• TOP
  • GOURMET
  • 夏の大阪で日本酒を堪能するなら、この4軒

2017.08.04

夏の大阪で日本酒を堪能するなら、この4軒

老舗から新店まで、飲み屋ひしめく大阪の街。そのなかから日本酒が旨い!と評判の4軒をピックアップ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文・撮影/トライアウト

今や街のそこかしこでポンッと栓を抜く音が聞こえるほど、人気が定着した日本酒。寒い冬の燗酒はもちろんいいけれど、キンキンの冷酒をグラスに注ぎクイッと飲む、夏酒はこれまた格別!

というわけで、気持ち良く酔える大阪の日本酒酒場をご紹介。小難しいウンチクはさて置き、料理とのペアリングの妙をカジュアルに楽しむのがゴキゲンロードへの近道なのです。

◆ 味酒(うまざけ) かむなび

日本酒に魅せられた夫妻による完全予約制の隠れ家

まず一軒目は、古くからの町屋が並ぶ谷町五丁目にある「味酒 かむなび」。

今やその名を全国に轟かせる名酒販店「山中酒の店」出身の伊戸川さんご夫婦が切り盛りするこちらは、大阪における日本酒居酒屋の先駆けです。

おふたりが全国より選び抜いた名酒とともに、丁寧な仕事が行き渡る絶品割烹が日替わりで楽しめるのも魅力。

「日本酒は数ある醸造酒のなかで最も味の幅が広いので、いろいろなタイプを飲んでもらいたい」と伊戸川浩一さん。

その日の料理やお客一人ひとりの好みに合わせた、とびっきりの日本酒を勧めてくれますよ。
料理はお任せコースの一本勝負。旬の食材を使い、シンプルながらも小ワザを散りばめた品々に心が躍ります。

カウンターで肩を並べ、しっぽりと夏酒を楽しむ、そんなオトナの夜が楽しめる一軒であります。
完全予約制ゆえ、気になった方は早めにお席の確保を!

◆ 味酒(うまざけ) かむなび

住所/大阪府大阪市内久宝寺町2-7-12
営業時間/18:00~23:30(最終入店21:00)
定休日/月曜·月2回の連休
予約・問い合わせ/☎06-6765-0930(※完全予約制)

NEXT PAGE2/ 4

気品すら漂う日本酒立ち呑みでグラスを交わす

◆ ぽんしゅや 三徳六味

気品すら漂う日本酒立ち呑みでグラスを交わす

続いてご紹介するのは、連日連夜ゴキゲン劇場が繰り広げられている福島にある日本酒スタンド「ぽんしゅや 三徳六味」。従来の立ち呑み屋のイメージを覆す高級感ある内装は、初デートにもぴったりです。
「福島らしく、本格的な料理と日本酒をカジュアルに楽しんでもらいたい」と話すのは、酒師兼店長の豊永久徳さん。

実は彼、かつてほぼ毎日のようにこちらに通いつめていた元常連客! というわけで、このお店に対する愛情はただならぬものがあります。代を受け継いでからは元々人気の銘柄を継続しつつ、30種ほどの日本酒を新たにセレクトしたそう。

母体が日本料理店だけあって、立ち呑みのレベルを遙かに超えた一品が楽しめるのもこちらの魅力。

じっくり腰を据えて飲む時間はないけれど、旨い夏酒と肴を気軽につまみたい。そんなふたりに全力でオススメしたい一軒なのであります。

◆ ぽんしゅや 三徳六味(さんとくろくみ)

住所/大阪府大阪市福島区福島1-6-11
営業時間/18:00~翌2:00(日祝16:00~23:00 L.O.各30分前)
定休日/不定休
お問い合わせ/☎06-6136-8236(予約不可)

