• TOP
  • GOURMET
  • 10ホテルのカレーパンを食べ比べてみたら、驚くほど個性に違いがありました!

2018.01.19

10ホテルのカレーパンを食べ比べてみたら、驚くほど個性に違いがありました!

定番商品だからこそこだわりの詰まった一流ホテルのカレーパン。都内の10ホテルから取り寄せて一気にご紹介!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/大石智子 写真/sono(bean)

誰にでもおなじみのカレーパンも、ホテルメイドとなれば上質さは言わずもがな。定番商品だからこそ各ホテルのこだわりが詰まっているはずと、10ホテルのカレーパンを取り寄せて、食べ比べを実施してみました!
パン+カレーというコンビ自体はシンプルながら、ホテルのカレーパンを比べてみると、非常に細分化されています。パンを焼くか揚げるか、カレーのスパイスが効いているか甘めか。チキンかビーフか。いろいろ分かれるのですが、共通しているのはカレーのレベルがとても高いこと!

では、なぜそうなるのか? 主な理由はふたつあると思います。まずひとつに館内に様々なレストラン部門があるため、幅広い素材を新鮮なうちに各部門から仕入れられること。ふたつめにカレー自体を専門のシェフが作っている場合が多いこと。結果的にカレーが極めて美味しくリッチに仕上がり、それをどんなパンで包むのかがセンスの見せ所になります。

ではさっそく、深遠なるカレーパンの世界をご紹介。カレーパン、一気に10個いきますよ!

ANAインターコンチネンタルホテル東京
このカレーパンは、インドとパリが出会った味!?

ひと口食べた瞬間に、本格的なスパイスの香りが鼻を抜けていきます。従来のカレーパンではなかなか見られない香辛料使いと思ったら、なんとビーフカレーに約20種ものスパイスを使用しているとのこと。だから、きちんと辛い。野菜がゴロゴロ入っていて、じゃがいもの配分が10ホテル中一番高かったです。パンはパリの「ピエール・ガニェール」のパンと同じ天然酵母を使用した生地を焼きあげたもの。香り高いライスがインドカレーに合うがごとく、風味豊かなパンがカレーを引き立てます!
名称:ビーフカレーパン
価格:300円(税込)
カレー:20種のスパイスによるビーフインドカレー
カレーの辛さ:★★★★
パン:天然酵母のパン生地(ノンフライ)

◆「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」

住所/東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 2 F 
営業時間/7:00〜10:00(土日祝〜20:30)
定休日/無休
お問い合わせ/☎03-3505-1111

NEXT PAGE2/ 6

ザ・リッツ・カールトン東京

ザ・リッツ・カールトン東京
予想を超える形状から、カレーが現れるギャップがうれしい

カレーパンらしくない見かけの、革新的な一品!  カレーパンには珍しくクロワッサン生地で作られるこちらは、歯を入れると幾層かの生地を感じ、エアリーさもある。そしてたどり着くカレーは、鶏ひき肉を使用したコク深いインド風キーマカレー。ペースト状に近いため、その分生地の食感に集中できるバランスがいいです。カレーのスパイシーさと、バター香る生地も好相性!
名称:カレーパン
価格:270円
カレー:インド風チキンキーマカレー
カレーの辛さ:★★★
パン:クロワッサン生地(ノンフライ)

◆「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」

住所/東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ザ・リッツ・カールトン東京1F
営業時間/9:00〜21:00 
定休日/無休
お問い合わせ/☎03-6434-8711(レストラン予約10:00〜21:00)

ホテルオークラ東京ベイ
このカレーパンとサラダがあれば、それだけで贅沢ランチに!

純国産素材によるパン生地の表面には細かく削った餅がまぶしてあり、中はもちっ、外はカリっとした食感のコントラストが味わえるうえ、チーズもかかっているので濃厚さも満点。カレーはオークラ伝統のレシピをもとに調理したビーフカレーで、大ぶりのローストビーフが贅沢に入った肉好きには嬉しい断面となっています。毎日午前と午後の2回揚げているので、揚げたても狙いやすい。
名称:ja・パン(じゃぱん)シリーズ『カレーパン』
価格:500円(税込)
カレー:オークラ伝統のレシピを基にしたビーフカレー
カレーの辛さ:★★
パン:純国産素材のパン生地(フライ)

◆「カフェレストランテラス」

住所/千葉県浦安市舞浜1-8 ホテルオークラ東京ベイ1F
営業時間/10:00〜20:00(土日祝〜21:00)※カレーパンの販売は7:30からと13:00からで売切次第終了 
定休日/無休
お問い合わせ/☎047-355-3348

NEXT PAGE3/ 6

ザ・ペニンシュラ東京

ザ・ペニンシュラ東京
190円ともっともお手頃価格にして、カレーもパンも美味しすぎる!

しっとりした生地の秘密は、パン・ド・ミに練り込んだマスカルポーネチーズ。その生地は発酵時間が緻密に計算されており、小麦の旨みをより感じる仕上がりともなっています。カレーは、トマトの微かな酸味、豚の旨み、飴色になるまで炒めた玉ねぎの甘さが重なり、スパイスの奥深さを引き出します。あとからピリッとくる辛さが爽快。白ワインを飲みたくなる! 
名称:カレーパン
価格:190円(税別)
カレー:ポークキーマカレー
カレーの辛さ:★★★★
パン:マスカルポーネチーズ入りパン・ド・ミ生地(ノンフライ)

◆「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」

◆「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」
住所/東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京B1F 
営業/11:00〜18:00
お問い合わせ/☎03-6270-2717

東京マリオットホテル
噛むほどに美味しい、噛む喜びのあるカレーパン

生地にタピオカ粉が含められていて、もちもちした食感がクセになります。特にオーブンで温めたあとのカリモチ感はここが一番! 中のカレーは10ホテル中でもっとも辛さが控えめで、逆にじっくり煮込んだ野菜の甘さが効いています。牛肉のロースやヒレによるコクも加わり、「この生地にはこのカレーしかない!」と食べて納得する美味しさ。カレーパンはスティック状が食べやすいという発見にも目覚めるひと品です。
名称:TOKYO MARRIOTT カレーパン
価格:350円(税込)
カレー:欧風ビーフカレー
カレーの辛さ:★
パン:タピオカ粉入り生地(フライ)

◆「ペストリー & ベーカリー GGCo.」

住所/東京都品川区北品川4-7-36 東京マリオットホテル1F 
営業時間/10:00〜20:00 
定休日/無休
お問い合わせ/☎03-5488-3929

NEXT PAGE4/ 6

パーク ハイアット 東京

パーク ハイアット 東京
ワイン片手に映画でも観ながら食べたいものです

パンのコク深さはこのカレーパンがトップ。しっとりとしたシンプルな生地に、エダムチーズとバターでコクを出した粗めのパン粉がまぶされ、それだけでもシャンパンが飲めてしまいそう。そこに入るカレーはマイルドなビーフキーマカレーで、チーズとの一体感も抜群。ビストロ料理のような食べ心地です。
名称:キーマカレーパン
価格:270円(税込)
カレー:ビーフ&チキンキーマカレー
カレーの辛さ:★★
パン:チーズ風味の生地(ノンフライ)

◆「ペストリー ブティック」

住所/東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パーク ハイアット 東京 2階 
営業時間/11:00〜19:00 
定休日/無休 
お問い合わせ/☎03-5323-3462
※カレーパンは数量限定で月水金日曜のみ提供

グランド ハイアット 東京
どこか懐かしい、子供から大人にまで優しいカレーパン

国産牛100%のミンチを使ったカレーは、チェダーとパルメザン2種のチーズを使用し、クラシックな洋食屋さんのカレーのような味わい。パンにはカレーによく合う生クリームが含められ、舌触りがリッチ。統合的にマイルドなカレーパンなので幅広い層に慕われる一品。15時のおやつに食べたいイメージです。
名称:カレーパン
価格:200円
カレー:欧風ビーフキーマカレー
カレーの辛さ:★★
パン:生クリーム仕立ての生地(ノンフライ)

◆「フィオレンティーナ ペストリーブティック」

住所/港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京1F 
営業時間/9:00〜22:00 
定休日/無休
お問い合わせ/☎03-4333-8713

NEXT PAGE5/ 6

ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニ
出ました、横綱! もはやごはんにかけたいカレーパン

手にとってみると、ズッシリとしたかつてない重量。なんとこのカレー、中に約110gものホテル名物の“銀座ビーフカレー”が入っているのです。柔らかく煮込まれた牛肉の塊がいくつも入り、刻んだピクルスの酸味がいいアクセントになっています。カレールーと八穀粉を練り込み、健康オイルでさらっと揚げた特製生地も秀逸。完全なるご褒美カレーパンですね!
名称:プレミアムビーフカレーパン
価格:1500円
カレー:欧風ビーフカレー
カレーの辛さ:★★★
パン:カレールーと八穀粉を練り込んだパン生地(フライ)

◆「パティスリーSATSUKI」

住所/東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階 
営業時間/11:00〜21:00 
定休日/無休
お問い合わせ/☎03-3221-7252

マンダリン オリエンタル 東京
爽やかさ、ヘルシーさはこのカレーがトップ!

ぎゅっとつまった野菜や果物の旨みを感じる、他にはないタイプのカレー。果実の甘さや爽やかさがスパイスの香りと調和し、トマトの酸味のおかげで食後に重くならない。かつ、セロリなどの香味も感じ、身体にいいカレーという印象。ソフトでシンプルなノンフライのパンもカレーとマッチ。派手な味ではないけれど、しっかり記憶に残るカレーパンです!
名称:カレーパン
価格:350円
カレー:欧風ビーフカレー
カレーの辛さ:★★
パン:ホワイトパン(ノンフライ)

◆「ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ」

住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京1F 
営業時間/7:30〜20:00(土日祝9:00〜19:00) 
定休日/無休
お問い合わせ/☎0120-806-823(レストラン総合予約)

NEXT PAGE6/ 6

パレスホテル東京

パレスホテル東京
本格カレーをフォカッチャで包んだアイデアが素晴らしい!

カレーはコク深さが際立つキーマカレー。一見フライにも見えるパンは、フォカッチャ生地をひまわり油で焼き上げたもの。衣の存在感がしっかりしていながら、中の生地は軽めという好バランス。従来のカレーパンのイメージを崩さないまま、細部がアップグレードされている一品。ビールが飲みたくなります。
名称:カレーパン
価格:300円
カレー:インド風ビーフキーマカレー
カレーの辛さ:★★★
パン:フォカッチャ生地(ノンフライ)

◆「スイーツ&デリ」

住所/東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京B1F 
営業営業/10:00〜20:00 
定休日/無休
お問い合わせ/☎03-3211-5315
以上、ホテルのカレーパン辞典でした。お家デートの軽食に、仕事の手土産にご活用くださいませ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事