• TOP
  • GOURMET
  • ホテルのミシュラン星付きレストランで、記憶に残る特別のランチデートを!

2018.01.17

ホテルのミシュラン星付きレストランで、記憶に残る特別のランチデートを!

帝国ホテル「レ セゾン」、マンダリン オリエンタル 東京「センス」、インターコンチネンタルホテル大坂「ピエール」のミシュラン星付きランチをご紹介。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/長谷川あや

一流ホテル+ミシュラン星付きレストランの組み合わせと言えば、これはもう泣く子も黙る無敵のタッグ。その最強のディナーは特別の日にとっておくとして、彼女とのランチデートで普段使いしてしまおうというのが今回の企画です。最高の味、最良のサービス、極上の空間は昼も夜ももちろん一緒。つまりランチなら、リーズナブルでありながら記憶に残る特別のランチデートが楽しめるという次第。これ、オトクですよ。

王道です! 日本が誇る名門ホテルのメインダイニング
帝国ホテル/フランス料理「レ セゾン」

「レ セゾン」は、日本を代表するホテル「帝国ホテル 東京」のメインダイニングで、ミシュランでも長年にわたり星を獲得しています。料理、雰囲気、接客──、すべてにおいて「最上級」を提供するこの場所では、余計な気づかいは無用。サービススタッフたちが、ふたりを心地良くもてなしてくれるので、彼女を連れて行きさえすれば、アナタもあとはただ料理を堪能すれば良し、です。
シェフを務めるのは、ティエリー・ヴォワザン氏。フランス・シャンパーニュ地方のレストラン「レ・クレイエール」で9年間シェフとして3つ星を守り続けたフランス人ですが、正統派フレンチに、積極的に和の食材を取り入れる趣向がユニークです。最近では、甘鯛、ノドグロなど日本ならではの魚も積極的に使用。通常のフランス料理では白ワインを使って作る「ベアルネーズソース」も、あえて日本酒を使って仕上げています。
ランチメニューは、前菜・メイン・デザートの3品のコースが7000円から。一流ホテルのメインダイニングのランチとしては、決してお高くはありません。もちろん、ランチタイムでも、フルコース(1万7500円~)やアラカルトのオーダーは可能です。特にこの時期、賞味したいのが、ヴォワザン氏が師事した、フランス料理界の巨匠としても名高いシェフ、ジェラール・ボワイエ氏直伝の「トリュフのパイ包み焼き」(2万5200円)。トリュフ一個を丸ごとフォアグラとパイで包み焼きあげた贅沢この上ない一品に、彼女も恍惚の表情を浮かべることでしょう。

◆フランス料理「レ セゾン」

住所/東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 東京本館中2階
営業時間/ランチ : 11:30〜14:30(L.O.)、ディナー: 17:30〜22:00(L.O.)
URL/www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/les_saisons/index.html
予約・お問い合わせ/☎03-3539-8087(直通)
※料金は税・サ込

NEXT PAGE2/ 3

広東料理「センス」

東京上空で、スタイリッシュなモダン中華に舌鼓
マンダリン オリエンタル 東京/広東料理「センス」

「マンダリン オリエンタル 東京」37階に位置する「センス」は、5年連続、ミシュラン1つ星を獲得しています。こちらの自慢は、本格的かつモダンな広東料理と、東京スカイツリーを一望する景観。
また、そんな「センス」の料理を体現したかのような、スタイリッシュな空間にも心躍ります。
名前のとおり、「五感(センス)」を刺激するものがずらり。なかでも香港で絶大なる人気を誇るナポAdelaideclassifiedsフィッシュや中国野菜を使った料理には定評があります。コース料理はすべて一人一皿ずつ提供されるのもスマート。ソムリエも常在しているので、ワインと合わせるのもおすすめですよ。
平日のランチメニューは、3800円から。前菜、点心、ヌードルスープで構成されるカジュアルなものから、料理長オススメのランチコース(1万5800円)まで、メニューは多彩。ヘルシー志向の彼女が喜びそうな、ベジタリアンコースもあります(7800円)。また、土、日、祝日のみ提供している、開業以来の人気メニュー「飲茶ランチ」(6800円~)もぜひお試しあれ。点心の皮って、実は既製品を使っているレストランも多いのですが、同店では毎日、点心師が手作りしているそうです。
福建省産高級烏龍茶にロンガンとベルガモット(柑橘系)の香りを加えた「マンダリン オリエンタル ブレンドティー」など、中国茶の豊富なラインナップに、女性も目を輝かせることでしょう。

◆広東料理「センス」

住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京 37F
営業時間/ランチ : 11:30〜14:30(L.O.)、ディナー: 17:30〜22:00(L.O.)、飲茶(土日祝) : 11:00〜15:00(L.O.)
URL/www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/fine-dining/sense/
予約・お問い合わせ/☎0120-806-823(レストラン総合予約)

NEXT PAGE3/ 3

フレンチレストラン「ピエール」

ひと皿ごとにサプライズが隠された料理を大阪の絶景とともに
インターコンチネンタルホテル大阪/フレンチレストラン「ピエール」

この6月に開業5周年を迎える「インターコンチネンタルホテル大阪」のフレンチレストラン「ピエール」は、『ミシュランガイド京都・大阪 2018』にて2年連続1つ星を獲得しています。

フレンチレストランではめずらしい開放的なオープンキッチンを構え、また、天然木をふんだんに使った温かみのあるインテリアを配した「ピエール」は、大阪の景観が楽しめる、20階に位置。窓も広くとられているので、開放感もあります。
フランスのミシュラン星付レストランで研鑽を積み、帰国後は「ベージュ アラン・デュカス東京」や「ピエール・ガニェール・ア・東京」で腕を振るった、経験豊かな大久保晋シェフが手がける料理は、季節の移り変わりを感じさせる和の素材とフランス料理の技法を独自の感性でマリアージュさせたもの。メニュー名から得たイメージを、いい意味で覆す料理は、色彩豊かで美しく、大胆、そして繊細で、ひと皿ごとがサプライズ。アートなお皿に驚き、口に運んでまた驚き――、料理の楽しさがたっぷり詰まっています。
ランチコース「ピエール」(8000円)は、前菜2品に魚料理、肉料理、デザートがついたフルコース。プラス4000円でワインマリアージュも楽しめてしまいます。シェフの季節のスペシャルコース「境界線」(1万6000円)は、ランチタイムでもオーダー可能です。

そうそう、よりスペシャルなシチュエーションをお望みなら、店内唯一のコーナーテーブルをリザーブしてくださいね(混み具合によりますが!)。

◆フレンチレストラン「ピエール」

住所/大阪府大阪市北区大深町3-60 インターコンチネンタルホテル大阪 20F
営業時間/ランチ : 11:30〜14:00、ディナー: 18:00~21:30
URL/www.icosaka.com/restaurant/pierre/
予約・お問い合わせ/☎06-6374-5700(代表)
※料金は税込・サ別

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事