• TOP
  • GOURMET
  • ホテルのスウィーツはパティシエで選ぶ! が大人デートの常識です

2018.01.18

ホテルのスウィーツはパティシエで選ぶ! が大人デートの常識です

バレンタインも近いこの時期、スターパティシエたちがしのぎを削るホテルのスウィーツがオススメです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/大木凡子

バレンタインまであと1か月。街にはさまざまなスウィーツ情報が溢れ返っていますが、ちょっと待って。スウィーツと言えばホテル、ですよね。宴会需要の多いシティホテルは伝統的にスウィーツに力を入れており、数多くのスターパティシエたちがしのぎを削っている絶品スウィーツの宝庫。そこで特に注目のパティシエたちがつくる最新作をまとめてご紹介。これならスウィーツ好きの彼女も絶対満足ですよ。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ ×德永純司シェフ

まずご紹介するのは、いま最も旬なパティシエと言われる德永純司シェフ。世界最高峰のパティシエコンクール「クープ・ドゥ・ラ・パティスリー」で、30代にして準優勝・チョコレートピエス部門第1位(2015年)という輝かしいキャリアの持ち主です。その活躍ぶりはあの『情熱大陸』でも紹介され、その後、ザ・リッツ・カールトン東京を経て、2016年4月にホテル  インターコンチネンタル 東京ベイのエグゼクティブ シェフ パティシエに就任した際も大きな話題を呼びました。
そんな德永シェフのつくるスウィーツは見た目の美しさもさることながら、素材の持ち味を見事に生かしたもの。インターコンチネンタルホテルの「パークレーン」では、その最新作を心ゆくまで堪能できるデザートブッフェが開催中です。その名も、「アリスのスイートティーパーティー by Junji Tokunaga 第2弾《ストロベリーデザート&ランチブッフェ》」。
入口から会場内まで装飾されたウォークウェイを抜けると、そこに広がるお菓子のワンダーランド。不思議の国に迷い込んだような空間で楽しむデザートブッフェ。……と、ちょっと男性には照れくさい気もしますが、そこは彼女サービスということで(笑)。

旬を迎える苺をふんだんに使った德永シェフによるインスタジェニックなストロベリーデザートは、一見の価値アリです。また、ブッフェボードにはストロベリーがメインのスウィーツ、グラスデザート、マカロンなど27種類のデザートと合わせて、サラダ、スープ、グラタンのランチメニューもあるので、食事メニューとしても十分に満足できますよ。

◆パークレーン

住所/東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 3F
期間/2018年1月10日(水)~2月28日(水)
※開催日は1月10日(水)、16日(火)、17日(水)、24日(水)、30日(火)、31日(水)
2月6日(火)、7日(水)、13日(火)、14日(水)、20日(火)21日(水)、27日(火)、28日(水)の14日間限定です。
営業時間/デザート&ランチブッフェ 1部 12:00~14:00(L.O. 13:45) / 2部 15:30~17:30(L.O. 17:15) 2時間(フリードリンク)
料金/4700円
※料金には、デザート&ランチブッフェ、ドリンク、税金、サービス料13%が含まれます。
URL/
予約・お問い合わせ/☎03-5404-3918(平日 9:30~18:00 / 土日祝 定休日)

NEXT PAGE2/ 4

帝国ホテル × 市川幸雄シェフショコラティエ

帝国ホテル × 市川幸雄シェフショコラティエ

次にご紹介するのは、1890年に開業した歴史ある「帝国ホテル」。そのショコラティエを務めるのは市川幸雄シェフ。スイスでのチョコレート修業の後、2001年に帝国ホテルに入社、2007年には前述の「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で日本代表チームのキャプテンを務め、見事優勝しました。国際コンクールの受賞歴も豊富で、パティシエとしてのキャリアは25年以上のベテランです。
今回、バレンタインデーに向けて、市川シェフの下、ひとつずつ丁寧に手作りしているひと口サイズのチョコレート「ボンボン ショコラ」を2年ぶりにフルリニューアルし、シェフの斬新な創造性と繊細なテクニックを楽しめる19種類の新フレーバーが誕生しました。
「ボンボンショコラ」はその中に、帝国ホテルの伝統メニュー“コンソメスープ”を使用した『コンソメ』の他に、「スイートコーン」「バジルオリーブ」「トマト」「オニオン」の野菜風味のショコラを詰め合わせたボックス『フレンチ』もあり、こちらは開業以来提供してきたフランス料理に着想を得たそう。「『コンソメ』と野菜のショコラを組み合わせて召し上がっていただくことでトマトスープやオニオンスープなどの異なった種類のスープを味わっているかのような今までにない味わいが楽しめます」ということで、ぐっと好奇心がそそられます。
他にも、オーソドックスなショコラの詰め合わせ『クラシック』、香りとフルーツの味わいが楽しい『アロマ』、梅干やこし餡などの和の素材・デザインの『ジパング』と合わせて4つのテーマがあり、彼女とどれにするか悩むのも一興。また、大人のふたりにピッタリな期間限定ケーキ「ハートフル“バレンタイン”(2160円・税込)」も販売中なので、銀座デートの際は足を伸ばしてみては。

◆ホテルショップ ガルガンチュワ

住所/東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 東京 本館1階
営業時間/8:00~20:00
URL/
お問い合わせ/☎03-3539-8086(直通)

NEXT PAGE3/ 4

マンダリン オリエンタル 東京 × ステファン・トランシェ(Stephane Tranchet)シェフ

マンダリン オリエンタル 東京 × ステファン・トランシェ(Stephane Tranchet)シェフ

KUMO(1200円)
昨年夏のスウィーツ界のニュースといえば、「マンダリン オリエンタル 東京」のエグゼクティブ・ペストリーシェフに、ステファン・トランシェ氏が就任したこと。彼は、フランス・エシレ村の近くで生まれ育ち、3つ星シェフのピエール・ガニェールのもと、パリで経験を積み、2005年日本で初めてオープンした「ピエール・ガニェール・ア・東京」で約3年半ペストリーシェフを務めました。その後パリに戻ると「ホテル プラザ アテネ」や「ホテル ル バーガンディ」を経て、「フォーシーズンズ ホテル ジョルジュサンク パリ」でエグゼクティブ・ペストリーシェフとして腕を振るいました。
そんな華々しい経歴を持つトランシェ氏の持ち味といえば、視覚と味覚に新鮮な驚きをもたらす繊細でダイナミックなスイーツ。その代名詞とも言えるのが、雲をかたどった愛らしいケーキ「KUMO(くも)」です。雲のように、とても軽やかでふわっとした舌ざわりで、春はいちご、夏は桃、秋は栗、冬は柚子といったように日本や旬の素材を取り入れ、季節ごとに味わいを変えて、絶妙な甘さのバランスでひと口ごとにさまざまな食感と味わいが楽しめます。
ちなみに、そのKUMOにちょこんと乗っているのは「蝶」。「蝶に乗せて幸せをお届けしたい」というステファンの想いが込められているのだそう。
そして、バレンタイン、ホワイトデーと続くこの時期ならではのスペシャルな企画も。トランシェ氏が「語るLOVE」を共通テーマに、紳士淑女の“想い”とその“距離”を表現した6種類の限定スイーツが発売になりました。なかでもオススメは、公園を寄り添って歩きながら語る“愛”を表現した帽子型の生ケーキ「愛のプロムナード(1000 円)」。ビビットな色使いは冬のロマンティックなふたりにぴったり。このフォルムに確かな味、彼女へのちょいプレにもピッタリですね。
愛のプロムナード(1000円)

◆ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ

住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 ザ マンダリン オリエンタル 東京 1F
営業時間/7:30~20:00(平日/月~金) 9:00~19:00(土日祝)
URL/
お問い合わせ/☎0120-806-823

NEXT PAGE4/ 4

ホテルニューオータニ × 中島眞介シェフ

ホテルニューオータニ × 中島眞介シェフ

最後にご紹介するのは、「ホテルニューオータニ」のグランシェフ・中島眞介氏が手掛けるあまおうスイーツ。現在、系列15のレストランで全30種類のメニューを展開する期間限定の「あまおうSweetsフェア」が開催中です。
中島シェフは、1998年にホテルニューオータニのシェフパティシエに就任、その後、「ワールドペストリーチャンピオンシップ」の入賞や「世界パティスリー2009」の優勝に貢献するなど、まさにパティシエ界の草分け的存在。そして、「スーパーシリーズ」の生みの親であり、さらに進化した「エクストラスーパーシリーズ」を手がけていることでも有名です。
「スーパーシリーズ」とは、2004年のホテル開業 40周年記念として発売された「パティスリーSATSUKI」の看板メニュー。誰もいままで味わったことがないような最上級のスウィーツを目指して、中島シェフが素材や製法にこだわって作り上げた渾身の作品の数々で、それらは今回のフェアでも楽しめますよ。
「スーパーシリーズ」の第1号は甘みの強い「博多あまおう®」が収穫される季節にだけつくられるショートケーキ。高脂肪の生クリームのコクと、最高級の小麦粉、卵を使用した口どけのよいスポンジが最高に美味しいと評判です。
そして、2014年に、ホテル開業50周年を記念して作られたのが「エクストラスーパーシリーズ」。こちらは、あまおうを8粒も使用し、ケーキの大きさは「スーパーあまおうショートケーキ」の1.5倍。あまおうの味を引き立てるアーモンドミルククリーム、厳選素材のスポンジを使った最上級の品となっています。

◆「パティスリーSATSUKI」/「コーヒーショップ「SATSUKI」

住所/東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階
期間:2018年4月下旬まで
営業時間/11:00~17:00(パティスリーSATSUKIのテイクアウト商品は11:00~21:00)
URL/
お問い合わせ/☎03-3221-7252(パティスリーSATSUKI直通)/☎03-5275-3177(SATSUKI直通)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事