• TOP
  • GOURMET
  • 【発見!】 音楽、お酒、フードも良し! の何度も通いたくなるバー

2019.03.12

vol.91「ZANZIBAR(ザンジバル)」(代々木公園)

【発見!】 音楽、お酒、フードも良し! の何度も通いたくなるバー

店主のセンスの良さがにじみ出た内装、耳に心地良いBGM、美味しいお酒とフード……。代々木公園駅周辺で見つけたバー「ザンジバル」は、何度も通いたくなること請け合いです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/牧田健太郎

本誌AdelaideclassifiedsでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

オーナーのこだわりが詰まった
居心地の良いカジュアルバー

最近気になる代々木公園&八幡辺り。またもや気になるバーを発見しました。コバルトブルーのドアに赤い星が可愛くて印象的! 小さなテラスも心地良さそうなお店です。
中に入ってみると、耳にとても心地良い私好みの音楽が流れていて、この時点で合格! 小さな空間だけれど、ライティングやぬくもりのあるインテリアがなんとも安らぐ感じなの。
一枚板のカウンター、造詣作家に製作依頼したテーブル、西ドイツ時代のアンティークハンガーなどなど。バー「ZANZIBAR(ザンジバル)」には、オーナー田中さんのこだわりが随所にちりばめられています。奇をてらったものはないけれど、すべて吟味されていることが分かる感じ。聞けば、田中さんの本業はプロダクトデザイナーということで、納得!です。
PAGE 2

充実したジンのラインナップから
ぜひお気に入りを見つけて!

「スパイシーレモネード」800円
ドリンクにも色々とこだわりがあるようで、ジンを中心にカクテル、ワインが人気です。
 
まあるいグラスにほっこりするコチラは、自家製のレモネードを辛口のジンジャエールと炭酸で割ったもの。レモネードには蜂蜜の他、シナモン、カルダモン、クローブ、ナツメグなど10種類もスパイスが入っていて、その名も「スパイシーレモネード」。生姜のスライスも効いていて、ほんのりとした甘味も心地良い1杯です。
「ザンジバルモヒート」800円
売れ筋の「ザンジバルモヒート」にはスペアミントとライム、そして奄美群島、喜界島のサトウキビ粗糖をシロップにしたものが入っています。もちろん自家製、やさしい甘さです。
「ジンのソーダ割り」1000円
カウンターにズラリと並べられているジンのボトルから1本を。コチラ、ブルーのシーリングスタンプ風ロゴが素敵なボトルは、「ル・ジン クリスチャン・ドルーアン」。本来はカルヴァドスを作っている会社のジンです。
 
カルヴァドスに使用する30種類のリンゴをベースに、ジュニパーベリー、ジンジャー、バニラ、レモンなどの8つのアロマを漬けこんで蒸留したあとにブレンドして作られています。華やかな香りがエレガントな逸品。ソーダで割ったらライムも入れず、「ル・ジン」を味わってくださいね。
PAGE 3

フードメニューも美味しい!

店名「ザンジバル」は、アフリカ大陸・東海岸のタンザニアに隣接するザンジバル諸島にちなんだもの。スパイス・アイランドとも呼ばれる島々では、多くのスパイスを栽培されており、スパイス貿易も盛んなのだそう。そのなかでも代表的なのはクローブ。なのでコチラのお店では、スパイスにこだわったフードメニューにも力を入れています。
「キーマカレー」(スモール)600円、(レギュラー)1000円 ※写真はスモールです
いちばん人気は、クローブをはじめとするスパイスを20種類ほど使ったキーマカレー。ポーチドエッグを崩したら混ぜ混ぜしていただきます。カレーにやや甘味があるのは、田中さんが大阪のソウルフードカレーとして有名な「インデアンカレー」を食べて育ったからなのですって。豚肉100%、やさしい甘味のスパイスカレーです。
「ホットドッグ」700円
ごろっとした形が微笑ましいホットドッグにも、たくさんのこだわりが。まずソーセージは、中目黒の「ビストロ13区」から仕入れている無添加ソーセージ。それに合わせて特別に焼いてもらっているパンは、笹塚のベーカリーから。ソーセージに合うように、天然酵母で作るオリジナルです。そして、自家製ピクルスをミックスしたトマトソースでいただく一品は、ホントに美味しいのひと言!

ただし、カレーとホットドッグの提供は、水・木・金・土曜のみなので、ご注意を。
PAGE 4
お店の奥には“デートだったら、ここ!”の素敵な個室が。アフリカで迫害を逃れたキリスト教徒たちが祈りを捧げていたホコラに見立てた空間なんです。照明は教会のステンドグラスをイメージし、アンティークの教会椅子が置かれています。ふたりでじっくりと過ごしたい時、彼女に懺悔したい時(笑)は、ここネ!

「ザンジバル」には、なんと日替わりで7人のスタッフがカウンターに立ちます。オーナーの田中さんのように、他の方たちも本業はトレーダー、カメラマン、デザイナー、助産婦、OLなどなど多彩な顔ぶれ。行きつけにしたいバーですよ。

■ ザンジバル

住所/
営業時間/20:00〜翌4:00
定休/無休

お問い合わせ/☎︎ 03-3481-9179

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌Adelaideclassifiedsの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL