• TOP
  • GOURMET
  • 日本一美しい紹介制鮨店「鮨よしい」を限定公開!

2017.12.01

日本一美しい紹介制鮨店「鮨よしい」を限定公開!

名だたるアーティストの作品が展示されているギャラリーのような鮨店を期間限定でAdelaideclassifieds.jp読者に公開。日本一暗く、日本一美しい「鮨よしい」の謎とは。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/吉澤健太

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」は、電灯が広く使われる前の日本で、行灯や燭光がもたらすほの暗さにこそ風雅な美を感じるという日本人の感性について書かれた名随筆です。主に建築や紙、能などについて評論されていますが、このネタ(谷崎さん、失礼!)、Adelaideclassifieds.jp的にも「うんうん」とおおいに頷けるポイント多数。たしかに、ファミレスのようにしらじらと明るい場所では男女の機微に富んだ会話も盛り上がらず、第一互いの顔のシワ1本1本まで露わにされてしまうのでは落ち着かないというもの。

そこで今回ご紹介する「鮨よしい」はおそらく東京で一番「暗闇が美しい」鮨店。紹介制のため、誰でもが行ける場所ではありませんが、今回Adelaideclassifieds.jpの読者限定で1月末まで予約を受けてくれることになりました。谷崎さんが存命でいらしたら足繁く通ったであろう「陰影礼賛」な鮨店、その全貌をご紹介してまいりましょう。
六本木の古いビルの1階にひっそりと佇む「鮨よしい」、白いのれんをくぐると・・・
六本木の古いビルの1階にひっそりと佇む「鮨よしい」、白いのれんをくぐると・・・
ネオンで明るい六本木の街からやってきたからでしょうか。店内は暗く、はっきりと見えません。小道の向こうにぼんやり灯るろうそくが…

小さな入口を経て、そこは穴ぐらのようにほの暗い鮨店。谷尻誠氏/吉田愛氏による設計の店内は黒漆喰風の壁で覆われ、間接照明がぼんやりと大きな木製テーブルを照らします。卓上にはまな板がひとつ。椅子は6席。ストイックなまでにミニマルなしつらえです。
杉本博司作「海景」シリーズより。
杉本博司作「海景」シリーズより。
あ、これは! 杉本博司さんの「海景」ではありませんか。お鮨を食べながらアートを鑑賞できるとはなんとも贅沢です。
ビョーン・ダーレム(ドイツのアーティスト)による立体の作品。
ビョーン・ダーレム(ドイツのアーティスト)による立体の作品。

そして店内正面にはビョーン・ダーレムの作品が飾られた一角が。この窓のように切り取られた一角を眺めながらピンときました。「これは床の間だ」と。つまり、この鮨店自体が茶室と考えられ、小さめな入り口はにじり口、扉から店内までは露地であると考えればすべてがしっくりと来ます。日本に根付く「見立て」の美学、さすがです。

NEXT PAGE2/ 2

なぜ鮨店にこれほどアートが? のヒミツ

それにしてもなぜこんなに素晴らしいアートが鮨店に? 実はこの「鮨よしい」のオーナーは現代アートギャラリーhiromiyoshiiのオーナーでもある吉井仁実さん。ご自身のアートコレクションを展示しているので、ときには草間彌生さんや岡本太郎氏の作品が飾られることもあるという、おそらく日本でもここだけな“アートな鮨店”でもあるというわけです。
空間、アートときて、もちろんお鮨もホンモノ。銀座の名店で修業を積んだという矢部裕二さんによる江戸前ずしが堪能できます。黒田泰蔵さん、吉田直嗣さんなど現代作家の手による器に置かれるとマグロの濡れるような赤や、コハダの繊細な斑紋もより美しく、印象的にみえますね。
最後に、谷崎さんからも「鮨よしい」についてひと言いただきましょう。

「現代アートの美しさは、そう云うぼんやりした薄明りの中に置いてこそ、始めてほんとうに発揮されると云うことであった。『鮨よしい』の座敷と云うのは四畳半ぐらいの小じんまりした茶席であって、床柱や天井なども黒光りに光っているから、行燈式の電燈でも勿論暗い感じがする。が、それを一層暗い燭台に改めて、その穂のゆら々々とまたたく蔭にある膳や椀を視詰めていると、それらの塗り物の沼のような深さと厚みとを持ったつやが、全く今までとは違った魅力を帯び出して来るのを発見する。」

実はこれ、「陰翳礼讃」の一部を引用し、「日本の器」を「現代アート」に、そして「わらんじや」という店名を「鮨よしい」に変更しただけ。いかにこの「鮨よしい」が日本の独特な美意識に迫っているか…感じていただけるでしょうか? 

ちなみにこの「鮨よしい」は1年限定で来年はどこかへ移動する予定だというから、ご興味のある方はお急ぎを。通常、紹介制ですが、2018年1月末までは「Adelaideclassifieds.jpを見た」を合言葉にご予約いただけます。

◆ 鮨よしい

住所/東京都港区六本木5-9-20
営業時間/18:00~21:30(L.O.)
定休日/日曜・月曜
予約・お問い合わせ/☎ 03-6459-1343

●おまかせコース1万6000円(税・サ別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事