• TOP
  • GOURMET
  • バカラのグラスで優雅に楽しむ、神出鬼没の屋台バーがあるって!?

2017.11.26

バカラのグラスで優雅に楽しむ、神出鬼没の屋台バーがあるって!?

都内の橋を中心に夜な夜な現れる屋台のバーがあるという。バカラのグラスを使用して、味わうのは高級酒。ウワサのモバイルサロン「TWILLO」へ突撃しました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/菅野祐二

誰かがリツイートでもしていたのでしょう、そのミステリアスなツイートに気づいたのは数年前のことでした。
『汐見橋』。。冒険2467日目。永代通り沿い、富岡と木場の境目。。橋のたもとの小さな広場にいます。今宵はここでゆったり葉巻でも燻らせると致しましょう。。題目は「おもいつき」。そうだ。。そうしよう(ニヤリ)。。。

またある日は、

『萬年橋』。。冒険2457日目。晴海通り沿い、東銀座。。斜め前に歌舞伎座がみえます。今宵はここでゆったり葉巻でも燻らせると致しましょう。。題目は「かいてん」。どうして。。この世界はこんなに簡単に。回転するんだ?(ニヤリ)。。。

なんだ、この人は。プロフィールを見れば「白い屋台です。都内を冒険して歩いています」とのこと。では、こちらもこの人を探して冒険してみるといたしましょう。ヒントはその日のツイートのみです。

東京をさまよう白いモバイルサロン「TWILLO」

この日のツイートには、「豊海橋」にいるとありました。橋をたよりに出かけるなんて、「君の名は」(新海誠監督による大ヒットアニメ映画ではなく、往年の菊田一夫のほうですよ)みたい。古くて誰も知らないか…。
あった! たしかに白い屋台。すでにお客さんがたむろしています。みなさん、ツイートだけでたどりついたんだろうか…。
「たしかに屋台なんですけれど、正式名称は“モバイルサロン”と呼んでいます」と教えてくれたのは神条昭太郎さん。2006年からこの“モバイルサロン”を引き、都内を冒険しつづけて12年めを迎えるという変わり者(失礼!)です。
前職は銀行マン、そしていま話題の議員秘書だったという神条さんはなぜ屋台、いえ、モバイルサロンを引いているのでしょうか。
「(前職は)やはりストレスの強い仕事でしたし、もう雇われではいたくない、自分で食っていける仕事をしたいと考えたのがきっかけです。ぼくは、自分の世界観を表現できること、自由度が高い、その仕事で食べていける――この3つを大切にしたいんですが、すべて規模を小さくすれば同時に満たせるなと。それが屋台でした」

たしかにこの小さな空間はスタンディングのバースタイル、ミラーボール、一輪だけ活けられたバラ、数々のオブジェなど、神条さんのセンスと世界観を存分に表現しているようです。その最たるものは、美しいグラスやデキャンタなどのクリスタル類。
どこからか湧いてくるように現れてくるお客さんは、常連も、ご新規さんも垣根なく話しあっています。その話題の種になるのが、その夜の「題目」。「くせ」「みちくさ」「とほう」「しゅんかん」など、その日によって異なる題目は神条さんによって黒板に記され、さりげなく置かれています。禅問答のようなお題ですが、そこからさまざまな話題が広がり、知らない者同士でも仲良くなるのも楽しさのひとつ。
気になるお酒はラム(この日は23年もの)とカルバドスの2種。メニューもなければ価格もありません。お客は、自分で適正だと思う金額を支払うシステムです。いくら支払えばいいのか悩みますね…。フード類の持ち込みは自由とのこと。またトイレは近くの公衆トイレを使用します。
西は西郷山公園周辺(代官山)から、東は豊洲や浅草まで東京を広く“冒険する”という「TWILLO」はすべて神条さん自身が手と足で引いて移動しているそう。彼を知って以来、今夜はどこを冒険しているのか、気になってしかたありません。住所不定で毎夜どこかに錨を下ろす小さなボートのような「TWILLO」の、白い屋台を見たら立ち寄ってみてください。それが私たちにとっての「冒険」のはじまりです。

◆ TWILLO

開店場所はツイッターアカウント@Twillo0をチェック
営業時間/22:00頃~AM3:00頃
定休日/不定休

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事