NEXT PAGE3/ 4

日本酒ビギナーでも絶対に楽しめるビジネス街の和バル

◆ 日本酒のめるとこ肥後橋店

日本酒ビギナーでも絶対に楽しめるビジネス街の和バル

スタッフとお客、またはお客同士の距離感の近さも立ち呑みならでは。皆さん日本酒愛に満ち溢れておられました(笑)。
こちらは寝屋川の酒販店「奥広屋」が日本酒のなかでも、特に小規模の酒蔵が造る質の高いお酒をもっと知ってほしいと2014年にオープンした日本酒バル。

常時70種ほどの日本酒をストックしていて、それらを列記したメニューは果実系、淡麗系、濃醇系、穀物系の4つに色分けされ、さらにひと言コメントも付いています。

さらに料理メニューにも相性のいいお酒の色が記されているので、日本酒の知識がなくともペアリングに頭を悩ませなくてもいい、とっても親切なシステムが特徴。
1階のカウンターに入り切らない場合は、表の立ち呑みスペースへ。この鈴生りの様子、肥後橋ではすっかり見慣れた光景です。
黒板にも書かれているように、日本酒の飲み比べを楽しみたい場合は90mlのSサイズがオススメです。
とはいえ種類がとにかく豊富なため、どの銘柄をオーダーするか迷うのは当然のこと。そんなときは、ひとり1回限定の“3種類飲み比べ”セットを選べばOK。新入荷シリーズのほかに宮城や山形など蔵元別にセレクトされているので、手軽にオススメが味わえます。

ちなみにこちら、2階にはテーブル席があるので、しっぽりと楽しむもよし、カウンターで常連さんに混じって夏酒をグビグビするもよし!と、気分にあわせて楽しめます。

◆ 日本酒のめるとこ肥後橋店

住所/大阪府大阪市西区京町堀1-12-6
営業時間/17:00~23:00(L.O. 30分前)
定休日/日、祝日の月曜
予約・問い合わせ/☎06-6136-7305

NEXT PAGE4/ 4

ここの立ち呑みカウンターで日本酒に開眼した人、数知れず

◆ 日本酒と私

ここの立ち呑みカウンターで日本酒に開眼した人、数知れず

平日の営業後すぐにお伺いしたためカウンターは女性客おひとりだけでしたが、週末のピーク時は常に満席状態。確実に入店したい場合は夕方頃が狙い目かと。
トリを飾るのは、日本酒立ち呑みの聖地と化している“ウラなんば”のなかでも女性からの支持率が非常に高い、その名も「日本酒と私」であります。

特定地域の酒を推すお店が少なくないなか、こちらは全国各地の酒販店から酒蔵の知名度もお酒のタイプも問わずセレクト。

毎日違った銘柄が届いては、奥にある冷蔵庫に次々とストックされています。その冷蔵庫を自由に開けては目当ての一升瓶を取り出し、スタッフに渡すのがオープン時から変わらないスタイル。

このジャケ買いならぬ“ラベル飲み”がなかなかに面白く、こちらのお店がきっかけで日本酒の奥深き世界にハマる人が多いというのも素直に頷けます。
お客が冷蔵庫を開け閉めして、自由に一升瓶を取り出すというフリースタイルが大阪らしい(?)。1杯あたりの値段はラベルの色をご確認あれ。
15時半からと早めにオープンするので、こちらで日本酒をグイッと飲んでから、ハシゴ酒を楽しむのもオススメです。

最初の一軒だけでは飽き足らず、いくつかの中継店を挟んだ後にゴール地点として戻ってくる人も多いそうですが……。

◆ 日本酒と私

住所/大阪府大阪市中央区千日前2-3-4 久富千日プラザ1F
営業時間/15:30~23:00
定休日/不定休
予約・問い合わせ/
今回は完全予約制のお店と3つの立ち呑みをピックアップしましたが、ここ大阪には星の数ほどの日本酒酒場があります。

どんな人でも絶対楽しめる大阪の酒場で、この夏どっぷりと日本酒の魅力に浸かってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事