• TOP
  • FASHION
  • 組み合わせ自由! 大人の小さい鞄は繋げて遊ぶ!

2018.10.14

組み合わせ自由! 大人の小さい鞄は繋げて遊ぶ!

小さい鞄や財布がトレンドのいま、各ブランドがミニショルダーやポーチを展開。そんな中、大人が差別化するなら、ただ高価なハイブランドのバッグを買えばいいってものじゃない。そこでおすすめしたいのは、ディオール オムのこんなショルダーバッグです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏、笠島康平 文/安岡将文

今やバッグは、運ぶものから着飾るものへ

まだ無名時代のアーネスト・ヘミングウェイが出張に出かけた際、妻によってスーツケースに入れられた原稿を、スーツケースごと盗まれてしまう事件がありました。時は1922年。ヘミングウェイは憔悴したそうですが、もし現代なら「OK、クラウドからダウンロードし直そう」となったことでしょうね。

それから1世紀が過ぎた今、貴重品はすべてスマホの中というのが当たり前の時代になりました。かつての財布、手帳、地図、時刻表、電話帳、そして原稿だってデジタル化された今、わざわざバッグで運ぶものなど、ないと言っても過言ではありません。

その証拠に、昨今バッグはコンパクト化が顕著です。ウエストポーチやボディバッグ、クラッチバッグなど以前からコンパクトなバッグはあるにはありましたが、あくまでサブバッグという認識でした。

それが今では主役に。その結果、バッグは運ぶものから着飾るものへと変化しているのです。ディオール オムが提案する、コンパクトバッグのカスタマイズドシステムは、そんな時代を表したものと言えるでしょう。

NEXT PAGE2/ 4

ディオール オムは小さいバッグが豊富

バッグで遊ぶ、そんなオトコ心をくすぐる提案

コンパクトサイズのバッグを豊富にラインナップする、今シーズンのディオール オム。面白いのは、ただ小さなバッグを揃えるだけではなく、カスタマイズによって繋げることができるという点。そのための専用ストラップまで展開しています。

例えば、縦型のミニショルダーとドラム型のポーチをくっつけて、専用ストラップで一体化。シンプルなブラック無地のバッグに、トライバル柄バッグでアクセントを効かせるなんてことも楽しめます。
左:[W10.5×H16×D3.8cm ] 7万3000円、右:[W21.3×φ12.5cm]11万円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
ミリタリーバッグでは、パルス・ウェビングシステムと言って、バッグ表面に這わせたストラップに小型バッグを取り付けカスタムすることができますが、ちょっとそれに近い感覚を覚えますね。

オトコ心をくすぐるのは、そのせいでしょうか。だから、コンパクトなバッグは女性的なイメージがありますが、これならオトコの休日バッグとして堂々持てます。

NEXT PAGE3/ 4

これからはバッグで遊ぶ

これからのファッションは、バッグ選びがカギに!?

バッグのコンパクト化が生み出した、ディオール オムのユニークなアイデア。ハイブランドのバッグというと、どうしてもラグジュアリーな印象が先行しがちですが、こんな遊び心あるバッグなら、昨今トレンドの大人なストリートスタイルにも合います。実用性はさておき、ファッションアイテムとしてはとても面白いアプローチですよね。

今年の春夏には、ジュンヤ ワタナベ マンとザ・ノース・フェイスのコラボで、アウトドアジャケットとバックパックが一体になったアイテムもありましたが、これからバッグのあり方が大きく変わっていきそうです。

いろいろと楽しめるミニバッグのラインナップはこちら

上:5万4000円、下:7万3000円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
カスタマイズ用にラインナップされているストラップ。下はジップポケットを配したグレインドカーフレザー製、上はカーフレザーとブラックナイロンのコンビ使いに。ともに、Dカンにメタルフックが付属し、様々なバッグに取り付けられます。
[W20.5×H26×D4.5cm]12万5000円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
エンボスロゴまでシンプルなブラックワントーンで統一されたミニバッグ。とはいえ、素材は軽快なナイロンで、スポーティな印象を楽しめます。内側にも1つポケットが。
[W20.5×H26×D4.5cm]16万円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
上のモデル「Rider」と同じ型となるこちら。素材はグレインドカーフレザーを採用。コンパクトながら、細かく入ったシボが上質感を主張します。アトリエロゴをプリント。 

NEXT PAGE4/ 4

ストリートなプリントのミニバッグ

[W10.5×H16×D3.8cm ] 7万3000円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
手のひらサイズのミニクラッチバッグ。90年代ストリートを想起させるトライバルプリントが、コンパクトなサイズでもインパクト絶大。後ろにはベルトに通せるループ付き。
[W17×H21×D5cm]10万5000円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
コンパクトサイズながら、アウトポケットのジップを開ければ、カード×3、コインジップポケット、フラットポケット×2と充実の収納ぶり。ビッグウォレットトとしても使えます。 
[W21.3×φ12.5cm ]11万円/ディオール オム(クリスチャン ディオール)
「Roller」というモデル名の通り、円筒形のフォルムが可愛いこちら。素材は軽快なブラックナイロンで、エンボスロゴにはレザーが採用されています。Christian Dior Atelierのロゴがあしらわれたオールグレインドレザータイプもあり。 
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

クリスチャン ディオール 0120-02-1947

ディオール オムのバッグが気になったら、こちらもおすすめ

大人な“鞄と財布”おすすめ5選。女子から注目されちゃうのはこちらです
今は主張の強い“ロゴドン”なバッグや財布が最旬なのです

女子ウケ抜群で、大人なバッグならこのブランドで
小さなバッグや財布をお探しなら、「フェンディ」から探すのが最短距離

【まとめ】秋コーデにオススメの旬なバッグはこの3タイプ
この秋注目のアウターに合わせるべきバッグをご提案

【まとめ】サコッシュ&バックパックに似合うアウターはこれ!
秋も引き続きトレンド真っ只中のサコッシュとバックパック。この人気2大バッグの似合うをアウターとは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事