• TOP
  • GOURMET
  • あのコの生まれ年のワインはどんなワイン? を簡単チェック!

2017.12.18

あのコの生まれ年のワインはどんなワイン? を簡単チェック!

「この1本にキミの人生と同じだけの時間が詰まっているよ」と贈る、生まれ年のヴィンテージワイン。1957年(60歳)から1987年(30歳)まで、フランス産ワインのヴィンテージ評価早見表です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 取材協力/森上久生

「女とワインは古いほうがいい?」

「女房と畳は新しいほうがいい」なんて言いますけれど、フランスでは「女とワインは古いほうがいい」と言うそう。JKなんぞに目もくれず、成熟した女性に魅力を感じる、というスマートなアナタにおすすめするは、生まれ年のヴィンテージワインを贈る、という粋な贈り物。「この1本にキミの人生と同じだけの時間が流れているんだよ」なんて言葉とともに贈れば、そのお方へのリスペクトと愛はおのずと伝わることかと。

でも、ワインといってもいろいろありますし、あのコの生まれた年はどんなワインがいいのかわからない、という方に、ソムリエの森上久生氏協力のもと、フランスワインのヴィンテージ早見表をご用意しました。現在30歳の方から60歳の方までチェックいただけます。
森上久生さんはサンパウやベージュなど名店でシェフソムリエを歴任。
森上久生さんはサンパウやベージュなど名店でシェフソムリエを歴任。
森上氏いわく、「ヴィンテージの評価は種々あり、たとえばロバート・パーカー(著名なワイン評論家)のポイントなどはワインが出来てから比較的短いタームでの評価に過ぎません。たとえば2002年、近年では2012年など、当時はそれほど良作年とされなかった年であっても、徐々に世界的に評価が上がっているものもあります」とのことですので、評価はあくまで参考にしていただければ。

せっかくのワインを見つけたら、ワインクーラーとしても使える特製ギフトボックスにクリスマスリースやショコラとともに詰めて贈るスペシャルなギフトパッケ―ジはいかが。
ラ ボワット ファシル+モエ・シャンドン(750ml)+ショコラ+クリスマスリース1万8800円(税別)、ハーフボトルのプティサイズ(1万2960円)もあり。
ラ ボワット ファシル+モエ・シャンドン(750ml)+ショコラ+クリスマスリース1万8800円(税別)、ハーフボトルのプティサイズ(1万2960円)もあり。

◆ レフレシール キョウコ フジタ

住所/東京都中央区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング 1F
お問い合わせ/☎03-3212-8787
営業時間/11:00~18:30
定休日/土曜・日曜

NEXT PAGE2/ 7

生年別ヴィンテージワイン早見表

ヴィンテージワイン早見表1987―1957

1987年(30歳)早飲みに向いたワイン

フランス全土で収穫期に雨が多かったため、仕上がったワインは味わい希薄なものが多くなりました。このため早飲みに向いているのが特徴です。ブルゴーニュではボルドーよりは天候に恵まれたものの、ワインの生産量も含めて大幅に落ち込みました。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1986年(31歳)長期熟成に向いたワイン

ボルドーでは第二次世界大戦後最大のブドウ収穫量になりました。タンニンを豊富に含んだ力強いワインに仕上がり、長期熟成に向いています。ブルゴーニュのワインも同様に長期熟成に向いたワインが数多くつくられました。この年はブドウの収穫量・ワインの生産量とも多く、全体的に高い品質のワインに仕上がっています。
ボルドー☆☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

1985年(32歳)フランス全土ですばらしいワイン

フランス全土ですばらしいワインができたグッドヴィンテージ。特にボルドーでは長期熟成に向いた素晴らしいワインが数多くつくられました。
ボルドー☆☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆☆

1984年(33歳)80年代でもっとも厳しい1年

フランス全土で天候に恵まれず、非常に厳しいヴィンテージになりました。天候の影響でブドウの収穫量、ワインの生産量も落ち込み、リリースされた僅かなワインも長期熟成には向かず早飲みタイプのものが多い1年です。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆ 
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
ロワール☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1983年(34歳)全体的に良好

ボルドーでは年間を通じて理想的な天候になり、前年同様のすばらしいワインに仕上がりました。生産量も多く、流通しているワインは信頼度が高いと言えるでしょう。ブルゴーニュも平均点~やや良好の評価ですが、ワインによって品質にバラつきが見られます。ローヌも天候に恵まれ、素晴らしいワインに仕上がりました。
ボルドー☆☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

NEXT PAGE3/ 7

1982年(35歳)〜1978年(39歳)のあなたへ

1982年(35歳)ボルドーはすばらしいワインに

ボルドーは理想的な天候で、全地域ですばらしいワインに仕上がりました。夏の暑い乾燥した天候により、タンニンを多く含んだパワフルで長期熟成に向いたワインを生み出されました。ブルゴーニュも良好なワインが多く、特に白ワインは飲みごたえのあるワインが多く見られます。ローヌは雨が少なすぎたことが影響し、平均点の出来栄えです。
ボルドー☆☆☆☆☆ ブルゴーニュ☆☆☆☆ ローヌ☆☆☆ アルザス☆☆☆☆ ロワール☆☆☆☆ シャンパーニュ☆☆☆☆☆

1981年(36歳)生産量少ないものの良好

ボルドーは生産量こそ少なかったものの良好なワインに仕上がりました。ブルゴーニュは地域によって差がありますが淡く味わい希薄なワインが多い傾向にあります。ローヌも同様に平均点、アルザス、ロワールは寒暖の差が激しい日があり、生産量は少なかったものの、現存するワインは良好なものが多く見られます。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆

1980年(37歳)現在では入手が困難

フランス全土で前半は平年より気温が低い日が多かったため、結実不良となり、ワインの出来栄えは平均的と評価されています。フランス全体でワインの生産量が少なく、入手が困難な年代です。
ボルドー☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
ロワール☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1979年(38歳)全体には平均点以上

ボルドー・ブルゴーニュとも天候に波がありましたが、どの地域のワインも良い仕上がりになりました。ローヌは地区によって評価が分かれますが、全体的には平均点以上の良いワインが多く見られます。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆

1978年(39歳)多くのワインが飲みごろ

ボルドーでは夏から収穫期にかけては乾燥した暑い日が続きました。ワインの出来栄えも平均点以上で、多くのワインが飲み頃を迎えています。ブルゴーニュもかなりの良作年。ソーテルヌでは乾燥の影響で、ブドウの貴腐化が進まず、非常に厳しい年になりました。ローヌでは乾燥した日が続いたことで、ブドウが完熟し、赤白ともパワフルな素晴らしいワインに仕上がりました。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆

NEXT PAGE4/ 7

1977年(40歳)〜1972年(45歳)のあなたへ

1977年(40歳)フランス全土で厳しかった1年

ボルドーでは70年代では最も天候が悪く、ブドウの生産量・品質に多大な影響をもたらしました。ブルゴーニュはワインの生産量は平年並みでしたが、ボルドーと同様にワインの仕上がりは平均的~厳しいものが多く見られました。一方でローヌでは南部は収穫前に天候が回復し、完熟したブドウも多かったため、魅力的なワインが多く見られます。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆ 
ロワール☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1976年(41歳)ブルゴーニュ数年ぶりの当たり年

ボルドーは前年と同様にワインによってバラつきが少なく、どの地域のワインでも平均的に美味しく楽しめます。ブルゴーニュは久しぶりの当たり年。ローヌもボルドーと同じく乾燥した日が多く、特に赤ワインは濃厚でパワフルなワインに仕上がりました。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆☆

1975年(42歳)ボルドーは良好な出来栄え

ボルドーでは70年代の中でも良好な出来栄えの1年になりました。とくに赤は、堅牢なタンニンを保持しており、長期熟成に向いたワインに仕上がっています。一方でブルゴーニュは前々年、前年に引き続き3年連続で厳しい年になりました。赤白ワインとも早飲み向きで、長期熟成にはあまり向いていません。ローヌも長期熟成には向いておらず、既に大半が消費されているようです。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆ 
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

1974年(43歳)品質にバラつきあり

ボルドーでは9月に雨の日が続いた影響でブドウが熟し切らず、全体的に淡い希薄なワインになりました。ブルゴーニュなどの他の地域もワインの品質にバラつきがあり、良いワインもあれば厳しいワインもあるという難しい年になりました。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
ロワール☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆

1973年(44歳)アルザス・ロワールは健闘

全体を通して天候は良かったものの、夏に暑い日が少なく、ブドウの凝縮感という点で不満が残る結果になりました。これがワインの味わいにも影響し、軽めで短命のワインが多くなったとされています。アルザス、ロワールは平均的~良い仕上がりです。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆ 
シェンパーニュ☆☆☆

1972年(45歳)ローヌは平均的な仕上がり

ボルドー、ブルゴーニュとも夏の雨の影響により、ブドウの生育が遅れました。完熟に至らないブドウや、水分を多く含んだ凝縮感のないブドウが多くなり、ワインの品質に影響を与えました。フランス全土で長期熟成に向いていないワインが多く、やや残念な一年ですが、ブロゴーニュは徐々に評価を高めています。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆
ローヌ☆☆☆ 
アルザス☆☆ 
ロワール☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

NEXT PAGE5/ 7

1971年(46歳)〜1967年(50歳)のあなたへ

1971年(46歳)アルザス、ロワールで70年代最高の当たり年

ボルドーでは、前年と同様に年間を通じて天候に恵まれ、ブドウの収穫量、ワインの生産量・品質とも成功した1年になりました。ソーテルヌの貴腐ワインは、70年代で最高の出来栄えとされています。ブルゴーニュは昼夜の寒暖差が激しく、それが凝縮感のあるブドウを作り出し、赤白ワインとも前年を大きく上回る素晴らしい出来栄えになりました。ローヌ、アルザス、ロワールも70年代では最高の出来で、当たり年とされています。
ボルドー☆☆☆☆
ブルゴーニュ☆☆☆☆☆
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆☆

1970年(47歳)平均的な出来栄え

年間を通じて天候に恵まれ、ブドウの収穫量、ワインの生産量はもちろん、品質面でも成功した1年になりました。ポテンシャルが高く、長期熟成にも向いており、適切に保管されていれば現在でも美味しく楽しむことができます。ブルゴーニュは前半の気温の低さがブドウの成熟を遅らせたため、ワインは平均点の出来栄えです。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

1969年(48歳)ブルゴーニュ最高のアタリ年!

ブルゴーニュでは、年間を通じて理想的な天候となり、戦後もっとも素晴らしい年のひとつと言われています。一方でボルドーでは年間を通じて雨が多く降り、ブドウの生育に影響が出ました。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆☆
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆

1968年(49歳)生産量の少ない1年

フランス全土で天候に恵まれず、ワインには厳しい年となりました。ボルドー・ブルゴーニュともワインの生産量が少なく、現在ではワインがほとんど流通していません。
ボルドー☆ 
ブルゴーニュ☆☆ 
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1967年(50歳)味わいにバラつきあり

ボルドーでは夏までは天候にも恵まれ、ブドウ栽培にとっては理想的でビッグヴィンテージを予感させましたが、収穫前に天候不良が続き、ブドウの品質に影響をもたらしました。収穫直前までは良かっただけに非常に惜しい年と言えます。ただし、素晴らしいワインに仕上っているものも多くあり、味わいにバラつきがあるようです。
ボルドー☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆☆

