• TOP
  • FASHION
  • 白いポロシャツがおじさんに見えない、鉄板のコーディネートとは?

2018.07.16

白いポロシャツがおじさんに見えない、鉄板のコーディネートとは?

白いポロシャツはあまりに定番すぎて大人が一枚で着ると、ときにおじさんっぽく見えてしまう場合も。そんな時はシャツ代わりに、ジャケットのインに着れば、心配は一掃します。むしろジャケットを夏らしく着流すのに最適なインナーになるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・スナップ/Yu Fujiwara(@8and2) 、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) 文/池田保行(04)

白ポロはユルめのジャケットに合わせるのが絶好です

大人の男性が白ポロを一枚で着ると、膨張しやすい白だけにスマートに見えない場合があります。おじさんぽく見えることもあれば、胸のポッチや透け、あるいはお腹周りが気になったりと、お洒落に着こなすのが意外と難しいものです。そこで大人の白ポロは、ジャケットと合わせて着ることを提案したいなと。

ドレスな白シャツの代わりに着れば、ジャケットも着流し感覚ですし、気になる胸のポッチや透け見え、お腹周りだって隠せます。そのうえボタンが下まで開かないので上品さをキープできるうえ、オープンカラー風にラペルの上に襟を出したり、あえてきっちりボタンを留めて上品に着てもサマになるのがポロ襟のいいところ。鹿の子の白ポロなら、夏素材のジャケットとも相性良好。これでこの夏、白ポロを安心して着こなせるのです。
ポロの襟をラペルの上にアウトして、まるでオープンカラーのような着こなしに。ノータイでもポケットチーフを忘れないのはイタリア男ならでは。ママチャリなのに、実にスマートな見映えです。
イージーなセットアップスーツに、きっちりボタンを閉じた白ポロ合わせがキマっております。ポロの裾丈がぎりぎりパンツのウェストにかぶるぐらいという絶妙なサイジングなところもポイントです。
PAGE 2

例えば、こんな感じで着るのがベターです

ポロシャツ1万2000円/サイ ベーシックス(サイ マーカンタイル)、ジャケット3万1000円(オーダー価格)/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)、カットソー1万7000円/フェデッリ(伊勢丹新宿店)、パンツ3万9000円/インコテックス(ザ スローウエア ストア 東京ミッドタウン店)、サングラス3万8000円/アイヴァン(アイヴァン PR)、ベルト2万8000円/アラルディ1930(ストラスブルゴ)、靴10万円 / ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
紺ジャケ&グレスラの基本的な組み合わせには、白シャツ代わりに白ポロを合わせれば、シンプルでどなたにも似合うコーディネートができあがります。

白ポロはきちんとボタンを上まで留めれば上品ですし、ボタンを開けても衿元が開きすぎないので品位もキープできるというもの。なんならボタンを開いてポロシャツの襟をラペルの上に出せば、オープンカラー風の着こなしもできるスグレモノです。

足元はローファーならエレガントにもまとまりますが、白スニーカーでスポーティに着こなスこともできますよ。
PAGE 3

『インナー使いに最適! 買い足ししたい白いポロシャツ 5選』

● ポロ ラルフ ローレン 

上流階級御用達ブランドはもはや世界の共通語

1万3000円/ポロ ラルフローレン(ラルフ ローレン)
上流階級が嗜むスポーツ競技「ポロ」をブランド名に冠したブランドだけに、ここのポロシャツのイメージは、上品なお金持ちの優雅なスポーツウエアそのものでした。裾をパンツにタックインして、馬上で激しく動いても背中が出ないように後ろ裾が長くなっているのも特徴です。
馬上でマレットを振り上げるポロ選手をかたどった刺繍が目印。性別、年齢、国籍を問わず、誰にでも似合うカジュアルアイテムは、もはや世界の共通語といってもいいもの。海外で着ていても、着る人のステイタスを物語ります。
PAGE 4

● トミー ジーンズ 

ワンポイントにも遊び心をアピール

1万円/トミー ジーンズ(PVHジャパン)
小ぶりの襟はジャケットの収まりがよく、スマートそのもの。袖口のリブにブランドロゴを模したパターンが配されているので、室内でジャケットを脱いでもさりげなくお洒落なのです。
お馴染みの航海旗をイメージしたロゴマークに、目玉とベロをあしらった遊び心溢れるワンポイント。かの有名なローリング・ストーンズのリップ&タンを思わせる、ロックな気分が楽しめそうです。
PAGE 5

● メゾン キツネ 

日本の言い伝えと、パリのエスプリをミックス

1万9000円/メゾン キツネ(メゾン キツネ カスタマーセンター)
ポロシャツ発祥の地、パリからはメゾンキツネの定番の白ポロを。ファッションや音楽などジャンルを越えて活動するブランドのポロシャツは長めの着丈が特徴で、裾をアウトすればモダンなリラックスシルエットが楽しめます。
キツネは日本で古くから神様として祀られたり、悪者にされたりとさまざまな顔をもつことから、多彩なシーンに関わる同ブランドならではのモチーフ。トリコロールに彩色されることで日仏のミックスを象徴しています。
PAGE 6

● サイ ベーシックス

テーラードの着心地をカジュアルウエアに

1万2000円/サイ ベーシックス(サイ マーカンタイル)
テーラー用語で「袖ぐり」を意味する「サイ(SCYE)」をブランド名に掲げるだけあって、カジュアルにテーラードの技法を採用するブランド。そのポロはコンパクトなフォルムに長めの袖の組み合わせでシャツ風の作りが特徴。
ブランド名を動物のサイと捩っているのが、このブランドのらしいところ。「ポロシャツといえばワニやペンギン、馬など動物のワンポイントがつくもの」というイメージで、遊んじゃっているんです。
PAGE 7

● ジョゼフ オム 

汗をかいてもサラリとドライな快適素材

1万4000円/ジョゼフ オム(オンワード樫山)
細めで長めのプラケットがシャツ風に見せるドレッシーなポロは、ポリエステル製のドライな素材なので汗ばむ季節もさらりと快適。台襟付きなのでシャツのようにすっきりスマートな襟元に仕上がります。
ポリエステル100%のクールハニカムシャンブレーは、スポーツウエアで使われるドライメッシュのような吸汗速乾性の高い素材。汗ばむ季節でも肌に張り付かないうえ、生地が汗で濡れても乾きやすいのでさらりと快適なままでいられます。

■ お問い合わせ

サイ マーカンタイル 03−5414−3531
麻布テーラープレスルーム 03-3401-5788
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
ザ スローウエア ストア 東京ミッドタウン店 03-6721-1583
アイヴァン PR 03-6434-5027
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
ジェイエムウエストン 03-6805-1691
ラルフ ローレン 0120-3274-20
メゾン キツネ カスタマーセンター 0120-667-588
PVHジャパン 0120−266−416
オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811

この記事が気になった方はこちらもどうぞ!!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL