• TOP
  • FASHION
  • 夏シャツをさらにセクシーに魅せる! 着こなしとアイテム選びのコツ 

2018.07.28

夏シャツをさらにセクシーに魅せる! 着こなしとアイテム選びのコツ 

いまどきなユルりとしたシルエットのシャツを選んだら、着こなしと合わせるアイテム選びにもひと工夫を。少しの差でぐっと大人の色気が引き立ちます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・福本和洋(マエティコ)、静物・蜂谷哲実、スナップ・Massi Ninni スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/MICHI! コーディネート/Kaz Yamaguchi 文/竹内虎之介、竹石安宏、持田慎司 写真協力/アフロ

2018年8月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です
元来シャツはどこかストイックなアイテムゆえに、開放的な夏に纏うと男の色気が滲みます。そして、そうしたシャツの魅力は着こなし方、さらには合わせる小物次第で、もっとセクシーに魅せられます。しかもそれらはとっても簡単なので、この夏シャツを着る際には、ぜひともお試しくださいませ!

◆ フィルソン 

こなれ感も抜群な洗いの両ポケシャツ

シャツ1万4000円/フィルソン(アウターリミッツ)、タンクトップ6500円/wjk、ニット2万8000円/ドルモア、靴15万8000円/エドワード グリーン(ともにエストネーション)、パンツ2万7000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、サングラス5万3000円/トムブラウン アイウエア(DITA 青山本店)、ブレスレット3万6000円/リンクス オブ ロンドン(リンクス オブ ロンドン青山店)、時計110万円/ゼニス、その他はスタイリスト私物
まず主役となるシャツにはこんな一枚を。耐久性の高いタフなコットン素材を用いた白のハンティングシャツです。ガーメットウォッシュが施されたその仕上がりは、白シャツにしてこなれ感も抜群。下半身にもヌケ感を与えるために、パンツはくるぶし丈がオススメです。

実はこのスタイルには、シャツをセクシーに魅せる着こなしも合わせもてんこ盛り! ひとつずつチェックしていきましょう。
PAGE 2

Technique 01 

襟立ては無造作に

まずは襟立て。ポイントはとにもかくにもこなれ感。決してきちんと立ててはいけません。なので、襟の後ろ側だけを立てる。前側にはあえて触らず成り行きで自然に垂れるにまかせます。このニュアンスが肝要なのです。

Technique 02 

腕捲りはカフ幅だけ

腕捲りは、剣ボロのボタンを留めてからカフを折り、2回目はその半分の幅を真ん中だけ折り返します。これで完成。シャツのサイズ感がユルくなったいま、肘まで捲ってもどうせ落ちてきちゃいますからね!

Technique 03 

ニットの腰巻きを

ラウンドヘムのシャツはタックインで着るのが基本。でもニットを腰巻きすればタックアウトしてもダラしなく見えることなくこなれたニュアンスを演出できます。発色の良いニットなら、リッチな差し色効果も。
PAGE 3

Select 01 

繊細なゴールドネックレスで色気をプラス

左●チャーム20万円、チェーン5万5000円/ともにSJX(SJX表参道ヒルズ店)、右●チャーム1万円、チェーン1万7000円/ともにリンクス オブ ロンドン(リンクス オブ ロンドン青山店)
開いた胸元に大人の色気をプラスするのはゴールドのネックレス。チラッと覗くものだからこそ、細金の一本を。

Select 02 

夏らしさを演出するキャッチーなサングラス

上●2万2000円/アイヴォル(アイヴァン PR)、下●2万9700円/リフレーム(リエート)
夏の目元にはとにもかくにもサングラスが欠かせません。ミラーレンズや淡色レンズを備えた夏らしさ全開の一本なら、キャッチーさも完璧です。デコサンにも◎。
PAGE 4

Select 03 

ユル首白インナーで色気と清潔感を両取り

左●ヘンリーネックTシャツ1万円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、右●タンクトップ6500円/wjk
色気をキープしつつクリーンさも取り入れたい。そこで役に立つのが、タンクトップやヘンリーネックといった首元が程よくユルい白インナー。

Select 04 

"ぽてリング"で手元にラグジュアリーな存在感を 

左●5万7000円/マークマホニー×ビルウォールレザー(S.O.S fp 恵比寿本店)、右●117万円/フレッド
袖を捲った腕元にはリッチな時計が欠かせません。そしてもうひとつ、ぽってりとボリューミーな"ぽてリング"が夏の手元をラグジュアリーに彩ります。
PAGE 5

Select 05 

鮮やか夏ニットを差し色使い

左●1万8000円/アール&ブルース(アール&ブルース プレスルーム)、右●2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
夏のニットは“着ない”のがポイントです。なので選びは、リッチな差し色に最適な鮮やかな発色のハイゲージのものを。

■ お問い合わせ

アイヴァン PR 03-6450-5300
アウターリミッツ 03-5413-6957
アール&ブルース プレスルーム 03-3401-5788
S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
SJX 表参道ヒルズ店 03-5785-0515
エストネーション 03-5159-7800
ゼニス 03-5524-6420
wjk 03-6418-6314
DITA 青山本店 03-6433-5892
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
フレッド 03-3263-9413
リエート 03-5413-5333
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238
リンクス オブ ロンドン青山店 03-3408-4509

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

なぜ"夏にシャツ"がモテるかご存知ですか?
真夏になると、涼しさを求めてついTシャツにはしりがちですが、シャツには大人にうれしい4つの効果があるのです。

この夏、まずはユルッな白シャツを一枚!

男のおしゃれの基本アイテムたる白シャツ。だからこそ、アップデイトが欠かせないんですね。少しユルめシルエットで、即いまどきです。

お洒落の達人に質問!「アナタのシャツテク教えてください」

お洒落な人の着こなしにはルールとテクニックがあるもの。今回イタリアのファッションブランドのディレクターを務める3人に、その秘密を聞いちゃいました!

モダンかつ一枚で引き締まって見える半袖シャツは黒で決まり!

一枚でキマる半袖シャツをお探しならカラーは黒をオススメします。さらにはそれに合わせる4色を覚えておけば、お洒落の幅がより広がります。

本誌8月号では、夏シャツの情報をさらにお届けしています。 チェックはこちらから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL