• TOP
  • GOURMET
  • イタリアオトコのモテる定番カクテル「ネグローニ」は、ツイストで楽しむ!

2017.08.01

イタリアオトコのモテる定番カクテル「ネグローニ」は、ツイストで楽しむ!

日本ではなじみが薄いけど、世界的には超定番のネグローニ。どんなお酒でどんな楽しみ方があるのかを解説!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/エミリア・イシイ 写真/鈴木 慎平

「モテるイタリアオヤジの作り方」など名物特集を産んできたAdelaideclassifieds。ファッションに代表されるイタリアンカルチャーはみなさまの大好物でありますが、ではイタリアオトコたちの嗜み、アペロ(食前酒)についてはいかがでしょう。

夕方ともなればバルに集い、サッカーや政治をネタに一杯楽しむオトコたちの手元にはモレッティ(イタリアのビール)、カンパリ(ご存知イタリアの代表的なリキュール)ソーダ、マティーニ(これまたイタリアのマルティニで作ります)に並んでネグローニが。

このイタリア生まれのネグローニ、日本でこそあまり知られていませんが、実は世界的にはアペロの大定番。ベルモットの深い甘さがジンの辛さやカンパリのほろ苦さを和らげる、甘くて強くてビターな男前カクテルであります。

その昔、フィレンツェのレストラン「カソーニ」の常連客だったカミーロ・ネグローニ伯爵が、食前酒としてオリジナルで嗜んでいたものでした。

このネグローニとは、ジン+ベルモット+カンパリの3強リキュールを合わせるのが100年前からの基本ですが、今年の夏はもっとツイスト、つまりアレンジして、遊び心や新鮮さを加えキャッチ―に楽しむのがおすすめ。オーソドックスなものからツイスト、さらにツイストのツイストなんてものもあります。
ネグローニのバリエーションを楽しめるのは、今年6月に渋谷区・神宮前にオープンした、話題の「TRUNK(HOTEL)」内にある「TRUNK(LOUNGE)」。ラウンジの奥に構える広いバーカウンターはラウンジスペースと一体感抜群、肩肘張らずにリラックスして楽しめる、居心地最高の空間です。

カクテルメニューの監修をしているのは、「リキッドワークス」代表の斉藤恵太さん。バーテンダーの世界コンテストで3位の実力を持つカクテルのトレンドセッターが、この夏おすすめの4種の最新ネグローニを紹介してくれました。

基本のネグローニはジンとベルモットでさらりと

まずは基本の「ネグローニ」(1500円)。といっても、味わいのバランスや使用リキュールの選択は旬をとらえた斉藤さんチョイス。ジンは「タンカレーNO.10」、ベルモット、「カンパリ」を2:1:1の割合で加えてステア。

氷がゆっくりと溶け、香りが次第に開いていくのを楽しみます。会話とともに少しずつ嗜むカクテルなので、くれぐれもグイグイ飲まないように。琥珀色の液体に遊ぶ氷、さらにドライオレンジのあしらいも、絵になるかっこよさです。
PAGE 2

ワインとリキュールで夏らしくアレンジ

次は「ネグローニ・ブラン」(1500円)。ブドウから作られたクラフトジン「ジーヴァイン」を使用。カンパリの代わりにフランス産薬草系リキュールの「スーズ」と、さらにベルモットとしてフランス・ボルドー産の厳選白ワインとフルーツリキュールをブレンドし、フレンチオーク樽で12か月熟成させたリキュール「リレ」を使用。

軽くステアし、こちらには皮ごとのドライグレープフルーツをオン。ベーシックよりも柑橘感がアップして、より夏らしいスタイルに仕上がっています。こちらは「TRUNK(LOUNGE)」のシグネチャーカクテルとしてオンリストしています。

女性にはフレッシュレモンジュースでカクテルを

次は、「ネグローニ・サワースタイル」(1500円)。上記のネグローニ・ブランをさらにツイストし、軽くて見た目にも爽やか。フレッシュレモンジュースと卵白を加えてシェイクし、生のローズマリー、ラベンダーのフレーバーをトッピングした、盛夏にピッタリな女子受け抜群カクテルです。

インパクト抜群なエル・ネグローニで盛り上げて!

ラストはインパクト抜群な、「エル・ネグローニ」(特別価格)。メキシコ産のメスカルで作られたクラフトジン「ピエルデ・アルマスプラス9」を使用。シェリー樽で寝かせたベルモット、アーティチョークのリキュール「チナール」を加え、クルミのフレーバーをオン。

サーブ前にガラスのふたで覆い、メスキートの香ばしいスモークをまとわせる演出が驚きを呼び、ふたをオープンすると香りが広がって最高に盛り上がります。普段はオンメニューしていませんが、バーテンダーに声がけすれば、特別オーダーも可能です。
また、ネグローニのビターな後味や柑橘のニュアンスはスイーツとも好相性。「TRUNK(LOUNGE)」のバーカウンターに並んでいる、白金台のモダンフレンチ「TIRPSE」の「富士カヌレ」(400円)との組み合わせは、カヌレの材料に使用している焼酎や酒粕のフレーバーと呼応し、チョコレートのビターな部分がより引き出されて甘つまみにぴったり。カクテル&スイーツの、意外だけどかっこいい、おすすめマリアージュです。

◆ TRUNK(LOUNGE)

住所/渋谷区神宮前5-31
営業時間/7:00〜深夜、BAR: 9:00〜23:30

●カクテル900円〜。「ハンドドリップコーヒー」「シブヤコーラ」(各500円)などノンアルコールドリンクも充実。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

乌克兰代孕

Коровченко Сергей Владимирович

Рутекс Керам Азаров