• TOP
  • GOURMET
  • 京都の舞妓はんがおちょぼ口で食べる「オムライス」

2019.03.15

京都の舞妓はんがおちょぼ口で食べる「オムライス」

京都の花街が育ててきた洋食カルチャーには、東京とはまた違う趣が。京都在住の作家、柏井壽さんが案内します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/柏井 壽 写真/高嶋克郎

長く都として栄えた平安京のせいか、寺社仏閣が多いせいか、京都の食といえば和のイメージが強いが、実は洋食も古くから傑出しているのだ。
 その一番の理由は、都人の新しモノ好き。一見、保守的にみえる京都人は、いち早く新しいものを取り入れることに熱心だ。それは食の分野でも例外ではなく、文明開化と時を同じくして、京都には次々と洋食屋が店を開いたのである。

 1863年、長崎において『良林亭』と名付けた日本初の西洋料理店を開いた草野丈吉はその後、1876年には京都に、洋食レストランを備えた西洋式のホテルをオープンさせる。場所は祇園界隈。となれば、当然のごとく花街遊びを愉しむ旦那衆の人気を集め、やがてそれは〈花街洋食〉と呼ばれるようになった。
京都五花街のひとつである宮川町で100年の歴史をもつ「グリル富久屋」。壁には舞妓・芸妓さんの名入りうちわが。
PAGE 2
 花街独特の風習である〈ご飯食べ〉に、芸妓舞妓引き連れて、旦那衆が足しげく通った洋食店の流れを引く店は、今も花街近くに店を構えている。
 その代表とも言えるのが『洋食の店みしな』。今は二寧坂の路地奥に暖簾をあげるが、古くは〈つぼさか〉という名で祇園富永町に店を構えていた。その頃からの名残で、洋食の〆にお茶漬けが出るという、はんなりしたスタイルは今も幅広い客層の人気を集めている。先代からの伝統を引き継ぐ、クラシックなビーフシチューを食べたあとに、ぶぶ漬けとも呼ばれる京都らしいお茶漬け。これぞ京都の洋食である。
PAGE 3
ビーフシチューはサラダ、お茶漬けがセットになって「シチュー定食」(夜5300円、昼3850円)
〆にお茶漬けというのが京都らしい。自家製のちりめん山椒でサラサラと。
カニクリームコロッケとエビフライのフライ定食も人気。

◆ 洋食の店 みしな

住所/
予約・問い合わせ/075-551-5561
営業時間/12:00~14:30(L.O.)、17:00~19:30(L.O.)
定休/水曜日と第1・3木曜日
*夜のみ要予約

PAGE 4
 おなじ花街でも宮川町となると、いくらかカジュアルになり、そのハードルも低い。
『グリル富久屋』は、1907年創業というから、百年を超える歴史を誇る老舗洋食店だが、ビフカツ定食やタマゴサンドなど手軽なメニューも揃っている。
約70年前、宮川町の芸妓だった金鶴さんのリクエストにより生まれた「フクヤライス」(880円)。ケチャップライスの上に、トマト、ハム、マッシュルーム、グリンピースなど具がたくさん入った半熟のオムレツをふわりと乗せる。
なかで一番人気は〈フクヤライス〉。舞妓さんのかんざしを思わせる、美しいビジュアルのオムライス。インスタ映えなどという言葉が生まれるはるか前からの人気メニュー。稽古帰りの舞妓さんが食べる姿を時折見かけるが、まさに花街ならではのオムライスだ。
そんな京都の洋食の核となるのは牛肉である。とんかつよりビフカツが一般的なのも、古くから京都に牛肉文化が深く浸透しているからこそだ。

◆ グリル富久屋

住所/
問い合わせ/075-561-2980
営業時間/12:00~21:00
定休/木曜、第3水曜日

ビーフを縮めてビフ。ビーフステーキを〈ビフテキ〉と呼ぶのも京都らしいところ。金閣寺近くに店をかまえる『ビフテキスケロク』は1954年の創業。以前は上七軒近くにあって、やはりここも花街洋食の片鱗をうかがわせている。
店の名物はもちろん〈ビフテキ〉。レモンスライスとバターを載せただけのシンプルなステーキは文明開化の味がする。ハンバーグやカニクリームコロッケなどの定番洋食の人気も高く、長く京都人に愛され続けている洋食のお手本を示す店。京都の店は客が育てるという典型が京の洋食なのである。

◆ 柏井 壽(かしわいひさし)

1952年京都市生まれ。作家。
柏木圭一郎名義で京都を舞台にしたミステリーを多数発表する傍ら、本名柏井壽名義で日本各地の旅行記やエッセイなどを執筆。『おひとり京都の愉しみ』『極みの京都』(ともに光文社新書)、『京都の路地裏』(幻冬舎新書)『おひとり京都の春めぐり』(光文社知恵の森文庫)など、京都の魅力を伝える著書多数。小説『鴨川食堂』(小学館文庫)はテレビドラマ化も。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL