• TOP
  • GOURMET
  • 記念日メニューが大得意なフレンチと言えばココ!

2017.09.23

vol.19「アニュ ルトゥルヴェ・ヴー」/広尾

記念日メニューが大得意なフレンチと言えばココ!

CATEGORIES :
写真/福本和洋(マエティコ)
デートのお店選び、みなさんはいつもどうしていますか? ガイドブックや雑誌はもちろん、さまざまなグルメサイトまであって、今やニッポンはレストランの検索天国ですよね。とはいえ、「デートを成功させるためのお店」をきちんと探し出せる人ってきっと少ないはず。だって、複雑な女性の好みや心理状態を理解できないと恋を成就させるってムズカシイもの。
 
そこで、本誌AdelaideclassifiedsでYULI*YULIとして14年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南いたしましょう。

記念日デートは
お洒落フレンチが正解よ❤︎ part1

デートを重ね、付き合う間柄になったふたりに決まって訪れるのが“記念日”。特に、彼女のお誕生日をどこでどんな風に祝うかは大切なポイントです。そこでオススメなのはフレンチレストラン。なぜって、ドアを開けてから席に付くまで、彼女をお姫さまのようにエスコートしてくれるサービスに始まり、素敵な店内、キレイな盛り付けのお料理など、すべてがスペシャルな時間を演出してくれるから……。
「アイスモンブラン」1500円/今回特別に製作していただいたスペシャルデザートは秋の新作メニューに。マロンクリームの中にはアイスクリームが入っていて、彼女には二度サプライズを演出できます。
そして、お祝いディナーのクライマックスとして利用したいのがデザート。フレンチレストランのそれは芸術的で、思わず女ゴコロがくすぐられちゃうんです。「わ、可愛い!」と彼女がつい顔をほころばせること必至よ。和食・中華・イタリアンのデザートでは“可愛い”という言葉を引き出すことはなかなかできないはず。
研究熱心ながら気さくな下野シェフ。記念日デートの演出は彼にお任せしちゃいましょ。
今回は特別に、広尾の名店「アニュ ルトゥルヴェ・ヴー」にアニバーサリー用のデザート製作を依頼しました。マロンクリームをふんだんに使った秋らしいデザートは、ハートモチーフのチョコレートで可愛らしくアレンジされていて、記念日デートにぴったりでしょ?

2009年からお店を切り盛りするオーナーシェフの下野さんいわく、「フレンチを日常化する必要はなく、非日常がフレンチなんです」。もともとお客さまの記念日に対するサービスが得意な下野シェフなだけに、「アニュ」では、毎晩どこかのテーブルでお祝いがあるみたい。

秋の香り立つ新作メニューも登場

そして、“ありのままに”という意味の「アニュ」という店名が表すように、下野シェフが創作するお料理はどれも、素材の美味しさがそのまま生かされているのが特徴的。なんといっても下野シェフは素材発掘の名人ですから、コチラの秋の新作メニューにもその才能が表れています。
 
たとえば、写真左のアミューズ。通常は市場に出回らない蓮根の芽の部分に旨味が詰まっていることに着目して、創り出した一品です。フレッシュな芽蓮根を、エノキや生ハムをドライにしたものと一緒に一口でパクリ。それぞれの素材のマッチングが新鮮な味わいよ。
 
写真右の前菜は、ハタの身に松茸スライスをくっつけて揚げたもの。ラビコットソースでいただきます。どちらも秋の風味たっぷりで個性溢れる下野フレンチが全開です!

モダンシックな店内も素敵です

広尾というロケーションも記念日デートには申し分なし。お店があるのは、“さんぽ通り”というネーミーングにふさわしい並木道に面したビルの1階。天井が高くて、モダンシックな店内には絵が何枚も飾られています。すべてフランスの女性画家ヴェロニク・フレミー氏の作品。ワインをスワリング(飲む前にグラスを回して空気に触れさせること)している状態を表しているのですって! 

大切なアニバーサリーは、お客さまを喜ばすことが大好きな下野シェフにお任せしちゃいましょ。もちろん、事前にお祝い内容を相談しつつ、あとは“ありのままに”ね。

■「アニュ ルトゥルヴェ・ヴー」

住所/渋谷区広尾 5-19-4 SR広尾ビル 1F
営業時間/ランチ11:30〜15:00(L.O.13:30)、
ディナー18:00〜23:00(L.O.21:00)
定休日/火曜日

料金/ランチ3800円〜、ディナー8500円〜
※税・サービス料別
※ご紹介したお料理は、材料の入荷状況によってお出しできない場合もあります
 
URL/
予約・お問い合わせ/☎03-5422-8851

●渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌Adelaideclassifiedsの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2017年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が10周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL