とともに、洋食の魅力をご紹介します。
PAGE 2

黒い!  1か月かけて煮込む秘伝の味

◆「ブラックカレー」

名物ブラックカレー(2600円)は、松阪牛を100%使用。完成までひと月かかるという逸品。
自家製福神漬けを添えて。
洋食の歴史は江戸末期~明治初期にまで遡ります。ちょうど2018年は大政奉還(明治元年)から150年ですから、洋食の歴史もまさに同じくらい。明治政府は西洋列強に並ぼうと、宮中での正餐をフランス式に整え、当時の天皇にも肉食を奨励しました。
庶民の間でも牛鍋(現在のすき焼き)や、カレーライス、ポークカツレツ(現在のとんかつ)が徐々に広がり、明治中期には東京の洋食店が1000軒を超えたといわれています。

大正―昭和天皇の料理番として知られる秋山徳蔵(「東洋軒」三代目料理長)は、当時なかなか手にはいらなかったフォワグラを鶏レバーで代用し、何回も裏ごしすることですばらしくなめらかな舌触りのムースを編み出したと言われていますが、洋食の多くのメニューが、フランス料理をインスピレーション源として創られました。

このブラックカレーもそのひとつ。「東の魯山人、西の半泥子」と称された陶芸家にして食通、川喜田半泥子が「黒いカレーができないか」と提案(というか無理難題?)し、当時の料理長が応えたのがこちら。松阪牛と秘伝のスパイスをじっくり、ゆっくりと炒めたブラック・ルゥがこのこっくりとした味と色の秘密です。
PAGE 3

肉汁がとめどなく流れ出す

◆「メンチカツ」

松阪牛と宮城県産黒豚を合挽きにしたメンチカツ(2200円)。自家製のウースターソース、2種のジャガイモをあわせたポテトサラダ、コールスローを添えて。
洋食といえばこの「フライ」がひとつのハイライト。そもそも先出の秋山徳蔵(天皇の料理番にして、「東洋軒」3代目料理長)が、宮中での晩餐会で供していたクロケットを廉価に、一般的にしたものが現在のコロッケだと言われています。

「東洋軒」のフライは、細かく繊細なパン粉が特長。このパン粉を作るため、まずパンを焼くところから始めるというから気合が入っています。ソースはもちろん自家製。トマト、玉ねぎなどの香味野菜にりんご、デーツなどで甘みを足した、深みのあるおいしさです。
PAGE 4

ノスタルジックなデザートの王様

◆「プリン・ア・ラ・モード」

プリンに2種のアイスクリーム、季節のフルーツなどを盛り合わせた「プリン・ア・ラ・モード」1200円。
え、さて。ここまで洋食=デート推しでまいりましたが、実はこの「東洋軒」は接待利用も多いお店。エグゼクティブな男性同士が、マナーを気にせずおいしいものを食べる場として、大いに活用されています。
そんな紳士諸兄が、デザートに必ずオーダーするという一品、それが「プリン・ア・ラ・モード」であります。

「a la mode(ア・ラ・モード)」とフランス語がついているため、フランスのデザートなのかと思いきや、こちらも立派なジャパンメイド。戦後、GHQに接収されていたホテルで将校婦人たちのために考案されたデザートなのだそうです。

「東洋軒」のプリン・ア・ラ・モードは固めに焼いたクラシックなプリンにあっさりキャラメルソース、そして季節の2種アイスクリームとフルーツを舟盛りにした豪華版です。ときに強面の紳士おふたりがひとつのデザートをつつきあい、満面の笑顔になるといいますから、洋食の威力おそるべし。肩肘張らず、どこか懐かしい洋食は、どんな人のココロの武装も解いてしまうのかもしれません。

◆ 東洋軒

住所/東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー 1F
予約・お問い合わせ先/03-5786-0881
営業時間/11:30~15:00(L.O.14:00)、18:00~23:00(L.O. 21:00)
定休日/日曜(貸し切りのみ営業)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL