• TOP
  • GOURMET
  • あの住所も電話も非公開の隠れ家レストランを限定公開!

2017.11.27

あの住所も電話も非公開の隠れ家レストランを限定公開!

まるで英国貴族のお城に招かれたような気分を味わえる紹介制レストランが昨年、都内某所にオープン。以来、食通たちの間で話題になっているのだとか。その名は「エレゾハウス」。住所・電話番号非公開と気になる要素満載のお店だけに、誘われた女子も気にならざるを得ませんぞ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

撮影/角田 進 文/T.Kawata

女性はサプライズに弱いものです。思いがけない贈り物や、意外性のある食事など、気の利いた演出は遊び慣れた男のたしなみといったところ。もし、年末にいたずら心を発揮してお誘いするなら、詳しい住所も電話番号も非公開、一見、個人宅のような秘密のレストラン「エレゾハウス」にお誘いしてはいかがでしょう。
さてこちら、来店経験のある方からのご紹介でしか利用できないというミステリアスさが気になります。通常ですと、ホームページから紹介者の情報などを添えて予約をするシステム。お店側が紹介者を確認できれば、ようやく住所や電話番号を入手できるのです。
教えられた住所だとこのあたり……。お店とはわからない一軒家に到着しました。
教えられた住所だとこのあたり……。お店とはわからない一軒家に到着しました。 
入り口の狼のマークだけがお店とわかる目印です。
入り口の狼のマークだけがお店とわかる目印です。
まずは教えられた住所へと向かいます。そこには洒落た一軒家がありますが、お店といった雰囲気は皆無。「狼のロゴが目印」という暗号めいたヒントをもらっていなければ、迷っていたかもしれません。
もしもお誘いした女性に詳細を告げずに訪れたなら、目立った看板のない一軒家に彼女は「普通のおうちじゃないの?」と戸惑いを隠せないはず。でも、そこは百も承知の余裕を醸し出しながら、階段を上りドアを開けましょう。

NEXT PAGE2/ 2

本当のサプライズは個性豊かな個室です

本当のサプライズは個性豊かな個室です

入店までの流れが、女性にとってはすでにサプライズですが、本当のサプライズはこちらの個性豊かな個室。なかでも2階の個室はさながら英国貴族のお城に招かれたかのような雰囲気です。なにせ、壁には立派な鹿のはく製がディスプレイされているのですから、彼女の気分も盛り上がるはず。
こちらが二階の個室。鹿のはく製や風景画が貴族の館を思わせます。「鹿の角は、痛みの少なさや、上部の幅の広さで価値が決まるんだよ」。てなことを、スタッフの受け売りとわからぬよう、彼女に教えて博識を装いましょう。
こちらが二階の個室。鹿のはく製や風景画が貴族の館を思わせます。「鹿の角は、痛みの少なさや、上部の幅の広さで価値が決まるんだよ」。てなことを、スタッフの受け売りとわからぬよう、彼女に教えて博識を装いましょう。
メニューを選んでほどなくすると料理が運ばれてきます。調理はカウンター席の場合、「見せるおもてなし」として目の前で盛り付けてもらえるので、女性にも喜ばれること請け合い。
エゾシカのコンソメと人参のピューレ、ウニ添え。上からコンソメ、北海道産のウニ、人参の3層構造。写真はディナーコースの一例で、料理は季節や入荷状況により変わります。
エゾシカのコンソメと人参のピューレ、ウニ添え。上からコンソメ、北海道産のウニ、人参の3層構造。写真はディナーコースの一例で、料理は季節や入荷状況により変わります。
蝦夷鹿とヒグマサルシッチャのロースト。肉の強さは感じつつも、ジビエのイメージを覆す柔らかさと優しい風味が新鮮です。それというのもシェフが肉の特製を知り尽くしているからこそ。
蝦夷鹿とヒグマサルシッチャのロースト。肉の強さは感じつつも、ジビエのイメージを覆す柔らかさと優しい風味が新鮮です。それというのもシェフが肉の特製を知り尽くしているからこそ。
ほかにも魅力的なお部屋がたくさんある店内をあますところなくお見せしちゃいましょう。
屋敷もさることながら、エレゾハウスの真髄はお肉への情熱です。こちらのお店はグループ内(北海道)にファームがあり、家畜、家禽の生産を行なっているほか、良質なジビエを自分たちで狩猟して獲得しているというから驚き。生産している肉とハンティングで捕らえるジビエを問わず、動物の生態、年齢・性別、育った環境、どんな状態で食材になったのかを、きちんと理解できているから、ベストな料理が提供できるというわけです。通常、鹿肉が一品提供されますが、鹿料理が2皿になる場合は、月齢や性別を変えるなど、肉の個性を楽しめる工夫がなされています。

聞けば、オーナー、シェフをはじめ、従業員みなさんが狩猟免許を取得するルールなのだとか。「このお店のスタッフは、全員狩猟免許を持っているらしいよ」なんて、豆知識を披露しながら、至極のディナーを楽しめば、きっと彼女との会話も弾んで素敵な時間が過ごせますぞ。

◆ エレゾハウス 

住所/非公開 
お問い合わせ/☎非公開 
営業時間/ランチ12:00~15:00(最終入店13:00まで)、ディナー18:00~21:30(最終入店19:30まで) 
定休日/ランチは木金土のみ営業、ディナーは不定休(12月31日~1月4日休み) 
URL/http://elezo.com/table/elezohouse.php

●料金/ランチコース1万7000円~、ディナーコース2万5000円~(稀少食材希望の場合は上記の金額に追加3000円程度)。ともにワインペアリング付き、消費税・サービス料込み 

Adelaideclassifieds.jpを見た方に限り、2018年1月31日までは、紹介者なしで予約が可能。 『Adelaideclassifieds.jp』を見た旨を記載のうえ、HP()内のメール [email protected]からご予約ください。 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事