NEXT PAGE6/ 7

1966年(51歳)〜1963年(55歳)のあなたへ

1966年(51歳)上出来ですが飲みごろを過ぎているかも…

フランス全土で天候に恵まれ、前年に比べてブドウの収穫量、ワインの生産量、そして品質の面で大きく上回りました。どの地域の赤ワインも、タンニンを多く含んだポテンシャルの高いワインに仕上がり、信頼度の高いヴィンテージです。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

1965年(52歳)残念ながらハズレ年

フランス全土で年間を通じて天候に恵まれず、特に夏に続いた雨の影響で病害や腐敗が進み、ブドウ・ワインの生産量・味わいとも非常に厳しい年となりました。残念ながら第二次世界大戦後で大ハズレの年のひとつと言えます。
ボルドー☆ 
ブルゴーニュ☆ 
ローヌ☆ 
アルザス☆ 
ロワール☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆

1964年(53歳)ボルドーの一部は大当たり

ボルドーでは、9月までは天候に恵まれましたが、10月の収穫時期に雨が続きました。メルロ、カベルネ・フランは既に収穫していたため影響を受けずに素晴らしいワインに仕上がり、右岸のポムロールやサンテミリオンでは偉大なヴィンテージになりました。
ボルドー☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆☆

1963年(54歳)淡く、味わい薄いワインが多い傾向

ボルドー・ブルゴーニュとも、前半は天候に恵まれましたが、夏が冷涼だったため、ブドウの生育に影響が出ました。例年よりも淡く、味わいが希薄なワインが多い傾向にあります。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆ 
ローヌ☆☆ 
アルザス☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1962年(55歳)素晴らしいが価格も高騰

フランス全土で年間を通じて天候に恵まれました。ボルドーは前年の大当たり年ほどではありませんが、品質の高いワイン。ブルゴーニュはボルドー以上に素晴らしく長期熟成に向いたワインに仕上がりました。ただし価格も高騰しており、入手が困難なヴィンテージの1つとされています。ボルドー☆☆☆☆ ブルゴーニュ☆☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

NEXT PAGE7/ 7

1961年(56歳)〜1957年(60歳)のあなたへ

1961年(56歳)ボルドー最高のアタリ年!

ボルドーでは生産量こそ少ないながらも、春から夏の急な気温変化がブドウに凝縮感をもたらし、素晴らしいワインに仕上がりました。この1961年は戦後もっとも秀逸な大当たり年のひとつと言われています。ブルゴーニュもボルドーには及ばないものの、上々の出来。
ボルドー☆☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆ 
ローヌ☆☆☆☆☆ 
アルザス☆☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆

1960年(57歳)雨の影響でイマイチ…

6月以降の低温多雨がブドウの生育に悪影響をもたらしました。このため大半のワインが厳しい出来栄えになりました。
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆ 
ローヌ☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆

1959年(58歳)戦後最大のアタリ年!

フランス全土で天候に恵まれ、どの地域でも素晴らしいワインがつくられました。特にボルドーでは戦後最大のワ大当たり年と言われ、長期熟成に向いたすばらしいワインに仕上がりました。 この年の格付けシャトーのワインは価格高騰しています。
ボルドー☆☆☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆☆☆ 
ロワール☆☆☆☆☆ 
シャンパーニュ☆☆☆☆☆

1958年(59歳)平均的なれど入手は困難

ボルドーは雨が多かったため、ブドウの収穫量、ワインの生産量が減少したものの、ワインの仕上がりは上々でした。特にグラーブ地区のワインが良いとされていますが、既に大半が消費されているため現在ではかなりレアなアイテムに。ブルゴーニュは生産量・味わいとも平均的な年となりましたが、ボルドーと同様に現在では入手が困難。
ボルドー☆☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆

1957年(60歳)現在では入手困難

フランスの、夏以降は低温多湿となり、ワイン造りにとっては厳しい一年に。入手もなかなか困難。ボルドーはソーテルヌのみ☆☆☆
ボルドー☆☆ 
ブルゴーニュ☆☆☆

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事